善如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
善如

正慶2年2月2日 - 康応元年2月29日
1333年2月24日 - 1389年4月4日
1333年2月16日 - 1389年3月27日

上段・旧暦 中段・グレゴリオ暦換算[1] 下段・ユリウス暦
幼名 光養丸
法名 善如
宗康⇒俊玄
尊称 善如上人
宗旨 浄土真宗
宗派 (後の本願寺系諸派)
著作 『敎行信證延書』19巻
大谷祖廟 (真宗大谷派)

善如(ぜんにょ)は、南北朝時代浄土真宗浄土真宗本願寺派第4世宗主・真宗大谷派第4代門首。大谷本願寺住職。は俊玄。法印権大僧都。父は従覚(第3世覚如の次男)。第5世綽如は子。

生涯[編集]

年齢は、数え年。日付は文献との整合を保つ為、生歿年月日を除き旧暦(宣明暦)表示とし、南北朝時代の元号は、北朝(京都)で表記する。

著書[編集]

  • 『敎行信證延書』19巻

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c グレゴリオ暦換算。本願寺派では、グレゴリオ暦に換算した生没年を用いる。