二条政嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二条 政嗣(にじょう まさつぐ、嘉吉3年(1443年) - 文明12年9月2日1480年10月14日))は、室町時代公卿関白二条持通の長男。正室は従三位兼子(権中納言広橋兼郷の猶子)。子に二条尚基らがいる。従一位。如法寿院関白と号する。

経歴[編集]

康正元年12月8日(1455年)に元服、家の慣例により室町幕府第8代将軍足利義政より偏諱を賜い政嗣と名乗る。同年、正五位下に叙任。康正3年(1457年)叙従三位寛正7年(1466年)正二位右大臣、さらに応仁2年(1468年)左大臣にすすみ、文明2年(1470年)関白氏長者となる。文明6年6月19日従一位

文明12年9月2日、38歳で薨去。

系譜[編集]

参考文献[編集]