西福寺 (京都市東山区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西福寺
Rokudo-tuji-saihukuji.jpg
所在地 京都府京都市東山区松原通大和大路東入ル二丁目轆轤町81
位置 北緯34度59分52秒 東経135度46分24秒 / 北緯34.99778度 東経135.77347度 / 34.99778; 135.77347座標: 北緯34度59分52秒 東経135度46分24秒 / 北緯34.99778度 東経135.77347度 / 34.99778; 135.77347
山号 桂光山
院号 敬信院
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 貞観年間(859年 - 876年
開山 空海
中興年 慶長8年(1603年
中興 蓮性
正式名 桂光山敬信院
桂光山敬信院西福寺
別称 六波羅地蔵堂
子育地蔵
法人番号 1130005000114 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

西福寺(さいふくじ)は、京都市東山区轆轤町にある浄土宗寺院山号は桂光山。本尊阿弥陀如来。正式には桂光山敬信院という。境内に鎮座する「子育地蔵」は子供の健康や病気平癒に効くとされている。轆轤町界隈にある「六道の辻」は古くは鳥辺野の入口に当たり、葬送地に送られる亡骸の無常所とされていた。周辺にはかつて6つの仏堂があったが、現在も西福寺のほか、六波羅蜜寺六道珍皇寺が残っている。

歴史[編集]

平安時代貞観年間(859年 - 876年)に、空海が自作の土仏地蔵尊を、「六道の辻」に建立した地蔵堂に祀ったのが当寺の始まりであるとする。

慶長8年(1603年)、関ヶ原の戦い後に処刑された安国寺恵瓊の菩提を弔うため、毛利家家臣の井上安芸守が蓮性和尚を開山として招き、地蔵堂の周りに新たに堂宇を建立して寺院化し、寺名を桂光山敬信院と改めた。しかし、この後衰微してしまい延宝6年(1678年)に念故が復興させた。

享保12年(1727年)に関白二条綱平が父の九条兼晴の菩提を弔うために再興し、名称を西福寺に改めた。

鳥辺野の入り口はあの世とこの世の境と云われており、その一帯で、盂蘭盆に先立って六道詣りが行われている。その時期にあわせ、寺が所有する熊野観心十戒図を用いた住職による地獄絵絵解き(熊野観心十界図 地獄絵絵解き)が行われていたものの、住職遷化後は一旦行われなくなった。2006年平成18年)以降、関本徹生京都造形芸術大学教授)の依頼により、西山克関西学院大学教授)の協力の下、絵解きが復活した。以後、京都造形芸術大学 学生プロジェクトが絵解きを主催している。絵解きの背景音にはクラリネットヴァイオリンが使用されている。

当寺の山門の向かいでは名物の幽霊子育飴が売られている。

境内[編集]

  • 本堂
  • 庫裏
  • 不動堂
  • 地蔵堂 - 当寺の始まりとなる堂。子育地蔵を祀る。空海鳥辺野の無常所の入口にあたるこの地に地蔵堂を建て、自作の土仏地蔵尊を祀ったとされている。嵯峨天皇皇后橘嘉智子(檀林皇后)はこの地蔵堂にしばしば参詣し、空海に帰依するようになったという。皇后がここで病気がちの正良親王(後の仁明天皇)の病気平癒の祈願をしたことから、この地蔵尊は以後、「子育地蔵」と呼ばれるようになったという[1]
  • 山門

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『改訂版 六道の辻』加納進著 室町書房発行 2004年 26p

関連項目[編集]