一条実良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
一条実良
時代 江戸時代後期
生誕 天保6年2月28日1835年3月26日
死没 慶応4年4月24日1868年5月16日
別名 号:華厳光寺
官位 従一位右大臣
主君 孝明天皇明治天皇
氏族 一条家
父母 父:一条忠香、母:家女房
兄弟 実良、明子、美子
養兄弟:美賀子千代
正室:近衛総子近衛忠煕の娘)
良子、亨子、養子:忠貞
テンプレートを表示

一条 実良(いちじょう さねよし)は、江戸時代後期の公卿左大臣一条忠香の子。幼名は嘉多丸。官位従一位右大臣一条家23代当主。法号は華厳光寺。昭憲皇太后明治天皇皇后)の異母兄。

横浜港の閉鎖などを建言する。慶応3年(1867年)12月に王政復古の大号令が発せられ、公武合体派であることを理由に参内を停止された。

経歴[編集]

嘉永元年(1848年8月7日に叙従三位安政5年(1858年)に権大納言となる。文久2年(1862年)に国事御用掛となる。

慶応3年(1867年)に右大臣となる。同年11月13日に叙従一位

慶応4年(1868年)、薨去。享年34。

系譜[編集]

備考[編集]

  • 京都の祇園祭の山鉾のひとつ・函谷鉾には、幼少期の実良(嘉多丸)をモデルにした稚児人形「嘉多丸君(かたまるぎみ)」が乗せられている。1839年に函谷鉾が再建された際、稚児に代わってはじめて稚児人形を乗せるにあたり、人形制作を依頼された大仏師の七条左京が左大臣一条忠香(実良の父)に相談したことによる。忠香は嘉多丸をモデルにすることを許可し、完成した人形に「嘉多丸」と命名した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 稚児人形”. 公益財団法人函谷鉾保存会. 2020年7月16日閲覧。
  2. ^ “函谷鉾の「嘉多丸君」、モデル子孫が対面へ 祇園祭巡行にも参加”. 京都新聞. (2019年6月22日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/8530 2020年7月16日閲覧。