近衛忠房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近衛忠房

近衛 忠房(このえ ただふさ、天保9年8月6日1838年9月24日)- 明治6年(1873年7月16日)は、幕末期の公卿近衛忠熙の四男。母は島津斉興の養女(実妹)・興子とされているが、庶子との説もある。正室は島津斉彬の養女・貞姫(実父は島津久長)。子に篤麿(長男)、英麿(次男、津軽承昭養子)、泰子(長女、徳川家達夫人)。号は光山。官位は従一位左大臣

経歴[編集]

島津斉彬の養女が妻であったこと、さらに父も島津斉興の養女が妻であったことから、薩摩藩との関わりが深かった。嘉永4年(1851年)、権大納言となり、文久2年(1862年)には国事御用掛となる。しかし過激な尊王攘夷運動には反対で、文久3年(1863年)の八月十八日の政変においては父と共に薩摩藩に協力して、長州藩の勢力を京都から追放することに尽力した。慶応2年(1866年)、第二次長州征伐が起こったときには、征討を強行する幕府と、長州藩を擁護する薩摩藩の仲介を務めている。

明治維新藤波家の世襲が廃止された伊勢神宮祭主となった。明治6年(1873年)、父に先立って36歳で死去した。

栄典[編集]

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』 第14号 「叙任」、1883年7月17日。