真宗大谷派井波別院瑞泉寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真宗大谷派
井波別院瑞泉寺
InamibetsuinZuisenji.JPG
本堂
所在地 富山県南砺市井波3050
位置 北緯36度33分30.55秒 東経136度58分19.92秒 / 北緯36.5584861度 東経136.9722000度 / 36.5584861; 136.9722000座標: 北緯36度33分30.55秒 東経136度58分19.92秒 / 北緯36.5584861度 東経136.9722000度 / 36.5584861; 136.9722000
山号 杉谷山
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
寺格 別院
本尊 阿弥陀如来
創建年 明徳元年(1390年)
開基 綽如
文化財 重要文化財
後花園天皇宸翰消息
綽如上人勧進状
重要美術品
聖徳太子絵伝
【富山県指定文化財】
山門
木造阿弥陀如来立像
公式HP 真宗大谷派 井波別院 瑞泉寺
地図
真宗大谷派井波別院瑞泉寺の位置(富山県内)
真宗大谷派井波別院瑞泉寺
法人番号 7230005005188
テンプレートを表示
太子堂

真宗大谷派井波別院瑞泉寺(しんしゅうおおたにはいなみべついんずいせんじ)は、富山県南砺市井波にある真宗大谷派寺院である。同派の別院真宗本廟(東本願寺)本山と仰ぐ。「井波別院」、「瑞泉寺」と略称で呼ばれる。山号は「杉谷山(すぎたにさん)」。

戦国時代には、越中一向一揆の拠点とされ、伽藍は堅牢な石垣に囲まれている。瑞泉寺の建物の彫刻は、全て木彫刻産業が盛んな、南砺市井波の井波彫刻職人の手によって飾られている。

概要[編集]

境内の聖徳幼稚園(2014年8月)

明徳元年(1390年)、本願寺第五代綽如により建立される[1]

天正9年(1581年)、顕秀の下、織田信長の北陸方面軍佐々成政の軍勢と戦うが焼き討ちに遭い、堂宇を焼失する[1]

慶長7年(1602年)、本願寺の分立により「准如を十二世法主とする本願寺教団」[注 1]に属する。

慶安2年(1649年)、「教如を十二代法主とする本願寺教団」[注 2]に転派する[1]

明治12年(1879年)、火災で大門(山門)などを残して主要伽藍を焼失[2]。その後、明治18年(1885年)に本堂[3]大正7年(1918年)に太子堂が再建された[4]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
  • 紙本墨書後花園天皇宸翰消息
  • 紙本墨書綽如上人勧進状
重要美術品(国認定)
  • 絹本著色聖徳太子絵伝 8幅
富山県指定有形文化財
  • 山門
  • 木造阿弥陀如来立像

所在地[編集]

井波の町並み

富山県南砺市井波3050

開門・閉門時間[編集]

  • 開門 - 8時30分[5]
  • 閉門 - 16時30分[5]

拝観料[編集]

  • 一般300円、中学生200円、小学生100円[5]

アクセス[編集]

近隣情報[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 『年表でみる井波瑞泉寺』 千秋謙治、桂書房、2014年ISBN 978-4-905345-67-1
  • 『井波別院瑞泉寺誌』 井波別院瑞泉寺、井波別院瑞泉寺、2009年

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 准如を十二世法主とする本願寺教団。現在の浄土真宗本願寺派。本山・本願寺(西本願寺)
  2. ^ 教如を十二代法主とする本願寺教団。現在の真宗大谷派。本山・真宗本廟(東本願寺)

出典[編集]

  1. ^ a b c 井波別院瑞泉寺 2009, p. 22.
  2. ^ 千秋謙治 2014, p. 98.
  3. ^ 井波別院瑞泉寺 2009, p. 23.
  4. ^ 千秋謙治 2014, p. 116.
  5. ^ a b c 井波別院瑞泉寺. “拝観のご案内”. 2014年8月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]