一条教輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一条教輔(いちじょう のりすけ、寛永10年5月2日1633年6月8日) - 宝永4年1月6日1707年2月8日))は江戸時代前期の公卿。名は始め伊実、次いで教良。父は一条昭良後陽成天皇第9皇子)。正室は備前国岡山藩主池田光政の娘(徳川家光養女)・通姫正二位右大臣。弟に醍醐家初代の冬基、子に従一位摂政関白冬経(兼輝)がある。

生涯[編集]

寛永10年5月2日、一条昭良の子として生まれる。1644年(寛永21年)、従三位に叙される。右近衛大将内大臣を歴任し、1655年承応4年)に右大臣に任ぜられる。1659年万治2年)、右大臣を辞任。以後、摂政・関白に任ぜられることなく、子の兼輝が没した2年後の宝永4年1月6日、75歳の生涯を終えた。法名は後唯心院。

関連項目[編集]