一条内政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
一条内政
時代 安土桃山時代
生誕 永禄5年(1562年[1]
死没 天正13年6月5日1585年7月2日[2]
改名 万千代、吉房子[3](幼名)→内政
別名 大津御所(通称)
戒名 天叟守有大居士
官位 従三位、左近衛中将
氏族 土佐一条氏
父母 父:一条兼定、母:宇都宮豊綱の娘
兄弟 内政按察使局
正室:長宗我部元親の娘
政親
テンプレートを表示

一条 内政(いちじょう ただまさ)は、安土桃山時代公家土佐一条氏第6代当主。一条兼定の嫡男。

生涯[編集]

一条兼定の嫡男として土佐国幡多郡中村に生まれる。名の「内」は宗家の一条内基(うちもと)からの偏諱とされる(ただし読みは異なる)。

天正元年(1573年)9月に父・兼定を追放して家督を継ぎ、長宗我部元親によって土佐国司となる。長岡郡大津城に移り、大津御所と称された。同2年(1574年)12月従五位上左少将に叙任され、同5年(1577年)正月従四位下左中将に至る。傀儡当主といわれるが、元親の娘を娶っていたためかある程度の領国経営を行い、弱体化した一条領の立て直しを図った。

信長公記』天正8年6月26日条に明智光秀を介して織田信長に献上した長宗我部元親のことを「土佐国捕佐せしめ候長宗我部土佐守」と表現しているが、これは信長の織田政権が一条内政を土佐国主と認識していた、もしくは意図的に国主と認定することで陪臣である長宗我部元親の土佐支配を否認して信長ー内政ー元親の秩序に服従するように要求したと解する秋澤繁の説がある[4]

ところが天正9年(1581年)2月に、長宗我部氏家臣の波川清宗謀叛に加わった嫌疑で伊予法華津に追放。同国の法華津氏豊後大友氏に援助を求めるが、その地で病死した[5]とも、元親によって毒殺された[6]ともいう。『公卿辞典』は日時も異なる異説を紹介している[7]。前述の秋澤説では長宗我部側からすれば信長が認めた土佐国主・一条内政の追放によって、元親は織田政権への服属拒否の姿勢を示し、両者の関係は断絶・交戦状態に入ったと解している[4]

官位叙任履歴[編集]

  • 天正2年12月 従五位左近衛少将[8]
  • 天正5年正月 左近衛中将。尋で従四位上に進む。[9]

参考史料[編集]

  • 三訂増補 公卿辞典 平成6年2月10日三訂版第二刷発行 株式会社国書刊行会 ISBN4-336-00008-5

脚注[編集]

  1. ^ 弘治3年(1557年)説もある。
  2. ^ 高野山成福院所蔵の『土佐一条家長曽我部家過去帳』による。『一条家譜略』は天正8年2月15日1580年2月29日)に逝去とし、『系図纂要』は同年5月に元親によって毒殺されたとするが、何れも疑問が残る。
  3. ^ 三訂増補 公卿辞典 本文編p.17
  4. ^ a b 秋澤繁「織豊期長宗我部氏の一側面-土佐一条氏との関係(御所体制)をめぐって-」(初出:『土佐史談』215号(2000年)/所収:平井上総 編『シリーズ・織豊大名の研究 第一巻 長宗我部元親』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-125-7))
  5. ^ 土佐物語』羽林逝去の事
  6. ^ フロイス日本史』第1部106章
  7. ^ 「天正8年5月に伊豫邊浦に放たれ、殺さると云ふ。」三訂増補 公卿辞典 本文編p.17
  8. ^ 三訂増補 公卿辞典 本文編p.17
  9. ^ 三訂増補 公卿辞典 本文編p.17