二条治孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
二条治孝
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦4年2月9日1754年3月2日
死没 文政9年10月6日1826年11月5日
別名 号:法寿金剛院
官位 従一位左大臣
主君 後桜町天皇後桃園天皇光格天皇
氏族 二条家
父母 父:二条宗基、母:家女房
兄弟 五千姫、重良治孝
正室:徳川翰子徳川宗翰の次女)
側室:樋口信子(樋口基康の娘)
斉通九条輔嗣西園寺寛季斉信九条尚忠、近子、松殿隆温、胤麿、増護、道永、信観、隆子、利子、親子、保子、嬉子、軌子、福子、多喜子(播磨本徳寺昭堯)室、武子、広子、育子、柔子、近子、純姫、遂子、最子、常子など
テンプレートを表示

二条 治孝(にじょう はるたか)は、江戸時代中期から後期にかけての公卿右大臣二条宗基の子。官位従一位左大臣二条家23代当主。号は法寿金剛院。昭和天皇の高祖父。

経歴[編集]

宝暦4年(1754年)、二条宗基の子として京に誕生。10代将軍・徳川家治から偏諱を受けた。早世した兄・重良の跡を継いだ。

明和7年(1770年8月4日、叙従三位寛政8年(1796年8月4日、叙従一位右大臣1791年 - 1796年)を経て、左大臣(1796年 - 1814年)に至る。

関白である鷹司政熙が辞意を示した際、後桜町院の外戚で左大臣でもある治孝が後任の有力候補であった(後桜町院は天皇に治孝の関白就任を求めていた)。しかし、光格天皇に「非器」と評価され、江戸幕府も同様の見解を示したため、関白は一条忠良に超越されてしまい、その代償に検討された准三宮宣下も、摂家一列の反対で実現しなかった[1]

文政9年(1826年)薨去。

系譜[編集]

  • 父:二条宗基
  • 母:家女房
  • 正室:徳川翰子(嘉姫) - 徳川宗翰の次女
  • 側室:樋口信子 - 樋口基康の娘
    • 十一男:九条尚忠(1798年 - 1871年) - 兄九条輔嗣の跡を継ぐ
  • 家女房
    • 四男:西園寺寛季(1786年 - 1856年) - 西園寺賞季養子
    • 五男:胤麿 - 三条実起養子
    • 男子:増護(? - 1875年)- 随心院門跡
    • 男子:道永(? - 1821年) - 理性院
    • 男子:信観
    • 十九男:松殿隆温(1811年 - 1875年) - 兄二条斉信養子、大乗院門跡、のち還俗(奈良華族
    • 女子:隆子(彰君) - 乗蓮院、徳川治国正室
    • 女子:利子(恒姫)
    • 女子:親子(誠君) - 西本願寺大谷光摂
    • 女子:保子(脩君) - 徳川斉敦正室
    • 女子:嬉子(昌君) - 西本願寺大谷光摂次室
    • 女子:軌子(五百君) - 花園公熙養女
    • 女子:福子(徳君) - 宝林院、黒田斉清正室
    • 女子:多喜子(興姫) - 播磨本徳寺昭堯室
    • 女子:武子(理君) -乙瀬重信正室
    • 女子:広子(篤君) - 河内顕證寺摂真室
    • 女子:育子(英君)
    • 女子:柔子 - 越前誠照寺室
    • 女子:近子(嶺君)(1804年 - 1849年) - 仏光寺随念真導室、のち、仏光寺執行法務
    • 女子:純姫(純君)
    • 女子:遂子(千萬君) - 甘露寺国長養女、鍋島直与継室
    • 女子:最子(光君) - 松平頼縄継室
    • 女子:常子(喜久君) - 播磨本徳寺昭明室

系図[編集]

昭和天皇の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16.120代天皇
仁孝天皇
 
 
 
 
 
 
 
8.121代天皇
孝明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17.正親町雅子
 
 
 
 
 
 
 
4.122代天皇
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18.中山忠能
 
 
 
 
 
 
 
9.中山慶子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19.中山愛子
 
 
 
 
 
 
 
2.123代天皇
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20.柳原隆光
 
 
 
 
 
 
 
10.柳原光愛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21.正親町三条則子
 
 
 
 
 
 
 
5.柳原愛子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22.長谷川雪顕
 
 
 
 
 
 
 
11.長谷川歌野
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1.124代天皇
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24.二条治孝
 
 
 
 
 
 
 
12.九条尚忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25.樋口信子
 
 
 
 
 
 
 
6.九条道孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26.南大路長尹
 
 
 
 
 
 
 
13.菅山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3.九条節子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14.野間頼興
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7.野間幾子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 長坂良宏 (2018年2月20日). 近世の摂家と朝幕関係. 吉川弘文館. pp. 148-155 

参考文献[編集]

  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』、東京堂出版、1994年