彰義隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

彰義隊(しょうぎたい)は、幕末期の1868年慶応4年)、江戸幕府征夷大将軍であった徳川慶喜警護などを目的として渋沢成一郎天野八郎らによって結成された部隊。江戸幕府より江戸市中取締の任を受け江戸の治安維持を行ったが、戊辰戦争の一環である上野戦争明治新政府軍に敗れて解散した。

結成と経過[編集]

鳥羽・伏見の戦いの後、徳川慶喜は江戸城へと移っていた。1868年2月11日に新政府に対する恭順の意を表し、翌12日、上野寛永寺に蟄居した。

これに不満な幕臣本多敏三郎幕府陸軍調役の伴門五郎が11日に檄文を発し、有志へ会合を持ち掛けた。翌12日、集会場所に指定した雑司ヶ谷の酒楼「茗荷屋」には、一橋家ゆかりの者ら17名が集まり、寛永寺に謹慎した徳川慶喜の復権や助命について話し合った。2月17日には四谷鮫ヶ橋の円応寺に場所を移し、30名ほどで会合を行っている。

同月21日に開かれた会合には、一橋家に仕える幕臣の渋沢成一郎を招いただけでなく、幕臣以外にも有志を求めたため、諸藩の藩士や旧幕府を支持する志士までもが参加している。その結果、会合は組織へと変化し尊王恭順有志会が結成され、「尽忠報国」(国に報いて忠を尽くす)とともに「薩賊」の討滅を記した血誓書を作成した。

23日に浅草本願寺で行われた結成式では、阿部杖策の発案で「大義を彰(あきら)かにする」という意味の彰義隊と命名し、改めて血誓状を作成した。頭取には渋沢成一郎、副頭取には天野八郎が投票によって選出され、本多敏三郎と伴門五郎は幹事の任に付いた。天野は幕臣ではないものの胆力があり、隊士の支持を受けて中心人物となった。旧幕府は彰義隊の存在が新政府に対する軍組織と受け取られることを恐れ、また彰義隊と治安改善を願う江戸住民に対する懐柔を兼ねて江戸市中取締に任じた。結成の噂を聞きつけた旧幕府ゆかりの者のみならず、町人博徒侠客も参加し、隊が千名を超える規模になった。4月3日に本願寺から寛永寺へ拠点を移動している。

4月11日江戸城が無血開城し、徳川慶喜が水戸へと退去した。彰義隊士は慶喜を千住から下総松戸まで護衛を行ったが、彰義隊自体は寛永寺に止め置かれた。

慶喜が水戸へ移った後も、彰義隊は、寛永寺貫主を兼ね同寺に在住する日光輪王寺門跡公現入道親王を擁して、徳川将軍家霊廟守護を名目に、寛永寺を拠点として江戸に残り続けた。幕臣の勝海舟は武力衝突を懸念して彰義隊の解散を促したが、東征軍(明治新政府軍)と一戦交えようと各地から脱藩兵が参加し、最盛期には3000~4000人規模に膨れ上がる。渋沢成一郎は慶喜が江戸を退去したため、彰義隊も江戸を退去し日光へ退く事を提案したが、天野八郎は江戸での駐屯を主張したため分裂。天野派の隊士の一部が渋沢の暗殺を図ったため渋沢は彰義隊を離脱(渋沢が一時期軟禁されたとの説がある)、一時姿を隠していたが、同志とともに飯能(現:埼玉県飯能市)の能仁寺振武軍を結成し、独自に活動を展開した。渋沢の離脱に伴い彰義隊は隊を再編成したが、天野は頭並の地位に止まっている。

江戸開城以降、関東地方各地で旧幕府陸軍兵士等の盗賊と化し、幕府復興を名目に放火強盗を起こした。江戸では彰義隊の新政府への敵対姿勢が改まらず、彰義隊隊士の手で新政府軍兵士への集団暴行殺害が繰り返されていた。事態の沈静化を願った勝海舟ら旧幕府首脳は、彰義隊と同じく徳川慶喜の警護役をしていた幕臣・山岡鉄舟輪王寺宮の側近・覚王院義観と会談させ彰義隊への解散勧告を行った。しかし覚王院義観は彼を裏切り者と呼び、説得に応じなかった。京都の明治新政府は、関東の騒乱の原因の一つを彰義隊の存在と考えた。新政府は彰義隊に江戸警備の任務を与え懐柔しようとした勝海舟ら旧幕府首脳、また旧幕府首脳に江戸治安を委任していた東征軍の西郷隆盛から職務上の権限を取り上げ、彰義隊を討伐する方針を決定。京都から西郷隆盛に代わる統率者として大村益次郎が着任した。

新政府側は、1868年5月1日に彰義隊の江戸市中取締の任を解くことを通告、新政府自身が彰義隊の武装解除に当たる旨を布告した。これにより彰義隊との衝突事件が上野近辺で頻発[1]。軍務局判事(兼江戸府判事)として江戸に着任していた大村益次郎の指揮で武力討伐が決定、同14日に彰義隊討伐の布告が出される。

上野戦争[編集]

1868年7月4日(慶応4年5月15日未明、大村益次郎が指揮する政府軍は、寛永寺一帯に籠る彰義隊を[包囲]]し、雨中総攻撃を行った。午前中、新政府軍は上野山王台に陣した関宿藩卍隊の正確極まる激しい砲撃と屈強な彰義隊の抵抗に遭い、撃退された。しかし正午から肥前佐賀藩が保持する射程距離が長いアームストロング砲の砲撃が山王山に着弾し始め、午後は射程と圧倒的人数に勝る新政府軍が優勢に戦闘を進め、1日で彰義隊を撃破、寛永寺も壊滅的打撃を受けた。記録上の戦死者は彰義隊105名、新政府軍56名と言われている。

大村が立案した彰義隊殲滅作戦を実施するには50万もの大金が必要だった。この調達の為に大村は米国より軍艦「ストンウォールジャクソン号」購入の為の資金25万両をm交渉役の大隈重信から分捕り、更に江戸城内の徳川家の財宝を外国商人に売り払い、最終的には新政府の会計を司る由利公正に掻き集めさせた20万両を併せて、何とか50万両を揃えた。これにより作戦実地に必要な銃砲弾その他の物資を揃え開戦した。

渋沢成一郎が率いる振武軍は彰義隊の援護に赴いたが、行軍中に彰義隊の敗北を知り、敗兵の一部と合流して退却した。

上野戦争後[編集]

上野公園内にある彰義隊の墓

逃走した彰義隊残党の一部は、北陸常磐会津方面へと逃れて新政府軍に抗戦した。転戦を重ねて箱館戦争に参加した者もいる。

彰義隊の生き残りは厳しく詮議された。首魁の天野八郎は投獄後数ヶ月で死亡した。死因は肺炎とされる。江戸時代から明治時代初期にかけての牢獄は環境が劣悪で、囚人の生存率が低かった。改善されるのは明治の不平等条約改正運動以降のことである。上野で戦死したことにして故郷にも帰れず、明治時代を戸籍なしで送った者もいたという。太平洋戦争終戦時に内閣総理大臣を務めた鈴木貫太郎の叔父は彰義隊に参加した上級武士だった為に生死が徹底的に調査され、全国へ指名手配された。原田左之助は上野戦争で戦死したとされるが、家族に迷惑が掛かるのを心配し戦死した事にしたという説もある。獄中の彰義隊士が自由の身になったのは1869年(明治2年)である。新政府がとった彰義隊への処遇は徳川方の諸隊の中で最も厳しかったと言われるが、謹慎後に明治政府へと登用され官吏や重役に就いた者も少なくない。

捕縛後の天野の述懐の中に、戦闘中に隊を率い階段を駆け上がり、後ろを見たら誰もいなかったというものがある。彰義隊は江戸市民の旧幕府への追慕としての感情や威勢に立脚した集団で、新政府への対抗姿勢を示し、新政府兵士へ集団暴行・殺傷を繰り返した存在としては覚悟が足りず、実際の戦闘に直面すると逃亡する者が多かったことが、一日の戦闘での崩壊となったとする説もある。

江戸では彰義隊の壊滅後、特に戦闘も起こることもなく新政府要人が集団で移転して来た。さらに明治天皇を迎え、元号は明治へ、街の名前も江戸から東京へと変わり、明治新政府の首都としての歴史が始まった(東京奠都)。

なお戦闘後、上野には200名を超える彰義隊士の遺骸が残った。徳川家の菩提寺であった芝増上寺や縁故者等が引き取りを申し出たが、官はこれを容れなかったという。南千住(現:東京都荒川区)の円通寺の二十三世仏麿和尚と、寛永寺の御用商人であった三河屋幸三郎がこれを見兼ね、戦死者を上野で荼毘に付したうえ、官許を得て遺骨を円通寺に埋葬した(上野公園内「彰義隊墓表之来由」)。円通寺には近親者などが墓碑を相次ぎ建立、上野では1869年(明治2年)、寛永寺子院の寒末松院と護国院の住職が密かに「彰義隊戦死之墓」と刻んだ墓碑を地中に埋めたが、表立って彰義隊を供養することは憚られる状況が続いた。

1874年(明治7年)に元彰義隊士の小川興郷などの願が許可され、翌1875年(明治8年)に上野で彰義隊の墓が建立された。以降、小川家が墓守を務め、上野では大規模な法会が毎年営まれている。1881年(明治14年)には旧幕臣山岡鉄舟の筆になる「戦死之墓」を碑銘とする墓碑が新たに加わった。彰義隊を「賊軍」とみなす人々からの風当たりによる資金難、墓地の所有権を巡るトラブルなどはあったものの、戊辰戦争における立場を超えて彰義隊士を慰霊しようという環境は次第に好転し、現在に至っている。なお、上野戦争に参加した官軍側諸隊である山国隊の記録では、終戦の3日後から彰義隊の遺体処理を開始したとあり、また円通寺は大村益次郎からの指示で遺体の受け入れを行ったとの説があるなど、戦死者の処理については記録により差異がある。

彰義隊士の法要は長年、小川の志に協力した日蓮宗が担ってきた[2]2017年5月15日百五十回忌は、増上寺や寛永寺など都内5寺が宗派を超えて営んだ[3]

2018年7月には、「彰義隊子孫の会」が結成された[4]

幹部構成[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 慶応4年5月7日(1868年6月26日)午後だけで以下の3事件が起きたことが『復古記』に記載されている。
    • 方、根岸付近で薩摩藩兵3人が彰義隊士8人~9人と遭遇し、彰義隊の屯所へ連行されるのを拒否して戦闘になり、薩摩藩兵1人が斬殺されたが、彰義隊士2人を討ち果たし、6人に手傷を負わせた。彰義隊の応援が大勢駆け付ける中、残った薩摩藩兵2人は囲みを掻い潜って駒込大観音の前まで辿り着いたが、深手を負っており追手が迫っていたので、薩摩藩兵1人が切腹し、もう1人の藩兵も切腹しようとしている所を彰義隊士に鉄砲射殺された。
    • 同午後6時頃、体調不良で隊列から遅れた肥前藩士2人が、上野北大門町駕籠に乗って通りかかったところ、突如80人ほどの何者か分からない集団に斬りかかられ、止むを得ず応戦した。肥前藩士1人が斬殺され、もう1人の藩士は深手を負って午後9時頃に藩邸へ辿り着いた。
    国立国会図書館デジタルコレクション『復古記 第十冊』110頁~112頁 『復古外記』東海道戦記 第二十六 明治元年5月8日 「薩摩尾張肥前三藩、書ヲ大総督府ニ上リテ、藩兵、彰義隊ノスル所ト爲リシ状ヲ申ス。」 (編著者:太政官豊原資清 出版者:内外書籍 発行:昭和4年(1929年)9月15日) (2018年10月9日閲覧。)
  2. ^ 散った若者へ思いはせ 幕末の彰義隊 15日に150回忌法要”. 東京新聞夕刊2017年5月11日. 2017年5月18日閲覧。
  3. ^ 上野戦争 15日で150年 「彰義隊」慰霊で節目の法要 宗派超え都内5寺参加へ”. 毎日新聞ネット版2017年5月14日. 2017年5月18日閲覧。
  4. ^ 彰義隊鎮魂へ 子孫の会/来月シンポ「本当の姿知ってほしい」『読売新聞』朝刊2018年11月6日(都民面)。
  5. ^ 加来, pp. 150-151.
  6. ^ 加来, pp. 163-164.

関連項目[編集]