一条兼冬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
一条兼冬
時代 戦国時代
生誕 享禄2年(1529年
死没 天文23年2月1日1554年3月14日
戒名 後円明寺、天岳行春
官位 従一位関白左大臣
主君 後奈良天皇
氏族 一条家
父母 父:一条房通、母:一条冬良の娘
兄弟 兼冬内基
養兄弟:兼定
正室:広橋保子広橋兼秀の娘)
テンプレートを表示

一条 兼冬(いちじょう かねふゆ)は、戦国時代公卿関白一条房通の子。一条家12代当主。官位従一位・関白、左大臣

経歴[編集]

天文9年(1540年)従三位、右大臣に叙任される。天文17年(1548年)6月中旬、若気嘲弄物語(島原図書館松平文庫の蔵書)の写本の奥書に「右一冊者故禅閤<後成恩寺>之述作云々、一笑云々」との一文を記している。

天文22年(1553年)には25歳で従一位・関白、左大臣となる。また歌や絵にも巧みであった。

天文23年(1554年)2月1日、薨御。享年26。法号は後円明寺、天岳行春。家督は弟・内基が継いだ。

参考資料[編集]

  • 新訂増補国史大系(吉川弘文館)