国宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神社建築:宇治上神社本殿覆屋(宇治市)
寺院建築:法隆寺金堂・五重塔(斑鳩町)
城郭建築:姫路城連立天守(姫路市)
絵画:源氏物語絵巻(徳川美術館
彫刻:臼杵磨崖仏(阿弥陀三尊像)
工芸品:天寿国繍帳中宮寺
書跡・典籍:秋萩帖(東京国立博物館)
古文書:弘法大師筆尺牘「風信帖」(東寺
考古資料:人物画像鏡(隅田八幡神社
歴史資料:慶長遣欧使節関係資料のうちローマ市公民権証書(仙台市博物館

国宝(こくほう、英語: national treasures)とは、日本の文化財保護法によって国が指定した有形文化財(重要文化財)のうち、世界文化の見地から価値の高いものでたぐいない国民たるものであるとして国(文部科学大臣)が指定したものである(文化財保護法第27条第2項)。建造物絵画彫刻工芸品書跡典籍古文書考古資料および歴史資料が指定されている。

法的には、国宝は重要文化財の一種である。国宝・重要文化財の指定手続、指定制度の沿革などについては、重要文化財の項を参照。

なお、いわゆる「人間国宝」とは重要無形文化財に指定された芸能、工芸技術などの保持者として各個認定された者の通称である。

国宝の件数[編集]

国宝の指定件数[編集]

2016年平成28年)8月指定分までを含めた国宝の指定件数は以下のとおりである。

  • 建造物 223件(282棟)(2016年2月9日指定分まで)[1]
  • 美術工芸品 878件(2016年8月17日指定分まで)(以下内訳)[2]
    • 絵画 160件
    • 彫刻 131件
    • 工芸品 253件
    • 書跡・典籍 225件
    • 古文書 60件
    • 考古資料 46件
    • 歴史資料 3件

なお以上の数字は指定の「件数」であって、「点数」ではない。京都・醍醐寺の醍醐寺文書聖教(もんじょしょうぎょう)69,378点、京都府立総合資料館が保管する東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)24,067通のように員数の多いものも件数としては「1件」と数えている。

国宝の所在不明件数[編集]

2016年(平成28年)3月末時点の文化庁の最新の調査結果により、2014年7月時点で重要文化財に指定されていた美術工芸品10,524件のうち、個人所有者の転居・死亡・盗難などにより所在不明と判明したものが172件、追加確認が必要なものが58件となっている。所在不明172件のうち国宝は2件(いずれも刀剣)、追加確認が必要なもの58件のうち国宝は7件となっている[3]

「旧国宝」と「新国宝」[編集]

「国宝」という語の指す意味は文化財保護法施行(1950年(昭和25年))以前と以後とでは異なっている。文化財保護法施行以前の旧法では「国宝」と「重要文化財」の区別はなく、国指定の有形文化財(美術工芸品および建造物)はすべて「国宝」と称されていた。

「国宝」(national treasures, 国民/民族の宝物)の概念はアーネスト・フェノロサが考えたものだが、法令上、「国宝」の語が初めて使用されたのは1897年(明治30年)の古社寺保存法制定時である。同法の規定に基づき、1897年(明治30年)12月28日付けで初の国宝指定が行われた。その後1929年(昭和4年)には古社寺保存法に代わって国宝保存法が制定され、同法は文化財保護法が施行される1950年(昭和25年)まで存続した。古社寺保存法および国宝保存法の下で指定された「国宝」は1950年(昭和25年)現在で宝物類(美術工芸品)5,824件、建造物1,059件に及んだ。これらの指定物件(いわゆる「旧国宝」)は文化財保護法施行の日である1950年(昭和25年)8月29日付けをもってすべて「重要文化財」に指定されたものと見なされ、その「重要文化財」の中から「世界文化の見地から価値の高いもの」で「たぐいない国民の宝」たるものがあらためて「国宝」に指定されることとなった。混同を避けるため旧法上の国宝を「旧国宝」、文化財保護法上の国宝を「新国宝」と通称することがある。文化財保護法による、いわゆる「新国宝」の初の指定は1951年(昭和26年)6月9日付けで実施された。

以上のように「旧国宝」「新国宝」「重要文化財」の関係が錯綜しているため、「第二次世界大戦以前には国宝だったものが、戦後は重要文化財に格下げされた」と誤って理解されることが多い。旧法(古社寺保存法、国宝保存法)における「国宝」(旧国宝)と新法(文化財保護法)における「重要文化財」は国が指定した有形文化財という点で同等のものであり、「格下げ」されたのではない。また、文化財保護法によって国宝(新国宝)に指定された物件のうち、重要文化財に「格下げ」された例は1件もない。

国宝指定の対象[編集]

文化財保護法による国宝の指定対象となるものは有形文化財であり、具体的には建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書、考古資料、歴史資料である(同法第2条第1項第1号参照)。したがって、古墳、貝塚、住居跡などは国宝指定の対象とはなっていない。ちなみに奈良県・高松塚古墳の場合は古墳自体は同法第109条第2項に基づき「特別史跡」に指定され、石室内の壁画が「絵画」として国宝に指定されている。

なお、文化財保護法第2条第1項第1号の「これらのものと一体をなしてその価値を形成している土地その他の物件を含む」という規定に基づき、国宝建造物とともに「土地」が併せて指定される場合がある。建造物が周辺の土地を含んで国宝に指定されている例としては清水寺本堂(京都府)、宇治上神社本殿(京都府)、浄土寺本堂(広島県)がある。

「国宝○○寺」あるいは「国宝○○城」のような表記がまま見られるが、厳密に言えば寺院や城郭全体が国宝に指定されているのではなく、指定の対象はあくまでも個々の建造物である。姫路城の場合を例にとれば、国宝指定物件は4棟の天守とそれらをつなぐ4棟の渡櫓(わたりやぐら)のみであって、これら以外の櫓、門、塀などは重要文化財となっている。

有形文化財でありながら国宝・重要文化財の指定対象とされていないものに、皇室関係品がある。御物(ぎょぶつ、皇室の私有品)および宮内庁(書陵部、三の丸尚蔵館、京都事務所、正倉院事務所)管理の文化財は文化財保護法による国宝、重要文化財、史跡、特別史跡等の指定の対象外となっている。これらを国宝等の指定対象外とするということは文化財保護法に明文規定があるわけではなく、第二次世界大戦以前からの慣例となっている。したがって正倉院宝物、桂離宮修学院離宮などは国宝の指定対象となっていない。例外は正倉院の建物で、「古都奈良の文化財」の世界遺産登録を期に1997年(平成9年)に「正倉院正倉 1棟」として国宝に指定されている。これは世界遺産登録の前提条件として登録物件が所在国の法律により文化財として保護を受けていることが求められるため、例外的措置として指定されたものであった(詳しくは正倉院#国宝指定の経緯の項を参照)。

ジャンル別の指定物件概要[編集]

以下の説明は、2014年(平成26年)現在の指定状況を元にしている。

建造物の部[編集]

近世建築:瑞龍寺仏殿
近代建築:旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)

2014年(平成26年)現在国宝の建造物は、近世以前が219件(内訳:神社39件、寺院155件、城郭8件、住宅14件、その他3件)、近代が2件(内訳:産業・交通・土木1件、住居1件)の合計221件である。

なお、近世以前で言う「住宅」は城郭の御殿、社寺の書院、客殿などを指し、「民家」は町屋、農家などを指す。民家の国宝指定物件はない。

1967年(昭和42年)に法隆寺綱封蔵が指定されて以後、国宝建造物の新規指定は30年間にわたり行われていなかったが、1997年(平成9年)には正倉院正倉(奈良)と瑞龍寺仏殿・法堂・山門(富山)が指定された。正倉院正倉の国宝指定は「古都奈良の文化財」がユネスコの世界遺産として登録されるにあたっての措置であった一方、瑞龍寺仏殿・法堂・山門の国宝指定は、昭和50年代から行われてきた近世社寺建築調査によって、近世社寺建築の評価が進んだためであり、この指定以降、2002年(平成14年)の知恩院本堂・三門(京都)、2004年(平成16年)の長谷寺本堂(奈良)、2005年(平成17年)の東大寺二月堂(奈良)、2008年(平成20年)の青井阿蘇神社本殿・廊・幣殿・拝殿・楼門(熊本)の指定など、近年は近世建築の国宝指定が目立っている。

また、洋風建築の国宝は長らく大浦天主堂(長崎)のみであったが、2009年(平成21年)には近代の建造物としては初めて旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)が指定された。

異色の指定物件としては元興寺(奈良)と海龍王寺(奈良)の五重小塔がある。元興寺塔は高さ5.5メートル、海龍王寺塔は4メートルほどの小品で、当初から屋内に置かれたものだが工芸品ではなく建造物として国宝に指定されている。

絵画の部[編集]

国宝指定物件には仏画、絵巻物、肖像画、水墨画、障壁画など各種のものがある。古墳壁画では高松塚古墳壁画が2012年(平成24年)現在、唯一の指定物件である。平等院鳳凰堂壁扉画、醍醐寺五重塔初層壁画、室生寺金堂壁画のように、国宝建造物の一部が「絵画」としても国宝に指定されているものもある。日本の作品だけでなく、古くから伝来していた中国(宋・元)の絵画で国宝に指定されているものも多い。作品が国宝に指定されている画家としては、日本人では雪舟狩野正信狩野永徳長谷川等伯俵屋宗達尾形光琳円山応挙池大雅与謝蕪村渡辺崋山浦上玉堂など、中国では梁楷、李迪、徽宗皇帝などが挙げられる。なお2014年(平成26年)現在、浮世絵の国宝指定物件はない。

厳島神社平家納経は「書跡・典籍」の部ではなく「絵画」の部で国宝に指定されている。同様に経典でありながら「絵画」の部で指定されているものとしては「扇面法華経冊子」(四天王寺東京国立博物館)、「白描絵料紙金光明経」(京都国立博物館)などがある。これらは、経典そのものよりも下絵の絵画の方に資料的・美術的価値を認められたものである。

彫刻の部[編集]

国宝指定物件はすべて仏教・神道関係で仏像・神像がそのほとんどを占め、時代的には鎌倉時代までの作品に限られている。異色の指定品としては平等院鳳凰堂本尊阿弥陀如来の頭上の天蓋があり、単独で「彫刻」の部の国宝に指定されている。

国宝彫刻はそのほとんどを寺社が所有しているが、例外として奈良・奈良国立博物館保管の薬師如来坐像(京都・若王子社旧蔵)、東京・大倉集古館(大倉文化財団)所有の木造普賢菩薩騎象像(伝来不明)、大分・臼杵市所有の臼杵磨崖仏がある。

工芸品の部[編集]

金工漆工染織陶磁刀剣甲冑など各種のものがあり、このうち刀剣類が全体のほぼ半数を占めている。金工は梵鐘、仏具など仏教関連のものが多い。漆工は硯箱、手箱などがあり、日本漆工の特色である蒔絵螺鈿を併用した作品が多い。染織は袈裟類のほか奈良国立博物館の刺繍釈迦如来説法図、当麻寺の綴織当麻曼荼羅図など、やはり仏教関連のものが多い。陶磁器については国宝指定物件は比較的少ない。少ない指定物件の中では曜変天目茶碗静嘉堂文庫ほか)など、中国製品の多いのが目立つ(2013年現在、全14件中、中国製は8件を占める)。刀剣は太刀、短刀などの刀身のみ指定されているものと、飾剣(かざりたち)のようにおもに外装が指定対象になっているものとがある。このほか、1つのジャンルに納まらないものに熊野速玉大社厳島神社鶴岡八幡宮などの「古神宝類」がある。これらは各神社の祭神に奉納された衣服調度類一括で、1件のうちに染織、漆工、刀装具など各種のものを含む。

書跡・典籍の部[編集]

「書跡」は宸翰、和漢名家筆跡、古筆墨跡法帖等で書道史上の遺品を指す。「典籍」は経典、物語、和歌集、歴史書などの著作物のことでこの中には高野切本(こうやぎれぼん)古今和歌集のように書道史上貴重な遺品も含まれるが、書道史上の価値よりも文学作品・歴史書などの古伝本・テキストとしての価値が評価されて指定されたものも多い。絵画と同様、中国からの渡来品の指定も多く、その中には写本だけでなく宋時代の刊本も多数含まれている。

古文書の部[編集]

「こもんじょ」と読む。かつては古文書類も「書跡・典籍」の部に含まれていたが、1985年(昭和60年)度から「書跡・典籍」の部と「古文書」の部は別個に指定されるようになり、既指定物件についても「書跡・典籍」と「古文書」とにあらためて区分されている。古文書の部に分類されている物件には厳密な意味での「文書」(特定の発信元と宛て先があり、何らかの目的を達するために作成するもの)だけではなく、日記などの記録類をも含む。既指定物件には書状(手紙)類が多く、その他、東大寺文書、東寺百合(ひゃくごう)文書、島津家文書、上杉家文書などの一括文書、寺院の資材帳、日記、祈願文、遺告(遺言)、系図などがある。空海最澄藤原佐理などの書状は、古文書としての史料的価値とともに、書道史上においても貴重な遺品である。

異色の指定品としては京都・妙法院の「ポルトガル国印度副王親書」、栃木・笠石神社の那須国造碑などがある。

→ その他の指定例は 国宝一覧#古文書の部 を参照。

考古資料の部[編集]

縄文弥生古墳の各時代の出土品のほか、経塚遺物や墓誌など歴史時代に入ってからのものも多い。もっとも時代が降るのは東京・普済寺の「石幢」で、南北朝時代のものである。

歴史資料の部[編集]

この分野の国宝指定は歴史が浅く2016年8月現在、指定件数は以下の3件である。

  • 慶長遣欧使節関係資料(仙台市博物館蔵、2000年(平成12年)指定)
  • 琉球王国尚家関係資料(沖縄・那覇市歴史博物館、2006年(平成18年)指定)
  • 伊能忠敬関係資料(千葉・香取市蔵、伊能忠敬記念館保管、2010年(平成22年)指定)

2010年以降に指定された国宝の一覧[編集]

国宝は文化財保護法施行直後の1950年代から1960年代に集中的に指定され、以降は年に数件の指定に留まっている。参考までに2010年代以降の指定物件を挙げる。

2010年(平成22年)指定
2012年(平成24年)指定
2013年(平成25年)指定
  • 木造阿弥陀如来坐像・木造不動明王二童子立像・木造毘沙門天立像 運慶作 5躯(静岡・願成就院
  • 木造騎獅文殊菩薩及脇侍像 快慶作 4躯(奈良・文殊院
  • 醍醐寺文書聖教 69,378点(京都・醍醐寺
  • 鑁阿寺本堂 1棟(栃木・鑁阿寺)
2014年(平成26年)指定
  • 土偶 長野県中ッ原遺跡出土 1箇(長野・茅野市
  • 本願寺阿弥陀堂 1棟(京都・本願寺
  • 本願寺御影堂 1棟(京都・本願寺)
  • 富岡製糸場 3棟(繰糸所、東置繭所、西置繭所)(群馬・富岡市
2015年(平成27年)指定
  • 松江城天守1棟(島根・松江市所有)
  • 木造虚空蔵菩薩立像(京都・醍醐寺)
  • 木造弥勒仏坐像(奈良・東大寺)
2016年(平成28年)指定
  • 石清水八幡宮本社10棟(京都・石清水八幡宮
  • 紙本金地著色洛中洛外図 岩佐勝以筆(東京国立博物館)
  • 木造叡尊坐像・像内納入品(奈良・西大寺)
  • 黒韋威胴丸(奈良・春日大社)
  • 称名寺聖教16,692点・金沢文庫文書4,149通(神奈川・称名寺)

国宝の存在しない県[編集]

2014年(平成26年)現在国宝の存在しない県は徳島県宮崎県の2県である。ただし五島美術館が所蔵する日向国西都原古墳出土金銅馬具類は宮崎県西都市で出土したものである。

以前国宝が存在しなかった沖縄県では2006年(平成18年)に琉球王国尚家関係資料が、北海道では2007年(平成19年)に土偶が、熊本県では2008年(平成20年)に青井阿蘇神社本殿他が、群馬県では2014年(平成26年)に旧富岡製糸場がそれぞれ国宝に指定された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 文化庁文化財部「新指定の文化財」『月刊文化財』633、第一法規、2016、p.8
  2. ^ 文化庁文化財部「新指定の文化財」『月刊文化財』621、第一法規、2015、p.4
  3. ^ 国指定文化財(美術工芸品)の所在確認の現況について (PDF)”. 文化庁 (2016年5月13日). 2016年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]