観応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

観応(かんのう、かんおう)は、日本南北朝時代元号の一つ。北朝方が使用した。貞和の後、文和の前。1350年から1352年までの期間を指す。この時代の天皇は、北朝方が崇光天皇後光厳天皇。南朝方が後村上天皇室町幕府将軍は足利尊氏正平一統による4か月間の中断を経たのち復活している。

改元[編集]

出典[編集]

荘子』の「玄古之君、天下無為也、疏曰、以虚通之理、観応物之数、而无為」から。

観応年間の出来事[編集]

元年(南朝正平5年、1350年)
2年(南朝正平6年、1351年)
  • 1月、桃井直常が北国より入京し、尊氏らを播磨国へ駆逐する。高師冬が南朝に攻められ甲斐国で自殺する。
  • 2月、直義が摂津国打出浜で尊氏方を破り、高兄弟の引退を名目に和睦しする。上杉能憲が高兄弟を護送中に謀殺する。
  • 3月、足利直冬を鎮西探題に任命する。
  • 10月、尊氏が南朝へ降伏し、南朝から直義に対する追討令が出る。
  • 11月、崇光天皇が退位、「観応」が廃され、正平一統が成立する。
  • この頃高麗国沿岸で倭寇が活動し始める。
3年(南朝正平7年、1352年)
  • 閏2月、尊氏の将軍職を解く。北畠親房はじめ南朝方の諸臣・諸将が入京、北朝の光厳・光明・崇光の3上皇と崇光の皇太子直仁親王を南朝本拠の賀名生へ拉致する。
  • 3月、正平一統が破談、尊氏が「観応」の復活を宣言する。
  • 8月、光厳・光明両上皇の国母・広義門院治天の君となって伝国詔宣を行い、崇光上皇の弟・弥仁親王が践祚する(後光厳天皇)。

死去[編集]

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

観応元年(庚寅 一月※ 二月 三月※ 四月 五月※ 六月 七月 八月※ 九月 十月※ 十一月 十二月※
正平五年
ユリウス暦 1350/2/8 3/9 4/8 5/7 6/6 7/5 8/4 9/3 10/2 11/1 11/30 12/30
観応二年(辛卯 一月 二月※ 三月 四月※ 五月※ 六月 七月 八月※ 九月 十月 十一月※ 十二月
正平六年
ユリウス暦 1351/1/28 2/27 3/28 4/27 5/26 6/24 7/24 8/23 9/21 10/21 11/20 12/19
観応三年(壬辰 一月※ 二月 閏二月※ 三月※ 四月 五月※ 六月 七月※ 八月 九月 十月 十一月※ 十二月
正平七年
ユリウス暦 1352/1/18 2/16 3/17 4/15 5/14 6/13 7/12 8/11 9/9 10/9 11/8 12/8 1353/1/6

関連項目[編集]