金地院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金地院
Konchi-in2.JPG
鶴亀の庭
所在地 京都府京都市左京区南禅寺福地町86-12
位置 北緯35度0分37.02秒
東経135度47分25.56秒
宗派 臨済宗南禅寺派
寺格 南禅寺塔頭
本尊 地蔵菩薩
創建年 応永年間(1394年1427年
開基 足利義持
文化財 紙本墨画溪陰小築図・絹本着色秋景冬景山水図(国宝)
方丈、東照宮、茶室(京都三名席)、本光国師日記ほか(重要文化財
庭園(特別名勝
テンプレートを表示

金地院(こんちいん)は京都府京都市左京区にある臨済宗南禅寺派の寺院。小堀遠州作の庭が国の特別名勝に指定されている。 南禅寺塔頭の1つで、江戸幕府の法律外交を担った僧・以心崇伝が住したことで知られる。 僧録司が置かれ筆頭塔頭寺院に留まらず江戸時代を通じて五山十刹以下全ての住職の任命権を持つ事実上の最高機関とされた。また10万石の格式を持ち寺大名とも呼ばれた。

家康の遺言による3社の東照宮のうちの一つがあり幕府による増改築が度々される。京都三名席の茶室がある。

歴史[編集]

大方丈内部(「次の間」から「富貴の間」上段を望む)
以心崇伝像(狩野探幽筆)

応永年間(14世紀末 - 15世紀初頭)に、室町幕府4代将軍足利義持大業徳基(南禅寺68世)を開山として洛北・鷹ケ峯に創建したと伝えるが、明らかではない。

慶長10年(1605年)、徳川家康の信任が篤く、江戸幕府の幕政に参与して「黒衣の宰相」と呼ばれた崇伝(以心崇伝、金地院崇伝)によって現在地に移された。

慶長15年(1610年)には駿府城内に駿府金地院が、元和5年(1619年)には江戸城内北ノ丸に江戸金地院が開かれ、駿府と江戸における崇伝の活動拠点となった。

崇伝は元和5年(1619年)、幕府より僧録に任ぜられ、それまで相国寺塔頭鹿苑院院主が務めていた僧録職は以後、幕末まで金地院住持が務めることとなり、五山十刹以下の禅寺を統括する最高機関となった[1]

建造物[編集]

本堂(大方丈)[編集]

重要文化財。桁行11間、梁間7間の大規模な建物であるが、平面形式は禅院方丈に典型的な六間取りである。すなわち前列中央が「室中」、その奥が本尊地蔵菩薩像を安置する「仏間」。西側は奥が「富貴の間」(衣鉢の間)、その手前が「次の間」(檀那の間)、東側は手前が「鶴の間」(礼の間)、奥が「菊の間」(書院の間)となる。「富貴の間」は奥に床高を一段高めた上段を設け、床(とこ)、棚、付書院を設け、天井を格天井とする格式の高い部屋である。各室の襖や障子腰板には狩野派による金地の障壁画がある。障壁画の主な画題は「富貴の間」が松、「次の間」が松、梅、牡丹、「室中」が唐人物、「鶴の間」と「菊の間」がそれぞれ鶴と菊などである。

障壁画製作は崇伝から狩野探幽に委嘱した記録があり、室中は探幽、次ノ間・鶴の間は狩野尚信狩野信政らによるとみられる。慶長16年(1611年)に、崇伝が伏見城の一部を江戸幕府3代将軍徳川家光から賜り、移築したものといわれるが、記録からは確認できず、実際は寛永4年(1627年)に崇伝によって建立されたものとみられる。[2]

松梅図 狩野尚信筆 江戸時代 方丈の内部諸室の襖絵は、江戸初期の襖絵の中では代表作の一と認められ、鑑賞に値するものであるが、崇伝長老の日記「本光国師日記」を読むに、狩野采女(探幽)がその製作のことに関係したことを窺い得る記事が存する。而して古畫備考の宮殿筆者の篠によると、菊乃間と仏前之間の仙人図とは探幽、鶴之間の群鶴図と上段之間の松梅図とは尚信の筆と記されているが、これらの方丈畫が綜じて探幽系統のものであることは疑はれぬところと思われる。かような方丈畫は二条城二の丸書院や知恩院方丈畫との比較に於いて、色々興味深い関係を保っているから、拝観者はその点注意して見られん事を希望する。掲出する所は上段の間の貼付繪であるが、その閑寂典雅な畫趣は、二条城二の丸第四殿の上段の間床貼付畫を思わせるものがある。因みに當方丈の廊下各所には著色の杉戸があり、蜀葵・百合・羊・松・枯木に鳩其他花木を描いているが、内部諸室の襖絵と同系統の作品と思われる。(以上土井次義記)[3]

正面に掲げられている「布金道場」の書は山岡鉄舟の筆。明治初期に巻き起こった廃仏毀釈から守るため仏教寺院ではなく道場である旨を表したものである。

八窓席[編集]

重要文化財。崇伝の依頼により小堀政一(遠州)の設計で建てた三畳台目の茶室。東側の南に床(とこ)、北に台目畳の点前座を並べる。点前座には中柱を立て、袖壁を付ける。躙口(にじりぐち)は西面の北寄りに設ける。躙口は茶室の隅に設けるのが通例だが、本席では隅から2尺ほど離れた位置に設けるのが特色である。南面は襖2枚を立てて貴人口とし、点前座背後の東面は火灯口を開けて茶道口とする。[4]

躙口(にじりぐち)前に縁を設け、躙口を入った正面に床(とこ)と点前座を左右に並べる点、赤松皮付の床柱に黒塗框という取り合わせなど、「遠州好み」の茶室の典型的な作例である。『本光国師日記』によれば、寛永5年(1628年)までには完成していた。八窓席と称するが、窓は西面の躙口上に1つ、北面の壁に3つで、床脇の墨跡窓、袖壁の下地窓を含めても窓は6つである[5]。なお、建物修理の際の調査で、この茶室は遠州が創建したものではなく、既存の前身建物を遠州が改造したものであることが判明した[6]

大徳寺孤篷庵曼殊院茶室と共に京都三名席の1つに数えられる。

東照宮 [編集]

重要文化財。作事奉行は小堀遠州。徳川家康の遺言で建てられ家康の遺髪と念持仏を祀っている。幕府の公式記録である『徳川実紀』によれば、家康は元和2年(1616年)4月2日、側近の以心崇伝、南光坊天海本多正純を召し、「(遺体は)久能山に納め奉り、御法会は江戸増上寺にて行はれ、霊牌は三州大樹寺に置れ、御周忌終て後下野の国日光山へ小堂を営造して祭奠すべし。京都には南禅寺中金地院へ小堂をいとなみ、所司代はじめ武家の輩進拝せしむべし」と遺言したという[7]。江戸期には京都所司代の番所が置かれ、創建当初は日光東照宮と比されていた。

社殿は寛永5年(1628年)に造営され、拝殿は総漆塗り、相の間・本殿は軸部(柱や梁)をで、壁や扉は白・黄・緑といった極彩色で彩られている。また拝殿の天井には狩野探幽の筆による「鳴龍」が描かれており、さらにその欄間には土佐光起画・青蓮院宮尊純法親王の書になる「三十六歌仙」額が掲げられている。

元禄6年(1693年)、幕府により1千両をかけて社殿回りの修復と御門廊下の新設が行われ[8]正徳4年(1714年)、同じく幕府により社殿回り、門柵の修理が行われた[9]。『京都御役所向大概覚書』には修理を終えた社殿の規模について「東照宮御宮、御幣殿、御拝殿、御廊下、御門、御供所、南指出、表御門、御唐門、御成御門」とある。

その他[編集]

  • 開山堂 - 後水尾天皇の勅額を掲げる崇伝の塔所で、左右両側には十六羅漢像が安置されている。
  • 明智門 - 天正10年(1582年)に明智光秀が母の菩提のため寄進した銀により大徳寺方丈に建立されたもので、それまで金地院にあった国宝の唐門が豊国神社に移築されたため、大徳寺から明治19年(1887年)に買得し、現在地に移築した。
  • 楼門

庭園[編集]

鶴亀の庭

鶴亀の庭 (特別名勝金地院庭園)[編集]

崇伝が徳川家光のために作らせ、作庭には小堀遠州が当たった(遠州作と伝えられる庭は多いが、資料が残っている唯一の例)。庭師は賢庭と伝わる。

特別名勝。安土桃山時代の風格を備えた江戸初期の代表的枯山水庭園として知られる。方丈から見て右手に鶴が左手に亀が配されており、鶴の背には常緑樹、亀の背には落葉樹が植えられている。また、鶴と亀の間にあるたたみ5畳弱の長方形の巨石は、遥拝石とされ隣接する東照宮を拝むために置かれた石で、造営当時は庭から東照宮が見えたと伝えられる。庭内は大刈り込みが施されている。

本庭は本光国師日記に詳細なる築庭文献を有するため、庭園史上確固たる地位を占めるものである。寛永四年四月より新造の大方丈に対して築庭されたものにして、寛永九年五月に至り完成していることが知られる。小堀遠州を総監督に、村瀬左介を植栽に、かの三宝院の作者たる賢庭を石組に、各々分担せしめている。比較的遠州の現場監督は僅少であったが、その施工者側が無双の名匠であった為非常なる好結果を示せるものの如くである。様式は武家書院好の蓬莱枯山水を示し、江戸初期○頭に於いて行なわれた為、その石組法などは全く桃山形式を現し、その鶴亀様式などは純然たる桃山様式と見るべき性質のものである。諸国茶庭名跡図會など に見ゆる 、祝言の庭など同様な地割を形成し、就中鶴亀の手法をなどは、全く岡山県高梁町なる頼久寺庭園のものなどと、同一手法を示している。中央に細流を見せ、左に亀島、右に鶴島、後方に遠山などを作り、枯滝石組を組んでいるあたり、全く豪華極まりなき蓬莱山水を表現している。ともあれ遠州が実地に手を下さなかったにしても、彼らしい創意が設計の中に躍動しているように思われる。因みに東部に池泉鑑賞式の小庭があるが、これは江戸中期の代表的な地割を示せるもので、鶴亀の庭よりはずっと時代の下るものである。(以上清水卓夫記)[10]

文化財[編集]

渓陰小築図(部分)
秋景冬景山水図のうち秋景
秋景冬景山水図のうち冬景

国宝[編集]

  • 紙本墨画溪陰小築図(けいいんしょうちくず) - 応永20年(1413年)作の詩画軸。詩画軸とは、絵画とこれに関連する漢詩を1つの掛軸に表し、書画一致の境地を表すものである。本図は南禅寺の僧であった子璞(しはく)の書斎に「渓隠」と名付けたのを祝い、知人が子璞の心の中の書斎を描いたとされる。太白真玄が序を書き、大岳周崇玉畹梵芳ら6人の著名な五山僧が題詩を寄せる。書斎図(書斎を題材とした詩画軸の一種)の現存最古の作品として知られる。これらは実際の書斎を描いたのではなく、現実には市中に住みつつも俗世間を離れた、いわば理想の心象風景として描き出している[11]東京国立博物館に寄託。
  • 絹本著色秋景山水図・冬景山水図 - ともに中国・北宋8代皇帝である徽宗筆と伝わる作品。実際の制作は南宋時代・12世紀とされる。足利将軍家所蔵の東山御物に含まれる唐物で、『御物御画目録』にも記されている。山梨県身延町久遠寺に伝わる夏景山水図(国宝)と今は失われた春景幅とで四幅一対の四季山水であったといわれる。秋景・冬景ともに縦128.2センチメートル、横55.2センチメートルの画面で、秋風山水図は崖上で高木にもたれて天空を舞う鳥を眺めている高士が、冬景山水図は滝口の渓谷に佇む高士が描かれる[12]。両幅とも画面下左右に中国の鑑蔵印「仲明珍玩」「廬氏家蔵」、右上に足利義満の鑑蔵印「天山」がある。秋景・冬景ともに将軍足利義稙の時期に大内氏に渡り、大内氏から妙智院を経て金地院に入った[13]京都国立博物館に寄託。

重要文化財[編集]

  • 本堂(方丈
  • 茶室(八窓席)
  • 東照宮(本殿、石の間、拝殿)1棟
  • 紙本墨画山水図(楼閣山水図) - 狩野派様式を確立した狩野元信作と伝わるもので、元信がめざした狩野派の新しい特徴が見られる。
  • 絹本墨画山水図 - 中国・時代の画家・高然暉(こうねんき)筆と伝わる。
  • 紙本墨画老松図6面・紙本墨画猿猴捉月図4面 長谷川等伯[14]
  • 本光国師日記 46冊 - 「黒衣の宰相」とも呼ばれた崇伝の日記で、武家諸法度などの起草過程や豊臣家滅亡のきっかけとなった方広寺の鐘銘事件などが克明に記されている。崇伝自身が幕府の政策決定に関わっていたことから、寺社朝廷に対する幕府の政策などを知ることができる貴重な史料。のちに新井白石が、この日記の重要性に鑑み、筆写させた。1966年(昭和41年)には続群書類従完成会より刊行されている。
  • 異国日記 2冊 - 金地院崇伝(本光国師)が、外交実務のために筆録した2冊。のちに新井白石が外交政策変革の基礎資料として「異国日記」を筆写提出させ「異国日記御記録雑記」を残す。
  • 異国渡海御朱印帳・異国近年御書草案 1冊
  • 異国日記御記録雑記
  • 慶長十九年林道春及び五山衆試文稿 六曲屏風一双
  • 濃比須般国への返書案 崇伝筆
  • 武家諸法度草稿 - 崇伝自筆の武家諸法度の草案で、武家諸法度は徳川家康が元和元年(1615年)に崇伝らに起草させたもので,文武の奨励・居城の新築禁止など大名の厳守すべき事項を定めたものである。本草稿は元和2年改訂時のもので、武家諸法度の崇伝自筆本として唯一現存するものである[15]
  • 惟康親王願文(文永十一年十一月日)[16] - 鎌倉幕府6代将軍・宗尊親王(嵯峨天皇の皇子)の没後100日の法要に際して、その子であった7代将軍・惟康親王が行った法要の願文(がんもん)で、金銀の切箔や彩色下絵のある装飾料紙に書かれている[17]

出典:2000年までの指定物件については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。

特別名勝[編集]

  • 金地院庭園(鶴亀の庭)

その他の文化財[編集]

  • 牡丹尾長鳥堆黒盆 - 中国・元代(13-14世紀)に製作されたもの。堆黒(ついこく)とは何層にも塗り重ねた黒漆の層を刃物で彫りだして文様を出す漆芸技法のひとつである。
  • 以心号 - 天正9年(1581年)に梅谷元保(ばいこくげんほ)が13歳の崇伝に書き与えた道号で、これ以降、「以心崇伝」と名乗ることとなる。
  • 以心崇伝像 - 荒廃した南禅寺を復興した崇伝の頂相(ちんそう、肖像画)で、狩野探幽により崇伝の死後に描かれたものである。
  • 九条袈裟 - 崇伝が使用したと伝わる九条袈裟で、鮮やかな模様の中国裂(きれ)が用いられている。
  • 以心崇伝遺偈 - 崇伝自筆の遺偈(ゆいげ)。遺偈とは高僧が死に臨んで弟子・後世への教訓などを記した漢詩である。
  • 三十祖像 - 禅宗の祖である達磨から歴代30人の祖師像で、雪舟の流れをくむ毛利家の御用絵師・雲谷等顔により描かれた。
  • 最嶽元良像 - 徳川将軍家の御用絵師・狩野常信が描いた金地院二世住持・最嶽元良(さいがくげんりょう)の肖像で、水戸徳川家2代藩主徳川光圀の賛がある。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『国史大辞典』10巻、p.781
  2. ^ (松島、2007)、pp.2 - 10
  3. ^ 『寺院神社大事典 京都・山城』 (平凡社 1997)
  4. ^ (西、2005)、pp.66 - 68
  5. ^ 『国史大辞典』10巻、p.781
  6. ^ 前久夫『すぐわかる 茶室の見かた 改訂版』、東京美術、2011、p.22
  7. ^ 『徳川実紀』「台徳院殿御実紀」巻四十二
  8. ^ 京都御役所向大概覚書
  9. ^ 京都御役所向大概覚書
  10. ^ 『寺院神社大事典 京都・山城』 (平凡社 1997)
  11. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』68号、p.7 - 250 - 7 - 251
  12. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』68号、p.7 - 252 - 7 - 253
  13. ^ 京都国立博物館「名品紹介」
  14. ^ 平成25年6月19日文部科学省告示第109号
  15. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』297号、第一法規、1988
  16. ^ 平成17年6月9日文部科学省告示第87号
  17. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』297号、第一法規、1988

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社、1979
  • 『寺院神社大事典 京都・山城』、平凡社、1997
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』68号、朝日新聞社、1998
  • 『国史大辞典』、吉川弘文館
  • 松島仁「金地院大方丈障壁画と狩野探幽様式の誕生」『研究年報』54、学習院大学文学部、2007(参照:学習院学術成果リポジトリ
  • 西和夫『京都で「建築」に出会う』、彰国社、2005
  • 『日本の10大庭園』重森千靑、祥伝社、2013

関連項目[編集]