西郷寅太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西郷寅太郎

西郷 寅太郎(さいごう とらたろう、1866年8月21日慶応2年7月12日) - 1919年1月1日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐

経歴・人物[編集]

薩摩国鹿児島城上之園通町出生東京俘虜収容所長・習志野俘虜収容所長・貴族院議員等を務める。階級位階勲等功級爵位陸軍歩兵大佐従三位勲二等功五級侯爵陸軍大将西郷隆盛嫡男で、母は糸子。妻は園田実徳の子・信子。元帥海軍大将西郷従道侯爵は叔父にあたる。庶兄の菊次郎は宜蘭支庁郡守、京都市長等を務める。

1877年(明治10年)に父隆盛が戦死する。隆盛は西南戦争の首魁(しゅかい)として官位を褫奪され、一族は鹿児島で密かに暮らしていた。

1884年(明治17年)に吉井友実勝海舟等の働き掛けが功を奏し、明治天皇の思召しからポツダム陸軍士官学校留学を命ぜられ、13年もの間ドイツで学び、その間プロイセン陸軍少尉となる。帰国後陸軍戸山学校射撃科を経て1892年(明治25年)陸軍少尉に任じられる。1902年(明治35年)6月3日父隆盛の維新の功により侯爵を授かり華族に列せられ、貴族院議員(侯爵議員)に就任する。隆盛は大日本帝国憲法発布の大赦で赦され、隆盛に正三位が贈られた。

第一次世界大戦中の1914年(大正3年)11月11日東京俘虜収容所長に就任、1915年(大正4年)9月7日習志野俘虜収容所長に移る。1919年(大正8年)1月1日スペイン風邪による肺炎が元で在職中に薨去。同年1月5日特旨により従三位に叙せられる。墓所は東京都青山霊園

長男・隆幸は夭折。家督は次男の隆輝が継ぐが、隆輝に継嗣がいなかったため、その後を寅太郎の三男・吉之助が継ぐ。吉之助は貴族院議員・参議院議員となり法務大臣を務める。ちなみに、妻・ノブ(信子 隆幸・隆輝・吉之助の母)の父・園田実徳は武豊武幸四郎曾祖父・武彦七の兄にあたるため、彼らは遠縁関係となる。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5673号「授爵・叙任及辞令」1902年6月4日。
  2. ^ 『官報』第5688号「叙任及辞令」1902年6月21日。
  3. ^ 『官報』第5960号「叙任及辞令」1903年5月18日。
  4. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。
  5. ^ 『官報』第1222号・付録「叙任及辞令」1916年8月25日。

関連項目[編集]