二条綱平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
二条綱平
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文12年4月13日1672年5月10日
死没 享保17年2月6日1732年3月2日
別名 号:敬信院
官位 従一位関白
主君 東山天皇中御門天皇
氏族 九条家二条家
父母 父:九条兼晴、母:家女房
養父:二条光平、養母:賀子内親王
兄弟 九条輔実綱平住如
養兄弟:隆崇院紅玉院
栄子内親王
吉忠
テンプレートを表示

二条 綱平(にじょう つなひら)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿左大臣九条兼晴の子。摂政二条光平の養子。官位従一位関白二条家18代当主。号は敬信院。

経歴[編集]

寛文12年(1672年)、九条兼晴の子として誕生。4代将軍・徳川家綱及び養父・二条光平の偏諱を受ける。

元禄6年11月12日(1693年12月8日)、右近衛大将となる。元禄12年1月22日(1699年2月21日)辞任し同日、左近衛大将に就任する。元禄17年2月26日(1704年3月31日)、内大臣に就任。

宝永3年11月25日(1706年12月29日)左近衛大将を辞任。宝永5年1月21日(1708年2月12日)内大臣を辞任、同日、右大臣となる。正徳5年8月12日(1715年9月9日)、右大臣を辞し同日左大臣となる。正徳5年(1715年)12月27日、従一位。

享保7年正月13日(1722年2月28日)、関白。享保7年5月3日(1722年6月16日)左大臣を辞す。享保11年6月1日(1726年6月30日)関白を辞した。

パトロンとして尾形光琳乾山兄弟に目を掛けており、元禄12年(1699年)、乾山に京の北西・鳴滝泉谷の山荘を与えている。また、自身を介して乾山と狩野永敬との交流も取り計らった。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 芳賀登ほか監修『日本女性人名辞典』日本図書センター 1993年