九条道実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九条道実

九条 道実(九條 道實、くじょう みちざね、1870年1月16日(明治2年12月15日)- 1933年昭和8年)1月19日[1])は、日本の宮内官、政治家華族貴族院公爵議員

経歴[編集]

左大臣九条道孝の長男として生まれる[1][2]1889年イギリスに留学[3]。父の死去に伴い、1906年1月23日、公爵を襲爵して[1]貴族院公爵議員に就任し[4]火曜会に所属し死去するまで在任した[3]

1896年以降、式部官、掌典、同次長、侍従、掌典長などを務めた。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』上巻、537-538頁。
  2. ^ a b 『人事興信録』第7版、く2頁。
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』8頁。
  4. ^ 『官報』第2374号、大正9年7月1日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。