藤原種継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 種継(ふじわら の たねつぐ、天平9年(737年[1] - 延暦4年9月24日785年10月31日))は、奈良時代末期の公卿藤原式家参議藤原宇合の孫。無位・藤原清成の長男。官位正三位中納言正一位太政大臣

経歴[編集]

続日本紀』では天平神護2年(766年)に従六位上から従五位下への昇進記事が初出で、同時に叙爵された人物に和気清麻呂がいる。2年後の神護景雲2年(768年)には美作守に任ぜられている。

光仁朝に入ると、政権を主導する藤原式家の軍事力把握活動の一環として近衛員外少将次いで近衛少将に任ぜられるとともに[2]紀伊守次いで山背守を兼ねる。また、光仁天皇の即位に尽力した藤原式家の政治的な発言力上昇に伴って、宝亀5年(774年従五位上、宝亀8年(777年正五位下、宝亀11年(780年正五位上天応元年(781年従四位下と順調に昇進した。またこの間、宝亀9年(778年)には左京大夫に転じている。

天応元年(781年)4月桓武天皇の即位に伴い従四位上に昇叙されると、桓武天皇の信任が非常に厚かった種継は、以降急速に昇進を果たすこととなる。延暦元年(782年参議に任ぜられて公卿に列すと、延暦2年(783年従三位、延暦3年(784年)正月には先任の参議4名(藤原家依神王石川名足紀船守)を飛び越えて中納言に叙任され、さらに同年12月には先任の中納言・大伴家持を出し抜いて正三位となった。

長岡京遷都[編集]

延暦3年(784年)桓武天皇は平城京からの遷都を望むと、「天皇はなはだこれ(種継)を委任し、中外の事皆決を取る」[3]とまで評されるほど大きく政務を委ねられていた種継は、山背国乙訓郡長岡の地への遷都を提唱した。桓武天皇の命をうけ藤原小黒麻呂佐伯今毛人紀船守大中臣子老坂上苅田麻呂らとともに長岡の地を視察し、同年長岡京の造宮使に任命される。事実上の遷都の責任者であった。遷都先である長岡が母の実家秦氏の根拠地山背国葛野郡に近いことから、造宮使に抜擢された理由の一つには秦氏の協力を得たいという思惑があった事も考えられる。実際、秦足長大秦宅守など秦氏一族の者は造宮に功があったとして叙爵されている。

藤原種継暗殺事件[編集]

遷都後間もない延暦4年(785年)9月23日夜、種継は造宮監督中にで射られ、翌日薨去。桓武天皇が大和国に出かけた留守の間の事件だった。暗殺犯として大伴竹良らがまず捕縛され、取調べの末大伴継人佐伯高成ら十数名が捕縛されて斬首となった。事件直前の8月28日に死去した大伴家持は首謀者として官籍から除名された。事件に連座して流罪となった者も五百枝王藤原雄依紀白麻呂大伴永主など複数にのぼった。

その後、事件は桓武天皇の皇太弟であった早良親王廃嫡、配流と憤死にまで発展する。もともと種継と早良親王は不仲であった[4]とされているが、実際の早良親王の事件関与有無は定かでない。しかし家持は生前春宮大夫であり[5]、佐伯高成や他の逮捕者の中にも皇太子の家政機関である春宮坊の官人が複数いたことは事実である。その後長岡京から平安京へ短期間のうちに遷都することになったのは、後に早良親王が怨霊として恐れられるようになった事も含めて、この一連の事件が原因のひとつになったといわれている。

最終官位は中納言正三位兼式部卿享年49。種継は死後、桓武天皇により正一位左大臣が贈られ、大同4年(809年)には太政大臣官職が贈られた。

事件で処罰された人物[6]
家系 氏名 官位 処罰内容 赦免
皇族 早良親王 皇太子 廃太子
淡路国への配流途中に死去
延暦19年(800年)崇道天皇と追称
皇族 五百枝王 従四位上右兵衛督 伊予国への流罪 延暦25年(806年)従四位上
大伴氏 大伴家持 従三位中納言 既に死去していたが官位剥奪 延暦25年(806年)従三位
大伴氏 大伴継人 従五位下左少弁 死罪斬首 延暦25年(806年)贈正五位上
大伴氏 大伴真麻呂 従五位下・主税頭 死罪(斬首) 延暦25年(806年)贈従五位下
大伴氏 大伴永主 従五位下・右京亮 隠岐国への流罪 延暦25年(806年)従五位下
大伴氏 大伴竹良 右衛門大尉 死罪(斬首)
大伴氏 大伴湊麻呂 大和大掾 死罪(斬首)
大伴氏 大伴国道 佐渡国への流罪 延暦22年(803年)恩赦により入京
佐伯氏 佐伯高成 春宮少進 死罪(斬首)
紀氏 紀白麻呂 従五位上・春宮亮 隠岐国への流罪 延暦25年(806年)贈正五位上
藤原北家 藤原小依 正四位下大蔵卿 隠岐国への流罪 延暦25年(806年)従四位下
多治比氏 多治比浜人 春宮主書首 死罪(斬首)
その他 林稲麻呂 従五位下・東宮学士 伊豆国への流罪 延暦25年(806年)外従五位下
その他 伯耆桴麻呂 近衛 死罪(斬首)
その他 牡鹿木積麻呂 中衛 死罪(斬首)

官歴[編集]

注釈のないものは『六国史』に基づく。

系譜[編集]

注記のないものは『尊卑分脈』による。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』延暦4年9月24日条記載の死亡時年齢(49歳)による。『公卿補任』では天平13年生まれとする。
  2. ^ 木本[2003: 109]
  3. ^ 『続日本紀』延暦4年9月24日条
  4. ^ 不和であった事を記す続日本紀の記事は、早良親王の名誉回復時に削除され、平城天皇の時代に復活されたが、薬子の変に際して再度削除された(『日本後紀』弘仁元年9月10日条)。
  5. ^ 事件を大伴継人ら早良親王周辺による暴発とみる長谷部将司は、『続日本紀』の家持薨去の記事には、種継暗殺事件発生時に家持の埋葬が行われていなかったとあるため、家持は兼務していた鎮守将軍として陸奥国に派遣中に死去した可能性が高く、家持が実際に事件に関わっていたのかどうかの真偽も不明とする(長谷部将司「〈崇道天皇〉の成立とその展開―九世紀における〈天皇〉の位相―」根本誠二 他編『奈良平安時代の〈知〉の相関』(岩田書院、2015年) ISBN 978-4-87294-889-9)。
  6. ^ 『日本紀略』
  7. ^ 木本[2003: 113]
  8. ^ 「藤原種継校正貢進啓」『正倉院文書』天応4年12月14日条
  9. ^ 『公卿補任』では伊予守。
  10. ^ 公卿補任』では12月5日。
  11. ^ 『公卿補任』では正月7日。
  12. ^ 『公卿補任』では4月17日。
  13. ^ 『公卿補任』では7月16日。
  14. ^ 『公卿補任』では正月22日
  15. ^ 『公卿補任』
  16. ^ 『公卿補任』による。『尊卑分脈』では秦源あるいは養源の娘とする。
  17. ^ 過失のため除籍され、のち井出宿禰姓を与えられた(『続日本紀』延暦6年9月27日条)。三男か