島津綱貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津綱貴
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶安3年10月24日1650年11月17日
死没 宝永元年9月16日1704年10月14日
改名 虎寿丸(幼名)、延久(初名)、綱貴
別名 又三郎(通称)
神号 厳速活光彦命
戒名 大玄院殿昌道元新大居士
墓所 鹿児島県鹿児島市池之上町島津家墓地
官位 従四位上左近衛中将薩摩守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
薩摩鹿児島藩
氏族 島津氏
父母 島津綱久松平定頼長女眞修院殿
兄弟 綱貴酒井忠隆正室、六七、久季
鳥居忠英正室
松平信平娘米姫上杉綱憲養女鶴姫[注釈 1]
お豊の方[注釈 2]、お重の方ら
吉貴、菊次郎、久儔忠直久方[注釈 3]禰寝清純久東、鍋保丸、久福、亀姫、栄、島津久智室、町田久儔室、桂久音
テンプレートを表示

島津 綱貴(しまづ つなたか)は、江戸時代前期から中期にかけての大名島津氏20代当主。薩摩藩3代藩主。

生涯[編集]

慶安3年(1650年)10月、2代藩主・島津光久の嫡男である島津綱久の子として誕生。初名は延久(のぶひさ)。寛文7年(1667年)12月25日、父同様、4代将軍徳川家綱より、「松平」の名字と偏諱を与えられ、綱貴(「松平修理大夫綱貴」)に改名[2]延宝元年(1673年)、父・綱久が42歳で早世したため、祖父の光久から後継者に指名された。貞享4年(1687年)7月、光久が隠居したため、家督を継ぐ。

家督継承後、薩摩藩は大洪水や大火などの災禍が相次ぎ、治世は多難を極めた。そのうえ、幕命による寛永寺本堂造営の普請手伝い、金銀採掘の手伝いなどを命じられ、薩摩藩の財政は逼迫した[注釈 5]

このように藩政は緊張をはらんだ物であったが、諸大名に辛辣な評価をしたことで知られる史料『土芥寇讎記』では数少ない「今の泰平の世における善将」[3]「領民や藩士から慕われる殿様」として紹介されている。

宝永元年(1704年)9月、江戸藩邸にて死去。享年55。

その他[編集]

現在の鹿児島銘菓「かるかん」の文献上の初出は、島津綱貴が50歳になった際の祝いの席に献上されたものである。

系譜[編集]

血筋[編集]

  • 徳川家康の来孫。綱貴以降の薩摩藩主は家康の血を引いている。
    徳川家康―督姫―茶々姫(京極高広室)―養仙院(松平定頼室)―真修院(島津綱久室)―島津綱貴

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 延宝8年(1680年)離縁。
  2. ^ 亀姫の生母で、鶴姫離縁後は対外的に「継室」と称された[1]
  3. ^ 後の島津重豪(改名前)と同名の別人。
  4. ^ 父と同名を避けるため2文字目も「久」ではなく島津貴久の偏諱である「貴」に変えたものと思われる。
  5. ^ ちなみに、この時の普請の奉行は禰寝清雄、副奉行はその婿で綱貴の叔父・島津久明が勤める。

出典[編集]

  1. ^ 「薩藩旧記雑録 追録」「島津家列朝制度」など。
  2. ^ 村川浩平「島津氏への松平氏下賜」『日本近世武家政権論』146~149頁[注釈 4]
  3. ^ 中嶋繁雄 『名君・暗君 江戸のお殿様(平凡社)』 ISBN 978-4-582-85355-1 37頁。