法如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法如(ほうにょ、宝永4年1月9日1707年2月11日) - 寛政元年10月24日1789年12月10日))は、江戸時代中期の浄土真宗浄土真宗本願寺派第17世宗主。西本願寺住職。は光闡。院号は信慧院。法印大僧正。父は第13世良如の10男寂円九条稙基猶子。母は円成院(法寿)。妻は如教(誠心院)。第18世文如は長男。

生涯[編集]

播磨国亀山(現姫路市)の本徳寺第8代住職寂円(大谷昭尊)の次男として生まれる。得度の後、河内顕証寺に入り、釋寂峰として、顕証寺第11代を継職するが、その直後に本願寺16世湛如が急逝したため、寛保3年(1743年)37歳の時、同寺住職を辞して釋法如として第17世宗主を継ぐ。この際、慣例により内大臣九条稙基猶子となる。

83歳で命終するまで、47年の長期にわたり宗主の任にあたった。この間、明和の法論をはじめ、数多くの安心問題に対処し辣腕を振るったが、その背景にある宗門内の派閥争いを解消することは出来なかった。大きな業績としては、阿弥陀堂の再建や『真宗法要』などの書物開版などがある。男女30人の子をもうけて、有力寺院や貴族との姻戚関係を結ぶことに努めた。

なお、子の法依は本徳寺第13代住職に就いている。

阿弥陀堂再建[編集]

宗祖親鸞の五百回忌を前に、元和4年(1618年)に建てられた阿弥陀堂の再建を企図。継職後直ちに幕府に再建を働きかけ、およそ10年にわたる再建工事がすすめられた。旧阿弥陀堂は解体され、西山別院に移設(現存)。それまで、寛永10年(1633年)に建立された御影堂(現存)と比べて余りに小さかった阿弥陀堂は、再建時に堂宇が拡張され、東西42m、南北45m、高さ25mとなった。

年表[編集]

  • 1748年寛延元年) - 阿弥陀堂再建の口上書を幕府に提出、阿弥陀堂再建の承認を得る。
  • 1751年宝暦元年) - 集会所に阿弥陀堂の諸尊像を移設。旧堂宇を西山別院に移建する願を幕府に提出。
  • 1754年(宝暦4年) - 阿弥陀堂再建の地盤固めのため、妙法院大仏領境内地の砂利を使う。
  • 1755年(宝暦5年) - 基礎の石築開始。
  • 1756年(宝暦6年) - 石築完成。
  • 1758年(宝暦8年) - 再建の手法に紀伊大工の「鏡架構架法」を採用、立柱が建つ。
  • 1759年(宝暦9年) - 阿弥陀堂上棟式、屋根の瓦葺開始。対面所を修理、経蔵を移転。
  • 1760年(宝暦10年) - 阿弥陀堂落慶、宗祖影像を阿弥陀堂に遷し、御影堂の修復に着手。
  • 1764年明和元年) - 本尊「阿弥陀如来立像」を御影堂に遷し、堂内の塗箔工事等に着手。
  • 1766年(明和3年) - 阿弥陀堂の塗箔工事など完了。本尊還座を終える。

関連項目[編集]