徳川将軍家御台所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳川将軍家御台所(とくがわしょうぐんけみだいどころ)では、徳川将軍家御台所について扱う。

御台所とは大臣将軍の妻に対して用いられる敬称で、江戸時代においては主に江戸幕府将軍正室の呼称として用いられていた。

御台所の立場[編集]

将軍正室として大奥一の立場にあった御台所は、征夷大将軍となった時点で既に正室がいなかった初代将軍家康、幕府成立以前の豊臣秀吉存命中に正室江(江与)を迎えた2代将軍秀忠は別として、大奥の制度が確立されて以降、皇室公家摂家)から迎えるのが慣例となっていた。11代家斉御台所の寔子と13代家定御台所の敬子島津家出身であるが、両人とも近衛家の養女となった上で公家の姫として輿入れしている。これは、御台所に格式が求められたためなされた処置であると考えられる[1]

また、正式の側室を持たなかった2代秀忠御台所のお江与の方が3代将軍家光の生母となった以外、将軍生母となった御台所はいない。これは、皇室や公家の外戚を持つ将軍が生まれないよう、大奥が管理していたからともされる。

御台所は大奥の主宰者であるが、江戸時代前期の大奥における実権は御年寄上臈御年寄などの老女や世継ぎを産んだ側室、将軍生母や将軍乳母などが握っていたため、御台所としての本来の立場を維持していた例は少ない。実際、実権を持っていた御年寄や側室たちには、女中たちの居住区「長局向」とは別に独立した住まいを与えられていた。

しかし、6代家宣の時代に改革がなされて、御年寄や側室の住居は「長局向」だけに留められた。更に側室の位置づけがあくまでも臣下とされるようになり、御台所は側室の産んだ子の嫡母の待遇を受けるようになるなど、御台所の扱いは大きく改善されていった。生母に対しても、将軍家内での順位は生母が最も低いため、御台所の権威を生母が揺るがすことはなかった[2]

夫たる将軍が亡くなった場合は落飾して西丸へと移り、将軍の菩提を弔い余生を過ごすこととなっていた。それでも時代によっては多大な影響力を保持し続けた例もある[3]。ちなみに正室によっては、立場上の問題や大奥入りしなかったために御台所と呼称されなかった者もいる[4]。例えば3代将軍・家光の正室である鷹司孝子は、家光と不仲のため別居をして、大奥ではなく中之丸御殿に住居したため、「御台様」ではなく「中の丸殿」と呼ばれ、世子家綱(4代将軍)の嫡母の扱いもなされなかった。

大奥での生活[編集]

御台所の住まう場所は、大奥「御殿向」の北西にある「松御殿」ないし「新御殿」と呼ばれる場所だった[5]。居間に当たるのは「御上段」・「御下段」・「御休息」で、「御切形の間」が寝所に当たる。日常生活において、御台所が手を動かすことと言えば食事の時くらいで、その他の、爪切り、お召し替えなどでは全て女中たちが代わりに手を動かしてくれた。1回の食事のためにいつも10人前が用意され、そのうち2人前はお毒見役のための毒見用である。毒見を通過した御膳のうち、御台所が実際に食べるのはわずかに2人前(どの料理にも2箸しか手をつけず、もう1人前がおかわりの分だった)であり、残りの6人前は食事当番の女中が食べた。お召し替えは1日に5回。入浴、朝食前の「お朝召し」、総触れ(毎朝行なわれる将軍への謁見)前の「総触れ召し」、「お昼召し」、「お夕方召し」、「お寝召し」とがあった。

徳川将軍家正室一覧[編集]

名前(別名、法号等) 夫たる将軍 続柄
築山殿* 初代家康 関口親永
朝日姫(南明院)* 初代家康(継室) 竹阿弥女、豊臣秀吉
小姫* 二代秀忠 織田信雄女、豊臣秀吉養女
(小督、江与、崇源院) 二代秀忠(継室) 浅井長政女、豊臣秀吉養女
鷹司孝子(本理院) 三代家光 鷹司信房
浅宮顕子(高厳院) 四代家綱 伏見宮貞清親王
鷹司信子(浄光院) 五代綱吉 鷹司教平
近衛熙子(天英院) 六代家宣 近衛基熙
八十宮吉子(浄琳院宮) 七代家継(家継夭折のため婚約に留まる) 霊元天皇皇女
真宮理子(寛徳院)* 八代吉宗 伏見宮貞致親王
比宮増子(証明院) 九代家重 伏見宮邦永親王
五十宮倫子(心観院) 十代家治 閑院宮直仁親王
近衛寔子(広大院) 十一代家斉 島津重豪女、近衛経熙養女
楽宮喬子(浄観院) 十二代家慶 有栖川宮織仁親王
鷹司任子(天親院)* 十三代家定 鷹司政熙女、鷹司政通養女
一条秀子(澄心院)* 十三代家定(継室 一条忠良
近衛敬子(篤姫、天璋院) 十三代家定(継々室) 島津忠剛女、島津斉彬養女、近衛忠熙養女
和宮親子(静寛院宮) 十四代家茂 仁孝天皇皇女孝明天皇
一条美賀子(貞粛院) 十五代慶喜 今出川公久女、一条忠香養女

出生の子が将軍になった人物は名前を太字で、出生の子がいる(将軍にはなれず)の場合は斜字、夫の将軍就任前に死去した(正式に御台所になっていない)場合には*で表示

御台所町[編集]

1657年明暦3年)1月に発生した明暦の大火ののち、江戸幕府の都市整備に伴い神田明神の近くに御台所賄方の役人の屋敷が集められた。その後、1869年(明治2年)には神田明神下御台所町と呼ばれるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 秀忠御台所の江も太閤(前関白)豊臣秀吉の養女だったので、格式の点では以後の摂家出身(養女を含む)の御台所と同等であったといえる。
  2. ^ とはいえ、江戸時代全体を通して、御台所不在の期間が100年近くあった。その間の実権は老女や側室が握っていた。
  3. ^ 顕著な例は6代将軍正室・天英院と、13代将軍正室・天璋院である。天英院は、6代将軍家宣の遺言として8代将軍に紀州吉宗を指名した。天璋院は、将軍不在時に老中たちに登城を命じたり、無血開城直前には和宮と共に大奥発の最初で最後の「御触れ」を出した。
  4. ^ 14代将軍・家茂の正室である和宮は内親王であるため「御台様」の呼称が「和宮様」に改められた。また、15代将軍・慶喜正室である一条美賀子は、慶喜が大阪で将軍宣下を受けていたことや当時の状況を慮って江戸城に移らなかった。
  5. ^ あるいは「御守殿」と表記されている場合もある。参照:「弘化期以降の記述史料からみた江戸城本丸御殿大奥御殿向における女中の役務空間」

関連項目[編集]