一条内実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
一条内実
時代 鎌倉時代後期
生誕 建治2年(1276年
死没 嘉元2年12月17日1305年1月13日
別名 号:棲心院
官位 正二位内大臣
主君 伏見天皇後伏見天皇後二条天皇
氏族 一条家
父母 父:一条家経
母:亀山院女房新大納言(松殿良嗣の娘)
兄弟 家房?、内実冬実道昭、良慶、厳家、慈深、尋覚、道済、経厳
一条実経の娘
内経鷹司冬教
テンプレートを表示

一条 内実(いちじょう なかさね)は、鎌倉時代後期の公卿太政大臣一条家経の子。一条家3代当主。官位正二位内大臣

経歴[編集]

建治2年(1276年)に一条家経の子として誕生。正応元年(1288年11月8日)に従三位となり、内大臣1302年-1304年)を歴任。

嘉元2年(1304年内覧に任じられた上で薨去。