一条家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一条家
家紋
一条藤いちじょうふじ
本姓 藤原北家九条流庶流
家祖 一条実経
種別 公家摂家
華族公爵
出身地 山城国平安京
主な根拠地 山城国平安京
東京市牛込区鷹匠町
著名な人物 一条実経
一条兼良
尋尊
一条昭良
昭憲皇太后
支流、分家 醍醐家(清華家侯爵)
土佐一条家(武家男爵)
凡例 / Category:日本の氏族

一条家いちじょうけ旧字体(一條家)は、藤原北家嫡流九条家庶流にあたる公家華族。公家としての家格は摂家、華族としての家格は公爵[1]家紋一条藤

歴史[編集]

封建時代[編集]

鎌倉時代前期の摂関九条道家の四男実経が父から所領と邸宅を譲られたのに始まる。その邸宅が一条室町にあったことから一条を家名とするようになった[2]

朝幕両方に権力を握っていた道家は嫡男九条教実のみならず、次男二条良実、四男一条実経をも摂関にした[3]。以降二条家と一条家も摂政・関白を出す摂関家の一つとなり、近衛家とその庶流鷹司家と合わせて五摂家と呼ばれるようになった[3]

室町時代中期の兼良は学者として名高かった[2]。兼良の長子教房は戦乱を逃れて土佐国幡多荘に下った[2]。その子孫は戦国大名化して土佐一条氏となるが、長宗我部氏に滅ぼされている[2]。兼良の子で興福寺大乗院門跡に入った尋尊も著名[2]

近世初めの内基に至って嗣子がなく、後陽成天皇の第9皇子を一条昭良として養子に迎えた(皇別摂家[2][4]。江戸時代の家禄ははじめ1000石、後に1500石、幕末に2000石[5][注釈 1]。江戸期の家臣に諸大夫として保田家、森沢家、入江家、難波家、侍に若松家、下橋家、森沢家、岡本家、丹下家、佐々木家など[5]。江戸期の屋敷は公家御門北西側角[5]

幕末期の当主である左大臣一条忠香の三女・美子は明治天皇皇后となった(昭憲皇太后[6]

明治以降[編集]

明治2年(1869年)6月17日の行政官達で旧公家と旧大名家が統合されて華族制度が誕生すると、一条家も旧公家として華族に列した。明治17年(1884年)7月7日の華族令施行で華族が五爵制になったのに伴い、実輝が旧摂家として公爵に叙せられた[7]。実輝は海軍に入隊し大佐まで昇進。また東宮侍従長皇太后宮大夫宮中顧問官宗秩寮審議官、明治神宮宮司などを歴任した[8]

実輝は九条家から道良(後に離縁。生家の九条家に帰って良致と改名し、九条家の分家華族として男爵)を養子に入れたが、その後に実子実基が生まれた。この実基に分家させて土佐一条家を再興させ、明治35年(1902年)に同家は分家華族として男爵に叙されている[9]

実輝の跡を継いだ一条実孝公爵は海軍大佐まで昇進した海軍軍人だった。大正天皇大喪の際には大喪使祭長を務めた。また公爵として無選挙で貴族院議員になり院内会派火曜会に所属。昭和3年には国際観光委員、液体燃料委員として貴族院を代表してパリで開催された万国議員商事会議に出席した[8]

一条公爵家の邸宅は昭和前期に東京市牛込区鷹匠町にあった[4]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によると、幕末期の一条家領は山城国愛宕郡岡崎村のうち451石余、同郡田中村のうち16石余、同郡千本廻りのうち21石余、山城国葛野郡壬生村のうち8石余、山城国乙訓郡久我村のうち500石、同郡物集女村のうち158石余、同郡寺戸村のうち50石、山城国紀伊郡吉祥院村のうち229石余、同郡東九条村のうち108石余、山城国相楽郡小寺村のうち211石余、同郡鹿脊山村のうち288石余であり、合計11村・2044石余だった。
  2. ^ 二条良基の3男。
  3. ^ 後陽成天皇の第9皇子。
  4. ^ 鷹司房輔の末子。
  5. ^ 閑院宮直仁親王第4皇子。鷹司基輝の養嗣子。
  6. ^ 今出川公久の娘。徳川慶喜の御台所。
  7. ^ 四条隆謌の7男、最初の夫人は実良の三女の良子。
  8. ^ 醍醐忠順の3男、夫人は実良の三女の良子。後に廃嫡・離縁。
  9. ^ 大炊御門師前の子、夫人は実輝と良子の二女の経子。
  10. ^ ボーイスカウトの日本での創始者佐野常羽に養子入りし、(竹田宮恒久王の娘こと)禮子女王の夫。。
  11. ^ 土佐一条家を再興し、男爵を授かる。
  12. ^ 九条道孝の子。後に実家に戻り分家。
  13. ^ 西条松平家松平頼庸の養子。

出典[編集]

  1. ^ 小田部雄次 2006, p. 57.
  2. ^ a b c d e f 日本大百科全書(ニッポニカ)、百科事典マイペディア、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “一条家” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月16日閲覧。
  3. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ). “五摂家” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月16日閲覧。
  4. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 11.
  5. ^ a b c 太田 1934, p. 391.
  6. ^ 朝日日本歴史人物事典. “昭憲皇太后” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月16日閲覧。
  7. ^ 小田部雄次 2006, p. 322.
  8. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 12.
  9. ^ 松田敬之 2015, p. 107-109.

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田, 亮 著「国立国会図書館デジタルコレクション 飛鳥井 アスカイ」、上田, 萬年三上, 参次 監修 編 『姓氏家系大辞典』 第1巻、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、391頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130845/268 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 松田敬之 『〈華族爵位〉請願人名辞典』吉川弘文館、2015年(平成27年)。ISBN 978-4642014724 

関連項目[編集]

系譜参考[編集]