近衛忠煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近衛忠煕

近衛 忠煕(このえ ただひろ、文化5年7月14日1808年9月4日) - 明治31年(1898年3月18日)は、幕末公卿公武合体派として活動した。翠山と号す。

経歴[編集]

父は近衛基前安政4年(1857年)、左大臣となるが、将軍継嗣問題一橋派に属し、戊午の密勅のために献策したため、安政の大獄により失脚し、落飾謹慎する。

文久2年(1862年)に復帰して九条尚忠に代わり関白内覧を務めるが、翌年関白職を辞し、鷹司輔煕が後任となった。東京遷都後、ほとんどの公家が東京に移住した後も京都に居住、孫の篤麿を引き取り養育に専念した。明治天皇の度重なる要請に折れ東京に移ったのは、息子の忠房が死んだ後の明治11年(1878年)のことである、[1]

死後6年経った明治37年(1904年)に正一位を追叙された。江戸幕府征夷大将軍は代々が死後正一位を追贈されているが、最後の将軍徳川慶喜は従一位に留め置かれており、また忠煕の後に関白・摂政を務めた各人も何れも従一位止まりであり、2015年の時点では、正一位に昇った人物の中では最も後年まで存命であった人物である。なお、存命中に正一位に叙された最後の人物は三条実美(最後の太政大臣)、最後に没後追叙として正一位に叙せられたのは織田信長(死後300年以上経過した後)である。

官歴[編集]

※日付=明治5年までは旧暦

栄典[編集]

家族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大久保利謙編『日本の肖像 旧皇族・華族秘蔵アルバム 九』、毎日新聞社
  2. ^ 『官報』第3976号「叙任及辞令」1896年9月28日。

関連項目[編集]