富嶽三十六景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏

富嶽三十六景』(ふがくさんじゅうろっけい)は、江戸時代後期の浮世絵師葛飾北斎の手になる名所浮世絵揃物の一つで、北斎の代表作である。大錦横判[1](横大判錦絵)、全46図。「富嶽」は富士山の別名であり、本作は、富士見のできる各地を織り交ぜながら富士山の在る景観を描いたものである。 漢字」には異体字」があるが、作品自体の示すとおり、出版当時の題名表記は異体字を用いた「冨嶽三十六景」である(■右列の「落款」画像を参照)。一方で、現代に多く見られる表記は正体字を用いた「富嶽三十六景」である[* 1][* 2][* 3][* 4]。ほかにも、「」が「」の異体字であることから、「富岳三十六景」という表記も見られる[2]

19世紀ヨーロッパ文化圏に到来したジャポニスムを通じて、ヨーロッパの芸術シーンに多大な影響を与えたことでも、世界的に知られる。

概要[編集]

初版は1823年(文政6年)頃より作成が始まり、1831年(天保2年)頃から1835年(同4年)頃にかけて刊行されたと考えられている[3]板元は永寿堂西村屋与八

発表当時の北斎は72歳と、晩年期に入ったときの作品である。遠近法が活用されていること、当時流行していた「ベロ藍」ことプルシャンブルーを用いて摺ったことも特色である。

浮世絵の風景画は当時「名所絵」と呼ばれており、このシリーズの商業的成功により、名所絵が役者絵や美人画と並ぶジャンルとして確立したと言える[4]

各図の特徴[編集]

凱風快晴」や「山下白雨」のように、富士山を画面いっぱいに描いた作品から、「神奈川沖浪裏」や「甲州石班澤」のように遠景に配したものまであり、四季や地域ごとに多彩な富士山のみならず、各地での人々の営みも生き生きと描写している。

荒れ狂う波濤の谷間に遠く富士を描いた「神奈川沖浪裏」、いわし雲たなびく快晴の日の富士を赤富士として描いた「凱風快晴」などが代表的な作品として知られる。

揃物としての題名(シリーズタイトル)が示すとおり、発売当初は36図で終結する予定であったが、絶大な好反響を得たことから、10図が追加出版されて全46図という構成になった。主版の36図を束ねて「表富士(おもてふじ)」、追加版の10図を束ねて「裏富士(うらふじ)」と俗称する[2][5]輪郭線ベロ藍を使っている表富士に対して、裏富士はを使っているため、区別は容易にできる[5]。主版で極めて高価な顔料であるベロ藍を贅沢に使っていながら追加版で安価な墨に換えてしまった理由は不明であるが、あまりの反響に確実に売れると踏んだ板元が、追加版では経費を抑えにかかったという推測はできる[5]

影響[編集]

日本のみならず、ゴッホドビュッシーなど、世界の芸術家にも大きな影響を与えた。アンリ・リヴィエールは本作に触発され『エッフェル塔三十六景』を描いた。

2010年10月31日、葛飾北斎の生誕250年を記念して、Google日本版のホームページのロゴが「神奈川沖浪裏」バージョンとなった(画像)。

顔料「紺青」は本作に使われたことで普及したとの俗説がある。実際は海外から大量に流入した為に値崩れを起こした紺青を北斎が使ったのである。

日本では山梨県出身の木版画家萩原英雄(1913年 - 2007年)は1981年(昭和56年)から〈三十六富士〉に取り組んでいる。萩原は戦前に高見沢木版社に務め実際の浮世絵に触れており、戦後は聖書イソップ物語など西洋の題材を取った具体的表現の連作や、「幻想」「石の花」など抽象的な表現の連作を手がけていた。萩原は〈三十六富士〉は北斎の〈富嶽三十六景〉に学び、富士を具体的に描く表現で各地から見た風景を描いている。ただし、北斎が人々の生活や生業を多く描いたのに対し、萩原は人間を一切描かず、純粋に富士の見える風景を描いている。

作品一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『中学社会 歴史』(中学校社会科用教科書。平成8年2月29日文部省検定済。教科書番号:17教出・歴史762)p 149には、「葛飾北斎の風景画(「富嶽三十六景」)」と記載されている。
  2. ^ 『新しい社会 歴史』(中学校社会科用教科書。平成13年3月30日文部科学省検定済。教科書番号:2東書 歴史702)p 107には、「葛飾北斎の風景画(富嶽三十六景より「凱風快晴」)」と記載されている。
  3. ^ 『詳解日本史B 改訂版』(高等学校地理歴史科用教科書。平成10年3月31日文部省検定済。教科書番号:15三省堂 日B 625)p 194には、「葛飾北斎 『富嶽三十六景ー尾州不二見原』」と記載されている。
  4. ^ 『総合日本史図表』(高等学校日本史資料集。第一学習社。2000年1月10日 改訂11版発行)p 146には、「富嶽三十六景凱風快晴(葛飾北斎筆)」と記載されている。

出典[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』
  2. ^ a b 小学館日本大百科全書:ニッポニカ』
  3. ^ 2007、山梨県立博物館
  4. ^ 2007、大久保純一
  5. ^ a b c 北斎の傑作「富嶽三十六景」は、なぜ46図もあるの?”. 復刻版浮世絵木版画専門店 金沢文庫. 有限会社岩下書店 (2016年11月30日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 山梨県立博物館 『北斎と広重 ふたりの冨嶽三十六景』、2007年10月13日
  • 大久保純一 (2007-10-13). 山梨県立博物館. ed. “北斎の「冨嶽」と広重の「富士」”. 北斎と広重 ふたりの冨嶽三十六景: 154. 

関連文献[編集]

  • 『葛飾北斎「冨嶽三十六景」の旅 天才絵師が見た風景を歩く』 平凡社(別冊太陽 太陽の地図帖5)、安村敏信監修、2010年8月 - 全46作品の地点を、地図と写真、解説で紹介。

外部リンク[編集]