吉山明兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉山明兆
Minchō self‐portrait.jpg
自画像
生誕 1352年
淡路国津名郡物部庄
死没 (1431-09-26) 1431年9月26日(79歳没)
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 仏画頂相水墨画
この人に影響を
受けた芸術家
雪舟[1]

吉山 明兆(きつさん みんちょう、正平7年/文和元年(1352年) - 永享3年8月20日1431年9月26日))は、室町時代前・中期の臨済宗画僧

生涯[編集]

淡路国津名郡物部庄(現:兵庫県洲本市物部)出身。西来寺(現:兵庫県洲本市塩屋2丁目)で出家後、臨済宗安国寺(現:兵庫県南あわじ市八木大久保)に入り、東福寺永明門派大道一以の門下で画法を学んだ。その後、大道一以に付き従い東福寺に入る。周囲からは禅僧として高位の位を望まれたが、画を好む明兆はこれを拒絶して、初の寺院専属の画家として大成した。作風は、北宋李竜眠代の仏画を下敷きにしつつ、輪郭線の形態の面白さを強調し、後の日本絵画史に大きな影響を与えた。第4代将軍足利義持からもその画法を愛されている。僧としての位は終生、仏殿の管理を務める殿主(でんす)の位にあったので、兆殿主と称された。1431年、死去。享年80。

東福寺には、『聖一国師像』や『四十八祖像』、『寒山拾得図』、『十六羅漢図』、『大涅槃図』など、多くの著名作品がある。東福寺の仏画工房は以前から影響力を持っていたが、明兆以後は東福寺系以外の寺院からも注文が来るようになり、禅宗系仏画の中心的存在となった。工房は明兆没後も弟子達によって受け継がれ、明兆画風も他派の寺院にも広まって、室町時代の仏画の大きな流れとなってゆく。弟子に霊彩赤脚子など。

代表作[編集]

渓陰小築図(部分)

「渓陰小築図」以外は全て重要文化財

  • 円爾弁円聖一国師)像](京都・東福寺)一幅 紙本著色
  • 円鑑禅師像(京都・東福寺)一幅 絹本著色 京都国立博物館寄託
  • 在先和尚像(京都・東福寺)一幅 絹本著色
  • 春屋妙葩像(京都・光源院)一幅 絹本著色 永楽2年(1404年
  • 白衣観音図(京都・天性寺)一幅 絹本墨画
  • 白衣観音図(静岡MOA美術館)一幅 紙本墨画淡彩 応永32年(1425年
  • 釈迦三尊・三十祖像〈京都・鹿苑寺〉7幅 絹本著色 応永33年(1426年
  • 四十祖像〈京都・東福寺)40幅 紙本著色 応永34年(1427年)
  • 達磨蝦蟇鉄拐図〈京都・東福寺〉3幅 紙本淡彩 京都国立博物館寄託(3幅のうち蝦蟇・鉄拐図は顔輝の絵図を模写したもの)
  • 大涅槃図(京都・東福寺)縦15m 横8m 日本最大の涅槃図 応永15年(1408年

伝明兆作品[編集]

両作は、元々東福寺に伝わり、1幅に羅漢10人ずつ描いた計50幅の作品だったが、数度の散逸を経たため、このような所蔵状態になっている。東福寺本の内20幅は京都国立博物館に寄託されている。明兆がこの大作に没頭している時、彼の老母が病に臥せっていたが、この画事のため帰郷できず、かわりに自画像を描いて母に送ったという逸話が残る。この原本は残っていないが、東福寺には住吉広行による模本がある。

脚注[編集]

  1. ^ “明兆”. 朝日新聞 (淡路). (2012年8月21日). オリジナル2017年7月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170710201838/https://kotobank.jp/word/%E6%98%8E%E5%85%86-140137 2017年7月11日閲覧。 

参考資料[編集]

  • 海老根聰郎 『日本の美術333 水墨画─黙庵から明兆へ』 至文堂、1994年

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、吉山明兆に関するカテゴリがあります。