堂上家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堂上家(とうしょうけ、どうじょうけ)は、公家家格の一つ。御所清涼殿南廂にある殿上間昇殿する資格を世襲した家柄。また、公卿になれる家柄。同時に上級貴族とも呼ばれる。

中級貴族である地下の官人を除く公家を指す。江戸時代末期には137家があった。

概要[ソースを編集]

平安時代中期に昇殿の制が始まり、院政期には公卿となることが出来る家柄が固定されるようになったため、公家の中で昇殿を許される家柄とこれを許されない家柄、公卿になれる家柄となれない家柄に分かれ、前者を堂上家、後者を地下家(じげけ)とする区分が成立した。一般的に、公卿になると昇殿が許されたが、まれに地下の公卿も存在した。

広義では公卿になることが出来る摂家清華家大臣家羽林家名家半家の総称であるが、狭義では上記の内、羽林家以下を指し、平堂上とも呼ばれた。

南北朝時代以降、堂上家の中に時の天皇との親疎により内々外様の区別が出来た。出勤した時の御所内の詰め所も異なり、天皇から受ける処遇も違った。

また、安土桃山時代天正年間(1573年 - 1591年)までに成立していた64家を旧家、それ以降新規に設立された家を新家と区分している。

1884年(明治17年)7月7日、平堂上のうち、大納言まで宣任の例が多い家[1]伯爵に、それ以外は子爵に叙せられた。

堂上家一覧[ソースを編集]

文久3年(1863年)版『雲上明覧』によれば、堂上家は以下の通り。

堂上家一覧
家格 家名 家系 本家 門流 内々/外様 旧家/新家 石高 家業 極官 維新後
摂家 近衞家[2][3] 藤氏本流[4] - - - - 2,862石 有職故実 摂政関白 公爵
摂家 九條家[2] 藤氏本流 - - - - 2,044石 有職故実 摂政・関白 公爵
摂家 鷹司家[2] 藤氏本流 近衞 - - - 1,500石 有職故実 摂政・関白 公爵
摂家 二條家[2] 藤氏本流 九條 - - - 1,708石 有職故実 摂政・関白 公爵
摂家 一條家[2][5] 藤氏本流 九條 - - - 2,044石 有職故実 摂政・関白 公爵
清華 久我家[6] 源氏
村上源氏
- - 内々 旧家 700石 近衛大将大臣を兼任
太政大臣
侯爵
清華 転法輪三條家[7] 藤氏
(公季[8]
閑院[9]
- - 内々 旧家 469石
装束
近衛大将・大臣を兼任
→太政大臣
公爵
清華 西園寺家 藤氏
(公季流
閑院)
- 一條 外様 旧家 597石 琵琶 近衛大将・大臣を兼任
→太政大臣
侯爵→公爵
清華 德大寺家 藤氏
(公季流
閑院)
- - 内々 旧家 410石 近衛大将・大臣を兼任
→太政大臣
侯爵→公爵
清華 花山院家 藤氏
(師実[10]
花山院)
- 一條 内々 旧家 715石 近衛大将・大臣を兼任
→太政大臣
侯爵
清華 大炊御門家 藤氏
(師実流
花山院)
- 一條 内々 旧家 403石 和琴・笛
・装束
近衛大将・大臣を兼任
→太政大臣
侯爵
清華 今出川
(菊亭)家
藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 一條 内々 旧家 1,655石 琵琶 近衛大将・大臣を兼任
→太政大臣
侯爵
清華 廣幡家 源氏
(正親町源氏)
- - 内々 新家 500石 - 近衛大将・内大臣 侯爵
清華 醍醐家 藤氏本流 一條 一條 内々 新家 312石 - 近衛大将・左大臣 侯爵
大臣 中院家[6] 源氏
(村上源氏)
久我 - 内々 旧家 500石 - 大納言右大臣 伯爵
大臣 正親町三條
(嵯峨)家
[7]
藤氏
(公季流
閑院)
三條 近衞 内々 旧家 200石 - 大納言→内大臣 伯爵→侯爵
大臣 三條西家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 - 内々 旧家 502石 歌道 大納言→右大臣 伯爵
羽林 正親町家 藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 一條 内々 旧家 352石 近衛少将中将
参議中納言
→大納言
伯爵
羽林 滋野井家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 近衞 内々 旧家 180石 神楽 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 姉小路家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 九條 内々 新家 200石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 清水谷家 藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 一條 内々 旧家 200石 能書
・笙
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 四辻
(室町)家
藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 近衞 外様 旧家 200石 神楽
・和琴・箏
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 橋本家 藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 一條 外様 旧家 500石 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 河鰭家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 - 外様 旧家 152石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 阿野家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 近衞 外様 旧家 478石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 花園家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 二條 外様 新家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 裏辻家 藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 近衞 外様 新家 150石 - 近衛少将→中将
・参議
子爵
羽林 梅園家 藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 一條 外様 旧家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 山本家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 九條 内々 新家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 大宮家 藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 九條 外様 新家 130石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 武者小路家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 - 外様 新家 130石 歌道 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言→准大臣
子爵
羽林 小倉家 藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 近衞 外様 旧家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 風早家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 九條 外様 新家 蔵米[11]30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 押小路家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 - 内々 新家 130石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 高松家 藤氏
(公季流
閑院)
三條 九條 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
歌道 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 西四辻家 藤氏
(公季流
閑院)
西園寺 鷹司 内々 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将 子爵
羽林 園池家 藤氏
(魚名[12]
四條
・閑院流正親町三條[13]
三條 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林
(高倉)家
藤氏
(武智麻呂[14]
南家[15]
・閑院流室町[16]
西園寺 一條 外様 新家 150石 神楽
・箏
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 中園家 藤氏
(武智麻呂流
南家
・閑院流室町)
西園寺 一條 外様 新家 130石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 高丘家 藤氏
(武智麻呂流
南家
・閑院流室町)
西園寺 鷹司 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 中山家 藤氏
(師実流
花山院)
花山院 一條 内々 旧家 200石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言→内大臣
侯爵
羽林 飛鳥井家 藤氏
(師実流
花山院)
難波 一條 内々 旧家 928石 歌道
蹴鞠
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 難波家 藤氏
(師実流
花山院)
- 近衞 内々 旧家 300石 蹴鞠 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 野宮家 藤氏
(師実流
花山院)
花山院 一條 内々 新家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 今城家 藤氏
(師実流
花山院)
花山院 一條 内々 新家 181石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 中御門
(松木)家
藤氏
(頼宗[17]
中御門[18]
- 一條 内々 旧家 341石 近衛次将・弁官
・参議→中納言
→大納言→内大臣
伯爵
羽林 園家 藤氏
(頼宗流
中御門)
持明院 一條 内々 旧家 187石 琵琶
・生花
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言→准大臣
伯爵
羽林 東園家 藤氏
(頼宗流
中御門)
持明院 - 内々 新家 180石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 持明院家 藤氏
(頼宗流
中御門)
- 近衞 内々 旧家 200石 能書
・神楽
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 高野家 藤氏
(頼宗流
中御門)
持明院 近衞 内々 新家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 石山家 藤氏
(頼宗流
中御門)
壬生 一條 内々 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 壬生家 藤氏
(頼宗流
中御門)
一條 内々 新家 130石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵→伯爵
羽林 石野家 藤氏
(頼宗流
中御門)
持明院 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 六角家 藤氏
(頼宗流
中御門)
持明院 一條 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議
子爵
羽林 四條家 藤氏
(魚名流
四條)
- 一條 外様 旧家 180石
包丁
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵→侯爵
羽林 鷲尾家 藤氏
(魚名流
四條)
四條 九條 内々 旧家 180石 神楽 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 油小路家 藤氏
(魚名流
四條)
西大路 九條 外様 旧家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 櫛笥家 藤氏
(魚名流
四條)
四條 近衞 内々 新家 83石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言→内大臣
子爵
羽林 山科家 藤氏
(魚名流
四條)
四條 近衞 内々 旧家 300石
・装束
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 西大路家 藤氏
(魚名流
四條)
四條 近衞 外様 旧家 100石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 八條家 藤氏
(魚名流
四條)
四條 近衞 内々 新家 176石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 上冷泉家 藤氏
(長家[19]
御子左[20]
- 鷹司 外様 旧家 300石 歌道
・蹴鞠
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 下冷泉家 藤氏
(長家流
御子左)
- 九條 外様 旧家 150石 歌道 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 藤谷家 藤氏
(長家流
御子左)
上冷泉 鷹司 外様 新家 200石 歌道 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 入江家 藤氏
(長家流
御子左)
上冷泉 鷹司 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
歌道 非参議 子爵
羽林 水無瀬家[21] 藤氏
(道隆[22]
水無瀬)
- 近衞 内々 旧家 631石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 七條家[21] 藤氏
(道隆流
水無瀬)
水無瀬 近衞 内々 新家 200石 - 近衛少将→中将
・参議
子爵
羽林 町尻家[21] 藤氏
(道隆流
水無瀬)
水無瀬 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 櫻井家[21] 藤氏
(道隆流
水無瀬)
水無瀬 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将 子爵
羽林 山井家[21] 藤氏
(道隆流
水無瀬)
水無瀬 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 非参議 子爵
羽林 堀河家 藤氏
(長良[23]
高倉)
高倉流
水無瀬[24]
九條 外様 新家 230石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 樋口家 藤氏
(長良流
高倉)
高倉流
水無瀬
九條 外様 新家 200石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 六條家 源氏
(村上源氏)
久我 - 外様 旧家 265石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言→内大臣
子爵
羽林 久世家 源氏
(村上源氏)
久我 - 外様 新家 200石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 岩倉家 源氏
(村上源氏)
久我 一條 内々 新家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
公爵
羽林 千種家 源氏
(村上源氏)
久我 一條 内々 新家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 梅溪家 源氏
(村上源氏)
久我 鷹司 内々 新家 150石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 愛宕家 源氏
(村上源氏)
久我 - 内々 新家 130石 - 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 東久世家 源氏
(村上源氏)
久我 - 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議→中納言
伯爵
羽林 植松家 源氏
(村上源氏)
久我 一條 内々 新家 130石 生花 近衛少将→中将
・参議→中納言
子爵
羽林 庭田家 源氏
宇多源氏
- 一條 内々 旧家 350石 神楽 近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
伯爵
羽林 綾小路家 源氏
(宇多源氏)
庭田 九條 内々 旧家 200石 神楽・琵琶
・箏・笛
篳篥
・蹴鞠
近衛少将→中将
・参議→中納言
→大納言
子爵
羽林 大原家 源氏
(宇多源氏)
庭田 一條 内々 新家 蔵米30石
3人扶持
- 近衛少将→中将
・参議→中納言
伯爵
名家 日野家 藤氏
(真夏[25]
日野)
- 近衞 内々 旧家 1,153石 - 侍従弁官
蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→左大臣
伯爵
名家 廣橋家 藤氏
(真夏流
日野)
- 近衞 内々 旧家 858石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→内大臣
伯爵
名家 柳原家 藤氏
(真夏流
日野)
日野 近衞 内々 旧家 202石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→准大臣
伯爵
名家 烏丸家 藤氏
(真夏流
日野)
日野 一條 内々 旧家 1,004石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→内大臣
伯爵
名家 竹屋家 藤氏
(真夏流
日野)
広橋 近衞 外様 旧家 180石 挿花 弁官→中納言 子爵
名家 日野西家 藤氏
(真夏流
日野)
広橋 近衞 外様 新家 200石 - 侍従・弁官
(蔵人を兼任)
→中納言
子爵
名家 勘解由小路家 藤氏
(真夏流
日野)
日野 近衞 内々 新家 130石 - 侍従・弁官
→中納言→大納言
子爵
名家 裏松家 藤氏
(真夏流
日野)
日野 近衞 外様 新家 130石 - 侍従・弁官
(蔵人を兼任)
→中納言→大納言
子爵
名家 外山家 藤氏
(真夏流
日野)
日野 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 侍従→中納言→大納言 子爵
名家 豐岡家 藤氏
(真夏流
日野)
日野 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 中納言 子爵
名家 三室戸家 藤氏
(真夏流
日野)
日野 近衞 外様 新家 130石 - 大納言 子爵
名家 北小路家 藤氏
(真夏流
日野)
日野 - 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 参議 子爵
名家 甘露寺家 藤氏
(高藤[26]
勸修寺[27]
- 九條 内々 旧家 200石 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→内大臣
伯爵
名家 葉室家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
- 九條 内々 旧家 183石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→准大臣
伯爵
名家 勸修寺家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
- 一條 内々 旧家 708石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→内大臣
伯爵
名家 萬里小路家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
- 近衞 内々 旧家 390石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→内大臣
伯爵
名家 清閑寺家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
甘露寺 一條 内々 旧家 180石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
→内大臣
伯爵
名家 中御門家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
勸修寺 二條 内々 旧家 200石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
伯爵→侯爵
名家 坊城家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
勸修寺 九條 内々 旧家 180石 文章博士 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
伯爵
名家 芝山家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
勸修寺 近衞 内々 新家 蔵米100石 - 侍従・弁官(
蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
子爵
名家 池尻家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
甘露寺 一條 外様 新家 蔵米50石
3人扶持
- 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
子爵
名家 梅小路家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
甘露寺 一條 外様 新家 蔵米50石
3人扶持
- 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
子爵
名家 岡崎家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
勸修寺 二條 外様 新家 蔵米50石
3人扶持
- 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
子爵
名家 穗波家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
勸修寺 九條 外様 新家 蔵米50石
3人扶持
- 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言
子爵
名家 堤家 藤氏
(高藤流
勸修寺)
甘露寺 鷹司 外様 新家 蔵米50石
3人扶持
- 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言
子爵
名家 平松家 平氏
桓武平氏
西洞院 近衞 内々 新家 200石 - 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言→大納言
子爵
名家 長谷家 平氏
(桓武平氏)
西洞院 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言
子爵
名家 交野家 平氏
(桓武平氏)
西洞院 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 侍従・弁官
(蔵人頭を兼任)
→中納言
子爵
半家 高倉家 藤氏
(長良流
高倉)
- 近衞 内々 旧家 813石 装束 大納言 子爵
半家 富小路家 藤氏本流 二條殿
別流の家
近衞 内々 旧家 200石 - 非参議 子爵
半家 竹内家 源氏
清和源氏
- 近衞 外様 旧家 187石 - 非参議 子爵
半家 五辻家 源氏
(宇多源氏)
- 九條 内々 旧家 200石 神楽 非参議 子爵
半家 慈光寺家 源氏
(宇多源氏)
五辻 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 非参議 子爵
半家 白川家[28] 王氏・源氏
花山源氏
- 二條 内々 旧家 200石[29] 神祇伯 非参議 子爵
半家 西洞院家 平氏
(桓武平氏)
- 近衞 内々 旧家 260石 - 大納言 子爵
半家 石井家 平氏
(桓武平氏)
西洞院 近衞 外様 新家 130石 - 中納言 子爵
半家 高辻家 菅原氏 - 一條 外様 旧家 200石 文章博士 大納言 子爵
半家 唐橋家 菅原氏 - 九條 外様 旧家 182石 儒道
・文章博士
大納言 子爵
半家 五條家 菅原氏 高辻 一條 外様 旧家 200石 文章博士
相撲
大納言 子爵
半家 東坊城家 菅原氏 高辻 一條 外様 旧家 301石 - 大納言 子爵
半家 清岡家 菅原氏 高辻 一條 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 参議 子爵
半家 桑原家 菅原氏 高辻 一條 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 中納言 子爵
半家 舟橋家 清原氏 - 近衞 内々 旧家 405石 明経博士 非参議 子爵
半家 伏原家 清原氏 舟橋 九條 外様 新家 230石 - 非参議 子爵
半家 澤家 清原氏 舟橋 九條 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 非参議 伯爵
半家 土御門家 阿倍氏 - 近衞 外様 旧家 183石 天文道
陰陽頭
非参議 子爵
半家 倉橋家 阿倍氏 土御門 一條 外様 新家 150石 - 非参議 子爵
半家 藤波家 大中臣氏 - 一條 外様 旧家 172石 伊勢祭主
神祇大副
非参議 子爵
半家 吉田家 卜部氏 - 近衞 外様 旧家 766石 神祇管領長上[30]
・神祇大副
非参議 子爵
半家 萩原家 卜部氏 吉田 近衞 内々 新家 1,000石 - 非参議 子爵
半家 錦織家 卜部氏 吉田 近衞 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 非参議 子爵
半家 藤井家 卜部氏 - 鷹司 外様 新家 蔵米30石
3人扶持
- 非参議 子爵
半家 錦小路家 丹波氏 - 近衞 外様 旧家 蔵米30石
3人扶持
医道 非参議 子爵
半家 北小路家 大江氏[31] - 近衞 内々 旧家 100石 - 非参議 子爵

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 中納言を一旦辞任することなく、大納言に任ぜられることを「直任」といい、一時中納言を辞職してから大納言に任ぜられるより格上とされた。「宣任の例が多い」は、一度でも「直任」の例があることを指す(浅見雅男『華族誕生』)。
  2. ^ a b c d e 藤氏長者勧学院別当
  3. ^ 五摂家筆頭 陽明家と称す
  4. ^ 藤原北家御堂流
  5. ^ 桃華坊と称す
  6. ^ a b 源氏長者淳和院奨学院両別当
  7. ^ a b
    三條実房長男公房嫡流を継ぎ三條を称したが、三男の公氏も三條を称したため、嫡流を転法輪三條、公氏の流を正親町三條と呼び区別した。
  8. ^ 藤原公季
  9. ^ 閑院流
  10. ^ 藤原師実
  11. ^ 蔵米参照
  12. ^ 藤原魚名
  13. ^ 園池公屋正親町三条実昭猶子となったため、閑院流正親町三条庶流となった。
  14. ^ 藤原武智麻呂
  15. ^ 藤原南家
  16. ^ 藤原北家閑院流西園寺庶流の四辻公遠の子・四辻嗣良高倉範久の嗣子となり、高倉家を再興し、寛永14年(1637年)に高倉から藪に改姓した。以後、室町(四辻)家の血統により、室町流を称する。庶流に中園家・高丘家がある。この南家高倉流は、閑院家に従属している。
  17. ^ 藤原頼宗
  18. ^ 中御門流
  19. ^ 藤原長家
  20. ^ 御子左家
  21. ^ a b c d e 五堂上家
  22. ^ 藤原道隆
  23. ^ 藤原長良
  24. ^ 高倉永家の子・堀河親具は当初、水無瀬親氏の養子となっていたが、後に養父に実子が生まれ、疎んじられて家を追われたために出家し、東国徳川家康に寄寓した。天正13年(1585年)、家康が上洛した際に親具もこれに従って帰京し、家康の計らいで親具に堀河の家号が与えられて新家創設が許されたが、親具が出家していたために、代わって長男の堀河康胤に継がせて堀河家を興させた。後に次男の樋口信孝樋口家を創設した。血統上は高倉系であるが、水無瀬系庶流扱いとなる。
  25. ^ 藤原真夏
  26. ^ 藤原高藤
  27. ^ 勸修寺流
  28. ^ 是定王氏長者
  29. ^ 他に神祇領・神事料100石
  30. ^ これは官職ではなく吉田兼倶が用い始めた僭称である。
  31. ^ 弘化4年12月17日(1848年1月22日)に地下家から格上となった。俊常が六位蔵人の極﨟(最先任)を祖父から三代続けて勤めたことによる。なお、分家の北小路家は俊矩の代に半家に格上げされるものの、堂上昇進が遅れたため男爵にしかなれなかった。

関連項目[ソースを編集]