東本願寺 (台東区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東本願寺
Higashi-Hongan-ji (Taito) 01.JPG
所在地 東京都台東区西浅草一丁目5番5号
位置 北緯35度42分42.5秒 東経139度47分22秒 / 北緯35.711806度 東経139.78944度 / 35.711806; 139.78944座標: 北緯35度42分42.5秒 東経139度47分22秒 / 北緯35.711806度 東経139.78944度 / 35.711806; 139.78944
宗旨 浄土真宗
宗派 浄土真宗東本願寺派
寺格 本山
本尊 阿弥陀如来
(東京都指定有形文化財)
創建年 1651年(慶安4年)
開基 教如
正式名 浄土真宗東本願寺派本山東本願寺
別称 浅草本願寺、浅草門跡、東京本願寺
文化財 絹本着色親鸞上人絵伝、銅鐘、等
公式サイト 浄土真宗東本願寺派本山東本願寺
法人番号 5010505000448 ウィキデータを編集
東本願寺 (台東区)の位置(東京都区部内)
東本願寺 (台東区)
テンプレートを表示

東本願寺(ひがしほんがんじ)は、東京都台東区西浅草にある浄土真宗東本願寺派本山である。本尊阿弥陀如来単立宗教法人であり、正式名は「浄土真宗東本願寺派本山東本願寺[1]: Jodoshin sect Higashi-honganji-ha Higashi-honganji)。

2022年現在の住職は、浄土真宗東本願寺派第26世法主である大谷光見(聞如)である。境内は4,250坪を有する。

由緒[編集]

開創[編集]

1651年慶安4年)、東本願寺第12世教如神田江戸御坊光瑞寺を建立したのを始まりとし、その後、京都東本願寺の掛所(別院)となった。

浅草移転[編集]

富嶽三十六景』「東都浅草本願寺」

1657年明暦3年)、明暦の大火により焼失し、浅草に移転。「浅草本願寺」・「浅草門跡」と称されるようになり、21の支院と35の塔頭を抱え、境内は1万5000坪に及んだ。その伽藍は、江戸後期の天保年間に出版された浮世絵師葛飾北斎の連作『富嶽三十六景』に「東都浅草本願寺」として描かれている。

1868年明治元年)には、渋沢成一郎天野八郎などの旧幕臣ら百数十名により、大政奉還後、上野寛永寺に蟄居していた徳川慶喜の擁護を目的とする「彰義隊」が結成され、その拠点となった。

1875年(明治8年)、明治天皇の臨幸のもと、日本で最初に開かれた「地方官会議知事会議)」の議場に使用される。

1894年(明治27年)、日清戦争に際し俘虜収容所となり、清国捕虜179名を収容。僧侶・小栗栖香頂は、毎月彼らに中国語で説教した。

1914年大正3年)、第一次世界大戦に際し再び俘虜収容所となり、ドイツ捕虜計314名を収容。収容所長・西郷寅太郎。翌1915年(大正4年)、収容所は千葉県習志野に移転。

1923年(大正12年)9月1日、関東大震災により本堂等を焼失。

1939年昭和14年)、焼失した本堂を鉄筋コンクリート造りで再建する。

1945年(昭和20年)、空襲により本堂内部を焼失する[2]

1953年(昭和28年)、焼失した本堂内部を再建し、荘厳が整う。

真宗大谷派からの独立[編集]

1965年(昭和40年)5月に「浅草本願寺」から「東京本願寺」へと改称する[3]

1981年(昭和56年)6月15日に、東京本願寺は東京都知事の認証を得て独立し、真宗大谷派との包括関係を解消する。真宗大谷派からの独立・包括関係の解消は、お東騒動を発端とする。

1988年(昭和63年)2月29日に、東京本願寺と賛同寺院により「浄土真宗東本願寺派」が結成され、東京本願寺が本山と定められる[4]

2001年平成13年)4月26日に、現名称である「浄土真宗東本願寺派本山東本願寺」が文化庁より認証される[5]

伽藍[編集]

  • 本堂
  • 紫雪亭
  • 慈光殿
  • 大遠忌記念館

文化財[編集]

東京都指定有形文化財(彫刻)
  • 木造阿彌陀如来立像(鎌倉期)
台東区指定有形文化財(絵画)
  • 絹本着色親鸞上人絵伝(室町末期)
  • 絹本着色親鸞上人絵伝(江戸期慶長年間)
台東区指定有形文化財(工芸品)
  • 銅鐘(江戸初期)
その他

主な年中行事[編集]

  • 修正会(1月1日~3日)
  • 春季彼岸会(3月18日~24日)
  • 永代経会(5月25日~28日)
  • 法統慶讃会(6月1日)
  • 盂蘭盆会(7月13日~16日)
  • 秋季彼岸会(9月20日~26日)
  • 御正忌報恩講(11月23日~28日)
  • 除夜の鐘(12月31日)

教育・研究[編集]

  • 東本願寺学院
  • 国際仏教研究所
  • 徳風幼稚園
  • 学校法人東京大谷学園
    • 東京大谷幼稚園 (東京都多摩市愛宕1-51)

別院・墓所[編集]

  • 東本願寺本廟 牛久浄苑 (茨城県牛久市久野町1923)
  • ひばりが丘別院 ひばりが丘浄苑(東京都西東京市ひばりが丘4-8-22)
  • 八王子の杜公園墓地(東京都八王子市廿里町51-7)
  • 東本願寺ニューヨーク

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『宗教年鑑 平成29年版』(文化庁編、2017年12月31日発行)p.139,r.155
  2. ^ 本堂内部を焼失…鉄筋コンクリート造りであったため、本堂内部のみを焼失し、外郭の損壊は免れる。
  3. ^ 関東における歴史 - 東京本願寺へ改称
  4. ^ 東本願寺の法統 10 真の法統
  5. ^ 浄土真宗東本願寺派 本山 東本願寺 > 東本願寺の法統「11 法統伝承 -名称変更のお知らせ-」

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]