九条道房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
九条道房

九条 道房(くじょう みちふさ、慶長14年8月13日 (1609年9月11日) - 正保4年1月10日 (1647年2月14日))は、江戸時代前期の公家藤原氏摂関家九条流九条家の当主。摂政左大臣に昇った。初名は忠象(ただかた)。徳川家光の甥にあたる。

九条幸家の次男として生まれる。母は豊臣完子。元和元年(1615年従三位に叙せられ、以後も昇進を続ける。

正保4年(1647年)に摂政となるが、その5日後に薨去した。享年39。

正室は鶴姫松平忠直の娘)。なお、道房と鶴姫は従兄妹である(母親同士が異父姉妹)。

子は5女があり、婿養子九条兼晴の正室待姫のほか、愛姫(浅野綱晟室)、令姫(東本願寺常如光晴室)、梅姫(松平綱賢室)、八代姫(浅野綱晟継室)。

官位官職経歴[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本史諸家系図人名辞典』(小和田哲男、講談社2003年
  • 『広島市史』(広島市役所、名著出版、1972年