存如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
存如

応永3年7月10日 - 康正3年6月18日
1396年8月21日 - 1457年7月18日
1396年8月13日 - 1457年7月9日

上段・旧暦 中段・グレゴリオ暦換算[1] 下段・ユリウス暦
法名 存如
圓兼
尊称 存如上人
宗旨 浄土真宗
宗派 (後の本願寺系諸派)

存如(ぞんにょ)は、室町時代浄土真宗浄土真宗本願寺派第7世宗主・真宗大谷派第7代門首。大谷本願寺住職。は圓兼。法印権大僧都。父は第6世巧如広橋兼宣猶子。妻は如円尼。本願寺中興の祖・第8世蓮如は長男。空覚越中国瑞泉寺住持如乗は弟、大和興福寺大乗院門跡経覚は従兄弟とされる。

現在の本願寺に見られるような、御影堂・阿弥陀堂の両堂形式をはじめて整備した。また、『正信念仏偈』(正信偈)・『三帖和讃』を重視し教化に用いるなど、蓮如に与えた影響は少なくない。

生涯[編集]

年齢は、数え年。日付は文献との整合を保つため、いずれも旧暦(宣明暦)表示を用いる(生歿年月日を除く)。

脚注欄[編集]

  1. ^ a b グレゴリオ暦換算。本願寺派では、グレゴリオ暦に換算した生没年を用いる。