一条実輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一条実輝

一条 実輝(いちじょう さねてる、旧字体:一條實輝、慶応2年8月24日1866年10月2日) - 大正13年(1924年7月9日)は、日本の華族海軍軍人海軍大佐正二位公爵に上り、東宮侍従長を務める。陸軍中将侯爵四条隆謌七男。一条家藤原北家九条道家の三男実経を始祖とし、五摂家の一つに数えられる。実輝は、自身のはとこにあたる一条忠貞の跡を受け家督を継ぐ。昭憲皇太后は義理の叔母

経歴[編集]

フランス留学の後従軍した日清戦争、その後の日露戦争で功を挙げる。その後フランス公使館附海軍武官となる。1908年明治41年)1月20日、海軍大佐に昇進し予備役に編入となり、東宮侍従長に発令され宮内省に入る[1]。その後、宮内省では掌典次長、祭官長等を歴任。1913年8月9日、宮中顧問官となる[2]1914年8月24日に後備役となり[3]1919年8月24日に退役した[4]。後に明治神宮宮司となる。大正13年(1924年)、肋膜炎のため59歳で薨去[5]

栄典[編集]

親族[編集]

最初の夫人は一条実良の三女で昭憲皇太后の姪の良子。後に侯爵細川護久娘の悦子と再婚。悦子との間の子實基土佐一条家を名目上再興する形で分家し明治35年に男爵を授爵する。常光佐野常羽の養子となり、實英南部利淳の養子、朝子伏見宮博義王妃、直子閑院宮春仁王妃、圭子鍋島直方夫人、生子伊達宗克夫人。養女の一条智光は、6歳にして仏門に入り、善光寺大本願120世法主となる。一条家の後は大炊御門師前長男實孝が継ぐ。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7368号、明治41年1月21日。
  2. ^ 『官報』第310号、大正2年8月11日。
  3. ^ 『官報』第621号、大正3年8月25日。
  4. ^ 『官報』第2118号、大正8年8月26日。
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)4頁
  6. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  7. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。