二条弼基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

二条 弼基(にじょう たねもと、1910年明治43年)6月19日 - 1985年昭和60年)8月28日[1])は、日本の工学者政治家華族貴族院公爵議員工学博士

経歴[編集]

東京府出身。男爵二条正麿の三男として生まれ、二条家第28代当主・二条厚基の養子となる[1]1930年9月1日、公爵を襲爵[2]1934年東北帝国大学理学部地質科を卒業し、さらに1937年同大学工学部電気科を卒業[3][4]

1937年、逓信省電気試験所に入所し研究員となり、1939年、逓信技師に任官[3][4]

1940年6月19日、満30歳に達し貴族院公爵議員に就任し[5]火曜会に所属し1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[3][4]

戦後は、逓信省電気通信研究所無線器具課長、郵政省電波研究所次長、同省電波監理局監視長、同局次長などを歴任[4]1962年に退官して松下電器に入社し、技術本部研究調整部長、同本部研究所長、同研究所参与を務めた[4][6]

1976年伊勢神宮大宮司に就任[4][6]。その他、藤商会会長、堂上会理事長などを務めた[4]

受賞[編集]

  • 1975年 丹羽高柳賞功績賞「テレビジョン放送の実現およびその進展に尽くした功績」[6]
  • 1979年 日本ITU協会賞(一般活動関係)[6]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』下巻、321頁。
  2. ^ 『官報』第1104号、昭和5年9月2日。
  3. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』11頁。
  4. ^ a b c d e f g 『現代人名情報事典』749頁。
  5. ^ 『官報』第4036号、昭和15年6月21日。
  6. ^ a b c d 『事典日本の科学者』598頁。
  7. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、324頁。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代人名情報事典』平凡社、1987年。
  • 板倉聖宣 監修『事典 日本の科学者 : 科学技術を築いた5000人』日外アソシエーツ、2014年。


日本の爵位
先代:
二条厚基
公爵
二条家第3代
1930年 - 1947年
次代:
華族制度廃止