橋本政宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋本 政宣(はしもと まさのぶ、1943年2月20日[1] - )は、日本の歴史学者東京大学名誉教授、神社史料研究会代表。近世の公家武家の関係、神道史を専門とする。

来歴[編集]

福井県鯖江市生まれ。1965年國學院大學史学科卒業、1969年同大学院博士課程中退、東京大学史料編纂所に入り、のち教授を務め、2003年「近世公家社会の研究」で國學院大學博士(歴史学)、2003年東大を定年退官。

著書[編集]

  • 近世公家社会の研究 吉川弘文館 2002.12

共編著[編集]

  • 寛永諸家系図伝 第15 斎木一馬、林亮勝共編 続群書類従完成会 1994.2
  • 神主と神人の社会史 山本信吉共編 思文閣出版 1998.6(神社史料研究会叢書)
  • 橘曙覧全歌集 水島直文と編注 岩波文庫 1999.7
  • 近世武家官位の研究 続群書類従完成会 1999.2
  • 史料纂集 古文書編 35言継卿記紙背文書 第2 尾上陽介、末柄豊と校訂 続群書類従完成会 2003
  • 神道史大辞典 薗田稔共編 吉川弘文館 2004.7
  • 社家文事の地域史 棚町知彌共編 思文閣出版 2005.11(神社史料研究会叢書)
  • 公家事典 吉川弘文館、2010

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.336