近衛家久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
近衛家久
時代 江戸時代中期
生誕 貞享4年5月8日1687年6月17日
死没 元文2年8月17日1737年9月11日
官位 従一位関白准三宮太政大臣
主君 東山天皇中御門天皇桜町天皇
氏族 近衛家
父母 父:近衛家熙
母:憲子内親王霊元天皇の皇女)
兄弟 近衛家久鷹司房熙鷹司尚輔尚子中御門天皇女御)、安己君(徳川継友室)、政姫(徳川家宣養女)
正室:亀姫(島津綱貴の娘)
継室:満君(島津吉貴の娘)
内前、転陵院、宝蓮院
テンプレートを表示

近衛 家久(このえ いえひさ)は、江戸時代中期の公家公卿関白太政大臣准三宮。父は近衛家熙。母は霊元天皇第二皇女の憲子内親王。伯母に近衛熙子(6代将軍徳川家宣御台所)。

経歴[編集]

元禄8年(1695年)に従三位に叙され、公卿となる。享保11年(1726年)から元文元年(1736年)まで関白並びに藤氏長者を務めた。享保18年(1733年)には祖父・近衛基熙、父・近衛家熙に続き太政大臣に就任し、他の摂家より優位に立ち、朝政を牛耳った。当時の将軍は徳川吉宗であったが、先々代の徳川家宣の御台所で家久の伯母である近衛熙子(天英院)は存命であり、近衛家3代に亘るの朝廷独占に繋がった。また島津家や徳川家との外戚関係を築いたことも要因となった。しかし、中御門天皇側近や他の摂家から非難されることも多かった。また、山口和夫は通説では家久の母方の祖父である霊元院が父方の祖父である近衛基熈を非難したとされる下御霊神社奉納の呪詛の祈願文(霊元院宸筆御祈願文)の作成年代を再検討し、享保17年(1732年)を正しい作成年代と評価し、この文章で非難の対象となったのは家久であるとする説を唱えている。つまり、山口説に従えば、霊元院は自らの孫を「私曲邪佞の悪臣」と悪し様に罵っていたことになる[1]1737年元文2年8月17日)に薨去。享年51。

日記に『家久公記』がある。父同様に茶の湯や有職故実などの文芸に優れており、和歌も多く残されている。後に家久の後任の太政大臣となる一条兼香とは長い間対立関係にあった。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山口和夫「近世の朝廷・幕府体制と天皇・院・摂家」(初出:大津透 編『史学会シンポジウム叢書 王権を考える-前近代日本の天皇と権力-』(山川出版社、2006年)/所収:山口『近世日本政治史と朝廷』(吉川弘文館、2017年) ISBN 978-4-642-03480-7) 2017年、P250-255

関連項目[編集]