除夜の鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
除夜の鐘を打つ参拝客(名古屋市大須観音

除夜の鐘(じょやのかね)は、日本仏教にて年末年始に行われる年中行事の一つ。12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟む時間帯に、寺院梵鐘を撞(つ)くことである。除夜の鐘は多くの寺で108回撞かれる。

梵鐘の音色

日本以外に、韓国でも行われており、ソウルにある普信閣をはじめとする、各地で行われている。回数が108回ではなく33回撞かれるのが特徴である(忉利天に由来する)。

日本の除夜の鐘[編集]

起源[編集]

中国の宋代の禅宗寺院の習慣に由来するとされ、日本でも禅寺で鎌倉時代以降にこれに倣って朝夕に鐘が撞かれたが、室町時代には大晦日から元旦にかけての除夜に欠かせない行事になったという[1][2][3]。禅寺では年の変わり目に鬼門(北東方向)からの邪気を払うために行われていたとされる[4]

108の由来[編集]

除夜の鐘は多くの寺で108回撞かれる。この「108」という数の由来については、次のような複数の説があるが、格別にどれが正しいということはない。

煩悩の数
人間の煩悩の数とする説がある[1]。眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根のそれぞれに好(こう:気持ちが好い)・悪(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)があって18類、この18類それぞれに浄(じょう)・染(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世今世来世三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表す。
四苦八苦
四苦八苦の意味で四九(36)と八九(72)を足したものとする説がある[1]
1年間
の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表すとする説がある[1]

なお、寺によって撞く回数は108回と決まらず、200回以上の場合などがある。

宗旨[編集]

除夜の鐘はもとは禅宗寺院の行事だった[1]。しかし、後述のように昭和初期のラジオ中継を通して日本全国に広まったという[5]

浄土真宗の寺院でも除夜の鐘を撞く寺院があるが、真宗大谷派本山の東本願寺では「親鸞聖人の教えでは、煩悩を払うという考え方はしない」として除夜の鐘は実施していない[5]。また、本願寺派本山の西本願寺でも、鐘は法要前や平和を祈るために鳴らすものとしており除夜の鐘は実施していない[5]

作法[編集]

Konkaikomyoji 03.jpg

鐘を撞く前には鐘に向かって合掌する。

鐘を撞く時間帯に関しては年を跨いで鐘を撞く寺院と年明け午前零時から撞き始める寺院がある[4]

  • 年を跨いで鐘を撞く寺院 - 撞き始めの時刻は23時00分、23時30分、23時45分など様々。108回撞く寺院においては、108回のうち107回は旧年(12月31日)のうちに撞き、残りの1回を新年(1月1日)に撞くとする寺院もある。
  • 年明け午前零時から撞き始める寺院 - 増上寺浅草寺成田山新勝寺など[4]

歴史[編集]

ラジオ放送[編集]

神奈川大学の平山昇准教授によると除夜の鐘の風習は明治時代には忘れられていたが、昭和初期のラジオ中継を通して全国に広まったという[5]

東京上野寛永寺にて1927年昭和2年)、JOAK(NHK放送センターの前身である社団法人東京放送局)のラジオによって史上初めて中継放送された。これが「除夜の鐘」という風習が日本に広く定着するきっかけとなった[6][3]。浄土宗総本山である知恩院でも除夜の鐘の最古の記録は昭和3年か4年頃としておりラジオ局の要請で始められたとしている[5]

戦時の鐘[編集]

1941年、日本は第二次世界大戦に突入。12月末、日本軍は香港の戦いに勝利した。この年、日本放送協会は除夜の鐘のラジオ放送の代わりに、香港攻略時の砲声(録音)を流している[7]。戦況が悪化し始めると、多くの寺鐘は金属回収令により失われ、除夜の鐘が鳴らせなくなった。このため、一部寺院では、大太鼓を代わりとしていた[8]

除夜の鐘の変化[編集]

役僧・檀家の高齢化や近隣住民から騒音としての苦情により、大晦日の昼間に撞いたり、中止したりする寺もある[9]。こうした動きに対しては「騒音ではなく、安易にやめる必要はない」「ラジオの普及で広まった文化であり、深夜にこだわる必要はない」という両論がある[10]

立尅寺(りゅうこくじ)(滑川市)では、少子高齢化による参拝者の減少と夜間の石階段の凍結や積雪の危険を考慮し、除夜の鐘を2021年から午後2時半に変更している[5]

放送[編集]

NHKゆく年くる年』で、日本各地の寺院で除夜の鐘が撞かれながら年が明ける様子を全国中継しているが、『ゆく年くる年』の番組開始当初のタイトルこそ『除夜の鐘』であった[6]

動画[編集]

韓国の除夜の鐘[編集]

起源[編集]

朝鮮時代に普信閣では城門の夜間の通行禁止を知らせるため、毎日夜10時になると鐘を28回つき鳴らして閉門し、朝4時になると鐘を33回つき鳴らして開門する風習があったが、当時は「除夜の鐘」の概念はなかった[11]。普信閣の鐘は甲午改革により1895年に廃止されていた[11]。その後、日本の統治下で南山にあった日本のお寺で「除夜の鐘」が撞かれていた[11]。普信閣でも1953年から鐘が復活し、鐘を撞く回数を朝鮮時代に由来する33回とし、それを「除夜の鐘」とする打鐘行事が行われるようになった[11]

行事[編集]

普信閣の打鐘行事は新年のカウントダウン後に開始され、打鐘行事の後に祝賀公演が行われる[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 久御山町町政PR誌 ほほえみ紀行 No.20 p.11 久御山町、2021年12月15日閲覧。
  2. ^ 『祝祭日の研究―「祝い」を忘れた日本人へ』角川書店、2001年2月9日。ISBN 4047040142 
  3. ^ a b “NHKが大復活させた「大晦日のしきたり」の正体”. PRESIDENT Online. (2019年12月31日). https://president.jp/articles/-/30959?page=3 
  4. ^ a b c 万松寺はくび通信 2018年冬号 万松寺、2021年12月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 除夜の鐘、昼にしました 富山県、変わる年越し行事(2022年1月18日北日本新聞社配信) 声のチカラ(コエチカ)信濃毎日新聞、2022年2月5日閲覧。
  6. ^ a b 分散参拝で話題の「初詣」「除夜の鐘」 伝統行事を振り返ると...意外に歴史は浅かった!?”. J-CAST ニュース. 2020年11月23日閲覧。
  7. ^ 除夜の鐘の代わりに香港攻略戦の砲声放送(『東京日日新聞』昭和16年12月25日)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p324 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  8. ^ 富山市史編纂委員会編『富山市史 第二編』(p1100)1960年4月 富山市史編纂委員会
  9. ^ 年末恒例「除夜の鐘」深夜ではなく…昼間に”. 日本テレビ放送網(2019年12月17日作成). 2019年12月18日閲覧。
  10. ^ 除夜の鐘 昼に響く/参拝者減・「騒音」で変わる風物詩日本経済新聞』夕刊2018年12月27日(社会面)2019年1月26日閲覧。
  11. ^ a b c d e 韓国の「除夜の鐘」はなぜ33回?/「漢数詞」を覚えよう!」中日新聞、2013年1月12日

関連項目[編集]