一条家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一条家
No image available.svg
一条藤
本姓 藤原北家九条流嫡流
家祖 一条実経
種別 公家摂家
華族公爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 一条実経
一条兼良
一条昭良
一条兼香
昭憲皇太后
支流、分家 土佐一条家武家
醍醐家清華家
凡例 / Category:日本の氏族

一条家(いちじょうけ)は、五摂家のひとつで公家である。桃華(とうか)家とも称される。

概要[編集]

藤原氏北家摂関家九条流で、鎌倉時代にその家を確立した公卿である。九条道家三男一条実経を祖とし、道家が創建した一条殿を実経が受け継いで住んだ事が家名の由来。また、一条家には九条流の政治的権威を裏付ける桃華堂文庫(後二条師通記、玉葉、玉蘂)が伝来している。序列は近衛家に次ぎ、九条家とは同格、二条家鷹司家の上位に列した(なお、九条家とは南北朝時代九条流嫡流を巡って相論となったが、後光厳天皇によりいずれも嫡流であるとの綸旨が下された。詳細は九条家の項目を参照のこと)。家紋一条藤江戸時代の家禄は初め1000石、後に1500石へ加増、幕末は2044石。維新後実輝公爵に叙せられた。

室町時代一条兼良は、政治以外に、学問や連歌の文化的活躍も残した。また、戦国時代には一条教房が、応仁の乱を機に所領であった土佐に下向し、分家が戦国大名化し土佐一条家となった。

江戸時代初期、関白一条昭良の次男冬基醍醐家清華家家格)を創立した。幕末期の当主・一条忠香の三女・美子が明治天皇皇后となった(昭憲皇太后)。

また、昭良の実父は後陽成天皇であり(皇別摂家)、現在の一条家は天皇家の血を以下の形で引き継いでいる。

 後陽成天皇一条昭良醍醐冬基冬熙経胤輝久―四条隆生―隆謌一条実輝―経子―実文実昭―実綱―---

主な人物[編集]

系譜[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の一条家領は以下の通り。(11村・2,044.043213石)

  • 山城国愛宕郡のうち - 3村
    • 岡崎村のうち - 451.624115石
    • 田中村のうち - 16.447001石
    • 千本廻りのうち - 21.167999石
  • 山城国葛野郡のうち - 1村
    • 壬生村のうち - 8.25石
  • 山城国乙訓郡のうち - 3村
    • 久我村のうち - 500石
    • 物集女村のうち - 158.410995石
    • 寺戸村のうち - 50石
  • 山城国紀伊郡のうち - 2村
    • 吉祥院村のうち - 229.550003石
    • 東九条村のうち - 108.593002石
  • 山城国相楽郡のうち - 2村
    • 小寺村のうち - 211.195007石
    • 鹿脊山村のうち - 288.804993石

関連項目[編集]

系譜参考[編集]