甘南美内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
甘南美内親王
続柄 桓武天皇皇女

全名 甘南美(かんなび)
身位 内親王
出生 延暦19年(800年
死去 弘仁8年2月21日817年3月12日)(享年18)
父親 桓武天皇
母親 藤原東子
テンプレートを表示

甘南美内親王(かんなびないしんのう、延暦19年(800年) - 弘仁8年2月21日817年3月12日))は、平安時代初期の皇族甘南備内親王とも表記する。桓武天皇皇女で、母は従四位下・藤原東子藤原種継女)。藤原薬子および藤原仲成らは母の兄弟姉妹である。無品のまま18歳で没した。

参考文献[編集]

  • 角田文衛 監修 『平安時代史事典』 角川書店、1994年。
  • 芳賀登 他 監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター、1998年。