木辺孝慈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木邊 孝慈(きべ こうじ、1881年明治14年)4月11日 - 1969年昭和44年)1月23日)は、真宗木辺派の僧侶。男爵

西本願寺21世法主 明如(大谷光尊)の次男、22世法主 鏡如(大谷光瑞)の弟。妹に歌人九条武子がいる。

当時、真宗木辺派に後継者がいなかったので、17歳で本山・錦織寺に入り第20代法主を継ぐ。法隆寺佐伯定胤唯識の講義を受けている。学徳共に秀で人望も厚かった。1940年(昭和15年)、大日本仏教会初代会長となる。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第7157号「叙任及辞令」1907年5月11日。
  2. ^ 『官報』第4359号「叙任及辞令」1941年7月19日。


その他の役職
先代:
木辺淳慈
真宗木辺派
第20世
次代:
木辺宣慈
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
木辺家初代
1896年 - 1947年
次代:
華族制度廃止