住如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

住如(じゅうにょ、延宝元年10月10日1673年11月18日) - 元文4年8月6日1739年9月8日))は、江戸時代中期の浄土真宗浄土真宗本願寺派第15世宗主。西本願寺住職。は光澄。院号は信順院。法印大僧正。父は九条兼晴。養父は第14世寂如。妻は寂如の娘、瑞光院如浄。第16世湛如は養子。

生涯[編集]

左大臣九条兼晴、母待姫(九条道房の子)の3男として生まれる。実兄に九条輔実二条綱平がいる。幼少時に本願寺に出され、貞享3年(1686年)11月13日に14歳で寂如の養子となる。

元禄2年(1689年)17歳で得度し、享保6年(1721年)には寂如の7女、常(瑞光院如浄)と結婚する。

こうして寂如の子直丸がまだ幼かったので住如が第15世を継ぐこととなったのだが、それによってこの処置に反対していた考槃院寂円・本徳寺寂宗・顕証寺寂峰らとの仲が悪くなった。しかし、享保11年(1726年)寂如の10男である直丸(第16世湛如)を養子にすることで彼らと和解した。

関連項目[編集]