一条実孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

一条 実孝(いちじょう さねたか、明治13年(1880年3月15日 - 昭和34年(1959年12月3日)は、明治大正昭和時代日本海軍軍人政治家貴族院公爵議員

経歴[編集]

大炊御門師前(第27代大炊御門家当主家信の子)の長男。初名は重孝。一条実輝養子。夫人は実輝の二女の経子。公爵

4歳の時に父が大炊御門家を廃嫡されたために苦しい生活を送り、実孝も普通の小学校(現在の新宿区立花園小学校)で学んでいた。また、父と共に山岡鉄舟の下で剣術を学んでいる。明治40年(1907年)に一条家の養子に入る事になり、従五位が授けられた[1]

海軍兵学校28期海軍大学校甲種8期を卒業。フランス駐在武官を務め、最終階級は海軍大佐。大喪使祭官長など歴任。強い国家主義者的な考えを持っていた。日本温泉協会日本善行会初代会長。

1946年(昭和21年)5月8日、貴族院議員を辞職した[2]。同年9月、公職追放となった[3]

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

子は一条実文、三井正子(三井高陽の妻)、一条尊昭尼

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松田敬之『次男坊たちの江戸時代-公家社会の〈厄介者〉-』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー246、2008年) ISBN 978-4-642-05646-5 P39-53 「「公卿剣客」として再起した厄介」
  2. ^ 『官報』第5803号、昭和21年5月22日。
  3. ^ 『朝日新聞』1946年9月26日一面。
  4. ^ 『官報』第3729号「叙任及辞令」1907年12月2日。
  5. ^ 『官報』第4701号「叙任及辞令」1942年9月9日。
  6. ^ 『官報』第1846号「叙任及辞令」1918年9月27日。
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

出典[編集]

  • 上田正昭 『コンサイス人名事典日本編』 三省堂書店、1976年。
  • 外山操編 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』 芙蓉書房出版、1981年ISBN 4-8295-0003-4

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
一条実輝
公爵
一条家第2代
1924年 - 1947年
次代:
華族制度廃止