顕尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
顕尊・『集古十種』より

顕尊(けんそん、永禄7年1月22日1564年3月5日) - 慶長4年3月3日1599年3月29日))は、戦国時代浄土真宗の僧。興正寺第17世門主。は佐超。本願寺第11世門主顕如の次男。母は三条公頼の三女の如春尼。兄に教如、弟に准如。内室は冷泉為益の三女の祐心尼(元誠仁親王女房)。子に准尊。幼名は阿古丸。は花恩院、諡号は往還院。

4歳で興正寺16世証秀の養子となる。永禄11年(1568年)養父の死により興正寺を継承し、翌永禄12年(1569年正親町天皇より脇門跡とされる。天正3年(1575年)に実父顕如を戒師として正式に得度すると、直ちに法眼に任じられた。但し幼年のため、下間頼亮が補佐役を務めた。

石山合戦では、外部から父の籠る石山本願寺を支えて、安芸毛利輝元と図って兵糧を石山本願寺に運び入れる工作を行う。これが縁で顕尊の死後、息子の准尊が輝元の養女を妻に迎えている。

父が石山本願寺を退去するとこれに従い、紀伊鷺森和泉貝塚摂津大坂天満と移り住む。天正17年(1589年)に権僧正となり、2年後に父が豊臣秀吉の斡旋で京都七条本願寺を再興すると、その南隣に土地を与えられ興正寺を再建した。

父の死後の後継者争いでは、異母弟の准如を支援して自分の娘の阿古をその内室とした。

参考文献[編集]