蓮如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蓮如[1]

応永22年2月25日 - 明応8年3月25日
1415年4月13日 - 1499年5月14日
1415年4月4日 - 1499年5月5日

上段・旧暦 中段・グレゴリオ暦換算[2]下段・ユリウス暦
Rennyo5.1.JPG
蓮如影像(室町時代作)
幼名 布袋丸
法名 蓮如
院号 信證院
兼壽
諡号 慧燈大師
尊称 蓮如上人
生地 京都・大谷本願寺
(現、知恩院塔頭 崇泰院)
没地 京都山科本願寺
宗旨 浄土真宗
宗派 (後の本願寺系諸派)
寺院 吉崎御坊、山科本願寺、
大坂石山御坊(後の石山本願寺)
著作 御文』、『正信偈大意』
蓮如上人廟所(京都市山科区)、
大谷祖廟 (真宗大谷派)他

蓮如[1](れんにょ)は、室町時代浄土真宗本願寺第8世。本願寺中興の祖。同宗旨[3]では、「蓮如上人」と尊称される。諱は兼壽。院号は信證院。明治15年(1882年)に、明治天皇より「慧燈大師」の諡号を追贈されている。しばしば本願寺蓮如と呼ばれる。

親鸞の直系とはいえ蓮如が生まれた時の本願寺は、青蓮院の末寺に過ぎなかった。他宗や浄土真宗他派、特に佛光寺教団の興隆に対し、衰退の極みにあった。その本願寺を再興し、現在の本願寺教団(本願寺派大谷派)の礎を築いた。

生涯[編集]

年齢は、数え年。日付は、『御文』(『御文章』)などの文献との整合を保つ為、いずれも旧暦(宣明暦)表示とする(生歿年月日を除く)。

蓮如上人御誕生之地
崇泰院

応永22年2月25日(1415年4月13日[2])、京都東山の本願寺(現在の知恩院塔頭崇泰院(そうたいいん)付近)にて、本願寺第7世存如の長子として生まれる。母は存如の母に給仕した女性と伝えられているが、詳細は不明。一説には、大阪の信太の被差別部落出身だったともいう[4][5]。幼名は「布袋丸」。

応永27年(1420年)、蓮如6歳。存如が本妻を迎えるにあたって、生母は本願寺を退出しその後行方知れず。蓮如幼年期の本願寺は、佛光寺の隆盛に比し衰退の極にあり、参拝者(後に蓮如の支援者となった堅田本福寺法住ら)が余りにも寂れた本願寺の有様を見て呆れ、仏光寺へ参拝したほどであった。

永享3年(1431年)、17歳。青蓮院で得度し、中納言広橋兼郷の猶子となる。名を「中納言兼壽」と改める。その後、本願寺と姻戚関係にあった大和興福寺大乗院門跡経覚(母方が大谷家(本願寺)の出とされ、父存如の従兄弟と推定されている)について修学。父を補佐し門末へ下付するため、多くの聖教を書写した。永享6年(1434年5月12日の識語をもつ『浄土文類聚鈔』が、蓮如の書写になる現存最古のもの。永享8年(1436年)、祖父の第6世巧如が住持職を父に譲る(巧如は4年後の永享12年10月14日1440年11月17日)に示寂)。

嘉吉2年(1442年)、第1子(長男)順如誕生。文安4年(1447年)、父と共に関東を訪ねる。宝徳元年(1449年)、父と北国へ布教。享徳4年(1455年11月23日、最初の夫人、如了尼示寂。長禄元年(1457年6月17日、父も示寂、本願寺第8代を継職。留主職継職にあたり、異母弟応玄(蓮照)を擁立する動きもあったが、叔父如乗(宣祐)の主張により蓮如の就任裁定となった。なお、歴代住職が後継者にあてる譲状の存如筆が現存しないことから、この裁定は如乗によるクーデターともされる。この裁定に対して、応玄と継母は怒りの余り本願寺財物を持ち出したと伝えられる。

この頃の本願寺は多難で、宗派の中心寺院としての格を失い、青蓮院の一末寺に転落していた。青蓮院の本寺であった近江比叡山延暦寺からは、宗旨についても弾圧がくわえられた。これに対して蓮如は延暦寺への上納金支払いを拒絶するなどした。

長禄2年(1458年8月10日、第8子(5男)実如誕生(寛正5年(1464年)とも)。寛正6年(1465年1月8日、 延暦寺は本願寺と蓮如を「仏敵」と認定、翌1月9日、同寺西塔の衆徒は大谷本願寺を破却する。3月21日、再度これを破却。蓮如は祖像を奉じて近江の金森堅田大津を転々とする。更に蓮如と親友の間柄であった専修寺真宗高田派)の真慧が、自己の末寺を本願寺に引き抜かれた事に抗議して絶縁した(寛正の法難)。文正2年(1467年)3月、延暦寺と和議。条件として、蓮如の隠居と順如の廃嫡が盛り込まれた。廃嫡後も有能な順如は蓮如を助けて行動する。

応仁2年(1468年)、北国、東国の親鸞遺跡を訪ねる。応仁3年(1469年)、三井寺の庇護のもとに大津南別所に顕証寺を建立、順如を住持として祖像を同寺に置く。文明2年(1470年12月5日、第二夫人蓮祐尼示寂。

文明3年(1471年)4月上旬、越前吉崎に赴く。付近の河口荘は経覚の領地で、朝倉孝景の横領に対抗するため蓮如を下向させたとされる。7月27日、同所に吉崎御坊を建立し、荒地であった吉崎は急速に発展した。一帯には坊舎や多屋(門徒が参詣するための宿泊所)が立ち並び、寺内町が形成されていった。信者は奥羽からも集まった。

文明6年(1474年)、加賀守護富樫氏の内紛で富樫政親から支援の依頼を受ける。蓮如は対立する富樫幸千代が真宗高田派と組んだ事を知ると、同派の圧迫から教団を維持するために政親と協力して幸千代らを滅ぼした。だが、加賀の民衆が次第に蓮如の下に集まる事を政親が危惧して軋轢を生じた。更に蓮如の配下だった下間蓮崇が蓮如の命令と偽って一揆の扇動を行った(但し、蓮如ら本願寺関係者が蓮崇の行動に対して全く関知していなかったのかどうかについては意見が分かれている)。

蓮如上人(銅像)
真宗大谷派山科別院長福寺境内

文明7年(1475年8月21日、吉崎を退去。一揆を扇動した下間蓮崇を破門。小浜、丹波摂津を経て河内出口に居を定めた。文明10年(1478年1月29日、山科に坊舎の造営を開始。8月17日、第三夫人如勝尼示寂。文明13年(1481年)、真宗佛光寺派を継ぐ筈だった経豪が蓮如に帰順。蓮如から蓮教という名を与えられ、改名する。文明15年(1483年8月22日山科本願寺の落成。長男順如示寂。

文明18年(1486年)、紀伊に下向。後の鷺森別院の基礎ができる。同年、第四夫人宗如尼示寂。

長享2年(1488年)5月、加賀一向一揆が国人層と結びついて決起。同年6月9日、加賀の宗徒は守護富樫政親を高尾城にて包囲し、自刃に追い込む。7月、蓮如は消息[6]を送って一揆を諌めた。延徳元年(1489年)、75歳。寺務を実如に譲り、山科南殿に隠居して、「信證院」と号する。明応5年(1496年)9月、大坂石山の地に石山御坊を建立し、居所とした(後の石山本願寺)。

蓮如上人御廟所

明応8年(1499年)2月20日、死に際し石山御坊より山科本願寺に帰参。3月20日、下間蓮崇を許す。3月25日(1499年5月14日[2])、山科本願寺において85歳で示寂。

妻の死別を4回に渡り経験し、生涯に5度の婚姻をする。子は男子13人・女子14人の計27子を儲ける。死の直前まで公私共に多忙を極めた。

布教[編集]

蓮如の布教は、教義を消息(手紙)の形で分かりやすく説いた『御文』(『御文章』)[7]を中心に行われた。後に蓮如の孫、円如がこれを収集して五帖80通(『五帖御文』)にまとめた。これに含まれない消息は『帖外御文』と言われ、倍くらいの数の消息が数えられている。

文明5年(1473年)3月、吉崎で親鸞の「正信念仏偈」(「正信偈」)、「三帖和讃」を開版し、門徒たちの朝夕の勤行に用いるよう制定した。

また、門徒個人が所有する「道場」、村落ごとに形成された「惣道場」の本尊に「十字名号」(文明期以降は、「六字名号」や「阿弥陀如来絵像」)を与えた[8]

その他の著作に『正信偈大意』『正信偈証註釈』、信仰生活の規範を示した「改悔文」(「領解文」)などがある。

また蓮如の死後、弟子達が蓮如の言行録を写し継いだ書物として『蓮如上人御一代記聞書』(『蓮如上人御一代聞書』)全316箇条が残されている。

妻子[編集]

  • 第1夫人:如了(1424年 - 1455年) - 伊勢貞房の娘
  • 第2夫人:蓮祐(1438年 - 1470年) - 伊勢貞房の娘・如了(第1夫人)
    • 5男:実如(1458年 - 1525年) - 本願寺第9世
    • 4女:妙宗(1459年 - 1537年) - 出家・知恩院椿性禅尼弟子、左京義政
    • 5女:妙意(1460年 - 1471年) - 早逝
    • 6女:如空(1462年 - 1492年) - 越前大谷興行寺蓮助兼孝
    • 7女:祐心(1463年 - 1490年) - 白川資氏王
    • 6男:蓮淳(1464年 - 1550年) - 近江大津顕証寺、河内久宝寺顕証寺伊勢長島願証寺開基
    • 8女:了忍(1466年 - 1472年) - 早逝
    • 9女:了如(1467年 - 1541年) - 越中井波瑞泉寺蓮欽
    • 7男:蓮悟(1468年 - 1543年) - 加賀崎田坊、中頭坊、清沢坊、若松本泉寺創建
    • 10女:祐心(1469年 - 1540年) - 中山宣親室、第11世顕如の曽祖母
  • 第3夫人:如勝(1448年 - 1478年)
  • 第4夫人:宗如(? - 1484年) - 姉小路昌家の娘、姉小路基綱の妹
    • 12女:蓮周(1482年 - 1503年) - 越前超勝寺蓮超
    • 8男:蓮芸(1484年 - 1523年) - 摂津富田教行寺・摂津名塩教行寺
  • 第5夫人:蓮能(1465年 - 1518年) - 畠山政栄の娘、畠山家俊の姉

脚注[編集]

  1. ^ a b 文献によっては、「蓮」の「辶」(一点之繞)の部分が「辶」(二点之繞)で表記される場合もある(一点之繞と二点之繞を参照)。
  2. ^ a b c グレゴリオ暦換算。本願寺派では、グレゴリオ暦に換算した生没年を用いる。
  3. ^ 真宗十派の内、本願寺派・大谷派のみ蓮如を歴代とする。
  4. ^ 東上高志『川端分館の頃』p.154。
  5. ^ 高山秀夫『江戸から東京へ 物語でつづる部落の歴史』p.6(文理閣、1977年)
  6. ^ 消息…「御叱りの御書」、「騒動しずめの御書」と呼ばれる。(参考文献『蓮如上人の生涯と教え』57~58頁)
  7. ^ 『御文』という呼び方は、大谷派にて用いられ、『御文章』という呼び方は本願寺派にて用いられる。
  8. ^ 本尊に関する参考文献『蓮如上人の生涯と教え』67~68頁、『蓮如上人ものがたり』105~109頁

参考文献[編集]

  • 浄土真宗教学研究所浄土真宗聖典編纂委員会編 『蓮如上人御一代記聞書』現代語版、本願寺出版社〈浄土真宗聖典〉、1999年ISBN 978-4-89416-641-7
  • 真宗大谷派教学研究所編 『真宗再興の人 蓮如上人の生涯と教え』 真宗大谷派宗務所出版部、1994年ISBN 4-8341-0225-4
  • 青木馨 『蓮如上人ものがたり』 真宗大谷派宗務所出版部、1995年ISBN 978-4-8341-0227-7
  • 東澤眞静 『蓮如の生涯』 法藏館1986年ISBN 4-8318-2302-3

関連項目[編集]

関連文献[編集]

歴史小説[編集]

蓮如を描いた歴史小説

映画[編集]

  • 川本喜八郎監督『蓮如とその母』(「蓮如とその母」映画製作推進委員会、1981年) - 母が被差別部落民と伝えられる蓮如の生涯を部落問題を背景に描いた作品。

外部リンク[編集]