藤原内麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
藤原内麻呂
時代 奈良時代後期 - 平安時代初期
生誕 天平勝宝8年(756年
死没 弘仁3年10月6日812年11月13日
別名 後長岡大臣
官位 従二位右大臣従一位左大臣
主君 光仁天皇桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原真楯、母:阿倍帯麻呂
兄弟 真永永継内麻呂
飛鳥部奈止麻呂娘・百済永継
坂上苅田麻呂次女・登子、依当大神娘、藤原永手
真夏冬嗣、秋継、桜麻呂、福当麻呂長岡、率、愛発大津、収、
平○○、恵須子、緒夏、紀有常
テンプレートを表示

藤原 内麻呂(ふじわら の うちまろ)は、奈良時代から平安時代初期にかけての公卿藤原北家大納言藤原真楯の三男。官位従二位右大臣

桓武平城嵯峨の三帝に仕え、いずれの天皇にも信頼され重用された[1]。伯父である永手の系統に代わって北家の嫡流となり、傍流ゆえに大臣になれなかった父・真楯より一階級上の右大臣に至り、平城朝~嵯峨朝初期にかけては台閣の首班を務めた。また、多くの子孫にも恵まれ、後の藤原北家繁栄の礎を築いた。

経歴[編集]

桓武天皇が即位した天応元年(781年従五位下叙爵し、天応2年(782年甲斐守に任ぜられる。内麻呂の最初の室で、当時桓武天皇後宮女孺を務めていた百済永継が、延暦4年(785年)に皇子良岑安世を儲けると、内麻呂は同年従五位上、延暦5年(786年正五位下と急速に昇進し、延暦6年(787年)には従四位下に叙せられる。なお、この急速な昇進の背景として、百済永継を担保として内麻呂が桓武天皇の関係を深めた可能性を指摘する意見もある[2]。この間、右衛士佐中衛少将といった武官を務める。

のち、右衛士督・内蔵頭刑部卿を歴任し、延暦13年(794年平安京への遷都の直後に、参議として公卿に列する。参議任官時、台閣では藤原南家の参議・乙叡(34歳)に次ぐ若さ(39歳)であったが、まもなく右大臣・藤原継縄大納言紀古佐美といった大官や、上席の参議であった大中臣諸魚石川真守の薨去・致仕もあり、延暦17年(798年従三位中納言に昇進する。この間、陰陽頭但馬守造東大寺長官近衛大将を歴任。延暦18年(799年)には造宮大夫に任ぜられ平安京遷都の責任者を務める。

桓武朝において内麻呂は後の蔵人所の前身ともいうべき勅使所の指導的官人であったと見られる事や[3]、延暦24年(805年)12月に藤原緒嗣菅野真道の間で議論されたいわゆる「徳政論争」において、前殿で桓武天皇の側に侍していた事から見て、桓武天皇の重要な側近であったらしい[4]。しかし桓武朝ではあくまでも、藤原雄友や藤原乙叡ら数多い側近の一人に過ぎず、初期の藤原種継や末期の藤原緒嗣程の寵臣ではなく、政治的影響力には限界があったと想定される[5]

延暦25年(806年平城天皇が即位すると、同年4月に桓武朝で競うように昇進しつつも常に官位で後塵を許していた藤原雄友と同時に大納言に昇進する。さらに右大臣・神王の薨御を受けて、同年5月には正三位右大臣に叙任され、遂に藤原雄友を越えて台閣の首座を占めた。この人事については、平城天皇との関係が微妙な伊予親王[6]外戚であった雄友ではなく、長男・真夏春宮坊の官人として皇太子時代から平城天皇に接近させていた内麻呂を首班として据えたい平城天皇の意志によるものと想定されている[7]。内麻呂が右大臣に昇進して以降、平城朝で発行された太政官符は66件あるが、不明の6件を除く60件全てで内麻呂が符宣上卿となっており[8]、平城朝においては平城天皇と内麻呂が主導する体制で政治が進められていたと見られる[9]

大同2年(807年)に発生した伊予親王事件では、藤原雄友からいち早く事情(藤原宗成が伊予親王に謀反を勧めている事)を知るものの、平城天皇を諫める等の対応を取らず状況を静観する。結局、雄友は流罪となって失脚し、結果的に内麻呂の政治的影響力はさらに伸長する事となった[10]。こうして内麻呂は平城天皇の信任を背景に権力を握っていたが、一方で皇太子の神野親王(後の嵯峨天皇)に対しても、次男・冬嗣を春宮坊の官人として送り込み、さらに娘・緒夏を入内させる等、密接な関係を築いていた。

大同4年(809年)正月に従二位に叙せられる。同年5月に嵯峨天皇が即位するが、皇太子時代から関係を深めていた天皇の信任を元に政権を主導する。同年12月に平城上皇が平城宮へ移動し、嵯峨天皇と平城上皇の関係が急速に悪化する中、内麻呂は引き続き嵯峨天皇の重臣として行動するが、長男・真夏が平城上皇の側近として活動した事は黙認したらしい。これについては、同年末から翌年夏頃にかけて嵯峨天皇が体調不良に陥っており、万一、嵯峨天皇が崩御して皇太子の高岳親王(平城天皇皇子)が即位し平城上皇の政治的影響力の飛躍的増大するという事態に備えたものとする意見がある[11]

同年9月に発生した薬子の変では、坂上田村麻呂(内麻呂の義兄弟)らの迅速な軍事行動により嵯峨天皇方が圧勝するが、嵯峨天皇の病状回復が十分でない中、嵯峨天皇側の軍事活動は内麻呂と田村麻呂の緊密な連携により実現された可能性が高く、変において内麻呂が果たした役割は極めて大きかったと考えられる[12]

弘仁3年(812年)10月6日薨御。享年57。最終官位は右大臣従二位。没後、従一位左大臣の官位を贈られた。

人物[編集]

若い頃より人望が厚く温和な性格で、人々は喜んでこれに従った。仕えた代々の天皇から信頼が篤かったが、下問を受けても諂う事はなく、一方で天皇の意に沿わない場合は敢えて諫める事はなかった。十有余年に亘って重要な政務に携わったが、過失を犯す事がなかった。人々からは非常な才覚を持つ人物と評されたという[1]

興福寺のために不空羂索観音像と四天王像を作り、子・冬嗣に納めさせた。

逸話[編集]

他戸親王が皇太子の時に悪意を持ち、名家の者を害そうとした。踏みつけたり噛みつく癖のある悪馬がいたため、親王はこの馬に内麻呂を乗せ傷つけようと試みたが、悪馬は頭を低く下げたまま動こうとせず、鞭を打たれても一回りするのみであったという[1]

官歴[編集]

※ 注釈がないものは『六国史』に基づく。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本後紀』弘仁3年10月6日条
  2. ^ 井上辰雄「帷幄の良吏-藤原冬嗣」『城西国際大学紀要』第15 巻第2号、2007年3月
  3. ^ 角田文衛「勅使省と勅使所」『古代学』10-2,3,4号
  4. ^ 上原栄子「藤原内麻呂の政治的研究 -北家抬頭の決定的契機-」
  5. ^ 正野[1985: 63]
  6. ^ 目崎徳衛「平城朝の政治的考察」『平安文化史論』
  7. ^ 正野[1985: 64]
  8. ^ 『類聚三代格』
  9. ^ 正野[1985: 66]
  10. ^ 正野[1985: 67]
  11. ^ 正野[1985: 69]
  12. ^ 正野[1985: 70]
  13. ^ 公卿補任』では左衛士督とする。
  14. ^ a b c d e f g h i 『公卿補任』
  15. ^ 『公卿補任』では3月1日。
  16. ^ 5月18日改元
  17. ^ a b 侍従の任官については、延暦25年・同26年の同日付に同じ任官の記録があり、さらに六国史には当任官についての記録が無い等、記録に混乱が見られる。
  18. ^ 近衛大将を左近衛大将に、中衛大将を右近衛大将に改めた事による。
  19. ^ 三男とも言われる(『大鏡』第2巻,左大臣冬嗣)。
  20. ^ 「坂上系図」『続群書類従』巻第185

出典[編集]