近衛尚子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近衛 尚子
第115代天皇母
皇太后 享保13年(1728年)6月26日(追贈)
新中和門院
院号宣下 享保5年1月20日1720年2月27日

誕生 元禄15年3月9日1702年4月5日
崩御 享保5年1月20日1720年2月27日
陵所 月輪陵京都府京都市東山区
旧名 常君
氏族 藤原氏近衛家
父親 近衛家熙
母親 町尻量子町尻兼量の娘)
配偶者 中御門天皇
子女 桜町天皇
女御宣下 享保元年(1716年
准后 享保5年1月20日1720年2月27日
テンプレートを表示

近衛 尚子(このえ ひさこ、元禄15年3月9日1702年4月5日) - 享保5年1月20日1720年2月27日))は、江戸時代中御門天皇女御で、桜町天皇の生母。女院号は新中和門院(しんちゅうかもんいん)。

系譜[編集]

摂政関白太政大臣近衛家熙の娘。生母は権中納言町尻兼量の娘・町尻量子。異母兄に関白太政大臣近衛家久がいる。なお入内に際し、正室の近衛熙子が伯母にあたる縁から、江戸幕府第6代将軍徳川家宣猶子となっている。

経歴[編集]

当初、家宣と煕子の嫡男である鍋松(後の第7代将軍徳川家継)との婚約が進められていたが、熙子・家熙姉弟は鍋松より7つも年上の尚子とでは年齢的に不釣り合いと考えるようになり、これを解消する意図も含めて尚子を天皇への入内を計画した。これに天皇の祖父である霊元上皇も賛同し、正徳2年10月7日に上皇の裁可という形で尚子の入内が決定した[1]

享保元年(1716年)、中御門天皇に入内し、女御宣下を受ける。

享保5年1月1日(1720年2月8日)、第一皇子・昭仁親王(のちの桜町天皇)を出産するが、難産のため産後の肥立ちが悪く、同月20日に没。享年19。

同日准三后並びに女院号を追贈され、月輪陵京都府京都市東山区)に葬られた。追って享保13年(1728年)6月には皇太后を追贈され、同年11月には所生の昭仁親王が正式に皇太子に立てられている。

脚注[編集]

  1. ^ 山口和夫「霊元院政について」(初出:今谷明・高埜利彦 編『中近世の宗教と国家』(岩田書院、1998年)/所収:山口『近世日本政治史と朝廷』(吉川弘文館、2017年) ISBN 978-4-642-03480-7