大谷家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大谷家
家紋
鶴丸(日野家紋)
本姓 藤原北家日野流庶流
家祖 親鸞
種別 僧侶(世襲門跡寺院)
華族伯爵
出身地 京都・東山大谷
(現・京都市東山区
主な根拠地 (西)本願寺
真宗本廟((東)本願寺)
著名な人物 大谷光尊
大谷光勝
大谷光瑞
大谷光瑩
大谷光照
大谷光演
大谷光真
大谷光暢
大谷光淳
大谷暢顯
支流、分家 木辺家(真宗木辺派本山錦織寺
近松家(浄土真宗本願寺派顕証寺) など
凡例 / Category:日本の氏族

大谷家(おおたにけ)は、浄土真宗の一派である本願寺の法主(門主[1]/門首[2])を世襲によって継承した覚如親鸞の曾孫)の子孫の家号。明治時代に名字必称となり大谷をとして用いることで成立する。親鸞を家祖とする。大谷光尊(明如)以降の浄土真宗本願寺派の門主と、大谷光勝(嚴如)以降の真宗大谷派の門首、及びその一族がとしている。本願寺は慶長7年(1602年)に分立したため、「西本願寺」と「東本願寺」と通称される。そのため、西本願寺系の大谷家と東本願寺系の大谷家がある。

家紋[編集]

家紋は、明治以後の西本願寺大谷家は西六条八ツ藤紋と西六条藤(下り藤)、東本願寺大谷家は東六条八ツ藤紋と本願寺抱牡丹紋が主に用いられる。下り藤紋・抱き牡丹紋・八ツ藤紋は、一般的な紋様とことなり、独自のものである。

西本願寺大谷家

東本願寺大谷家

明治以前の家号について[編集]

大谷姓の由来は、後述する親鸞の廟堂が京都東山知恩院北門の大谷の地に定められたことによる。大谷には「豅」(読みは「ロウ」、意味は「長大な谷」、転じて「おおたに」「ながたに」と訓ずる)の字が充てられたこともあり、後に本願寺は「豅山」(おおたにざん)を山号とした。現在の西本願寺は「豅」の字を分かち、龍谷山本願寺(りゅうこくざんほんがんじ)と号している。龍谷大学の校名の由来でもある。

本願寺は戦国時代には一向一揆の広がりのもとで戦国大名に伍する勢力をもったことから、戦国大名のひとつに数えられることもあるが、法主の法名に本願寺を冠して「本願寺顕如」、「本願寺光佐」とするのは、文書や裏書において「本願寺の法主である〇〇」と明示するための署名に見られる表現によるものであって、本願寺法主(門主)の家系が「本願寺」を家の名字・姓としたこともなく、「本願寺氏」という氏が存在したこともない。彼らは仏弟子の名乗りとして「釈」を姓としていた。なお僧侶の名前に住寺の名称を冠することは、同名の別人と区別するためにも、よく用いられる慣例的表記である(例えば、浄影寺慧遠)。

おおたに - 本願寺山号

歴史[編集]

覚信尼は、1262年親鸞の臨終を看取り、遺骸は京都東山・鳥部野北辺の「大谷」に納められた。1272年に吉水の北辺(現、崇泰院(そうたいいん、〔知恩院塔頭〕付近)に改葬し、東国門徒の尊崇を集める廟堂として「大谷廟堂」を建立、覚信尼長男覚恵が留守職としてその管理を行うこととなった。

大谷廟堂は諸国の門徒の参詣と寄進を集める一方で、のちに留守職をめぐって覚恵の子覚如と、覚恵の異父弟唯善との間で争いとなり、覚如が辛うじて勝利して自己の家系による留守職の世襲を確立した。1312年、覚如は廟堂を寺院化し、大谷本願寺が成立する。元弘元年/元徳3年(1331年)、覚如は『口伝抄』を撰述し「三代伝持の血脈」を表明し、法灯継承を主張、自らを本願寺第3世と位置づける。

以来、覚如の子孫が継承した本願寺は教団の形成を進め、室町時代の第5世綽如のとき北陸地方へと進出、第7世存如の時代までに加賀能登越前近江などで本願寺教団が形成されていった。だが、親鸞死後より教団形成に努めてきた他の浄土真宗の系統に比べて教団形成は大きく出遅れ、室町時代前期の本願寺は青蓮院の末寺とされ、大谷家としては日野家(親鸞の実家)の縁で九条家家司に准じた事も行っていたと言われている。

15世紀後半に入ると、第8世蓮如の活動によって本願寺教団は日本全国へと広がるが、比叡山の弾圧などで1465年に大谷本願寺は破却される。蓮如は越前の吉崎、ついで京都郊外の山科に移った。加賀では蓮如の代の教勢拡大を背景に、1488年加賀一向一揆が起こり、加賀の本願寺教団は守護富樫氏を追放し、「百姓の治める国」といわれる状況が生まれることになる。この領主不在の状況は1580年までのおよそ百年間続いた(実際には真宗門徒の有力者が自治を行っていた)。

16世紀に入ると、戦国の動乱の中で、本願寺教団は零細な農民から地侍土豪などの武士階層に至るその組織力を武器に日本各地で活動を活発化させるが、山科本願寺は天文法華の乱により1532年に戦災にあい、第10世証如摂津西成郡(現在の大阪市)に蓮如が開いた石山御坊へと移り、石山本願寺とする。

淀川河口の河川交通の要衝大坂をおさえる上町台地北端の丘の頂上に位置する石山本願寺を本拠地として、第10世証如は諸大名幕府朝廷との緊密化を図り、本願寺の勢力基盤を安定させた。一方で、証如の時代の末期から、北陸をはじめとする地方の本願寺教団では、本願寺の統制を外れて独自路線を歩む者もあらわれつつあった。

証如の子、第11代顕如のとき、事実上、自立した大名権力となっていた本願寺教団は畿内に進出し、宗教勢力から領主権力を奪って統一支配を確立しようとする織田信長と対立することとなった。1570年から10年にわたって続いた本願寺と織田氏の抗争、いわゆる石山戦争は、要塞化された石山本願寺に立て篭もる顕如らと、各地で織田氏への抵抗運動を繰り広げる本願寺門徒との連携によって本願寺が優勢に立ち、信長を大いに苦しめることとなる。しかし、1574年には伊勢国長島願証寺が織田氏によって滅ぼされ、1575年に越前を織田氏から奪還した一向一揆が覆滅されるなど各地の抵抗がそがれ、1578年には木津川の合戦で本願寺と同盟する毛利氏水軍が織田水軍に敗れるなど、本願寺の外では敗北を重ねていった。本願寺は依然として雑賀衆などの支援を集めつつ強勢を保ったが、次第に敵中に孤立していき、1580年、ついに正親町天皇の勅命を引き出した信長に屈して石山本願寺を退去し、領主権力としての本願寺は敗れ去った。

このとき顕如の意向に反して抵抗を続けることを主張した長子教如と顕如は対立。1593年に顕如が示寂すると、教如が第12世を継承するも、秀吉の意向により教如は隠退させられ、替わって3男の准如が第12世に就任した。しかし、その後も教如は教化活動を続け、それを支持する末寺も多かったことから、1602年徳川家康により教如は六条烏丸に寺地を与えられ、本願寺を分立させた。これより以後、本願寺教団は東西に分裂するに至った。

もともと公家の日野有範の子息である親鸞と、日野広綱(覚恵の父)の血統を引く東西両大谷家当主は、代々有力公家の猶子になる慣習があり、また、代々公家と通婚を続けており母系によっても公家化が進んでいった。このような経緯から明治維新後、両大谷家は華族に列し、ともに伯爵を授けられた。他の世襲門跡家や神道系の世襲宮司国造家は男爵に叙されており、この待遇は破格であった。

第二次世界大戦後、大谷派では東本願寺や宗門のあり方などを巡る対立からお東騒動と呼ばれる内紛が発生し、東大谷家は事実上の分裂状態になっている。

皇室・華族との関係[編集]

近代以降の大谷家と皇室華族公家)間の通婚の例。

浄土真宗本願寺派
真宗大谷派
浄土真宗東本願寺派

略系図[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本願寺派では門主と呼称している。(「浄土真宗本願寺派宗法」の第三章に規定される。)宗主とも。(本願寺の歴代宗主を参照。)
  2. ^ 大谷派では門首と呼称している。(「真宗大谷派宗憲」の第四章に規定される。また、第十条に「歴代門首」という語が用いられている。)
  3. ^ a b 日野家嫡流…日野有国日野家7代当主 - 藤原資業日8代 - 藤原実綱日9代 - 藤原有信日10代 - 日野実光日11代 - 日野資長日12代 - 日野兼光日13代 - 日野資実日14代 - 日野家光日15代 - 日野資宣日16代 - 日野俊光日17代 - 日野資名日18代・・・
  4. ^ a b c d e f g h 経尹、範綱、有範について、『尊卑分脈』と『本願寺系図』とでは関係が異なる。本図は『本願寺系図』に依拠する。
  5. ^ a b 藤原範綱(日野範綱)…親鸞が得度(入室?)する時の養父。
  6. ^ a b (九条兼実の娘) - 『日野一流系図』に、宴意(改印信)の母について「後法性寺摂政兼実公女」(九条兼実の娘)と記されている。兼実の日記『玉葉』に、兼実に2人の娘が記され、1人は後鳥羽天皇中宮宜秋門院任子で、もう1人は4歳で亡くなっている(本願寺史料研究所報 第26号、平松令三「西本願寺蔵 古本本願寺系図について」P.8、参照。)。
  7. ^ a b 恵信尼…三善為教の子。諸説あり。
  8. ^ a b 印信 - 『日野一流系図』に、親鸞の長男は宴意(改印信)と記されている。
  9. ^ a b 善鸞の母については異説があり、恵信尼は継母で、実母は「善鸞義絶状」に記されている「みぶの女房」とする説がある。詳細は「善鸞#恵信尼との関係」参照。
  10. ^ a b 唯善…覺恵の異父弟。
  11. ^ 光玉尼…覺恵の妹。如信の。(『大谷嫡流実記』)
  12. ^ 『真宗の教えと宗門の歩み』第4版、P.31。/『如信上人』P.39-40。
  13. ^ 教如 - 顕如の長男。文禄元年(1592年)11月24日、顕如の示寂にともない本願寺を継承する。文禄2年(1593年)閏9月16日、豊臣秀吉の命によって准如が法主を継承する事が決定し、教如は退隠させられる。
  14. ^ a b 興17…興正寺17世
  15. ^ a b 顕尊 - 顕如の次男。
  16. ^ 西12…(西)本願寺第十二世宗主
  17. ^ a b 准如 - 顕如の三男。
  18. ^ 「嚴如」は旧字体が正式表記。「厳如」と新字体で表記する場合もある。
  19. ^ 大谷和子…伏見宮邦家親王の第四王女。旧名、和子女王
  20. ^ 大谷章子…三条実美3女。載仁親王妃智恵子の妹。
  21. ^ 久邇宮邦彦王の第3王女。
  22. ^ 大谷演慧…大谷暢顯(淨如)が第25代門首を継承するまでの1993年 - 1996年の間は、同派門首代行を務める。
  23. ^ 大谷暢裕は、2014年4月に開かれた継承審議会において門首後継者に選定された。
  24. ^ 大谷裕は、2017年3月28日付で鍵役に任命される。[1]
  25. ^ 東12…(東)本願寺第十二代法主
  26. ^ 寂円 - 良如の10男。亀山本徳寺8世。
  27. ^ 住如 - 九条兼晴の子。幼少時に寂如の養子となる。寂如の子女と結婚。
  28. ^ 湛如 - 寂如の10男。義兄である住如の養子となり本願寺宗主を継職。
  29. ^ 法如 - 昭尊の次男。顕証寺第11代。
  30. ^ 本如 - 文如の2男。
  31. ^ 広如 - 伯父である本如の養子となり本願寺宗主を継職。
  32. ^ 木辺孝慈 - 17歳で真宗木辺派の本山錦織寺に入り第20代法主を継承する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]