早良親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早良親王を祀った崇道天皇社(奈良市西紀寺町)

早良親王(さわらしんのう、天平勝宝2年(750年)? - 延暦4年9月28日785年11月8日))は、奈良時代末期の皇族光仁天皇皇子。生母は高野新笠桓武天皇能登内親王の同母弟。追称は崇道天皇(すどうてんのう)であるが皇位継承をしたことはないため、歴代天皇には数えられていない。

経歴[編集]

母方が下級貴族であったために立太子は望まれておらず、天平宝字5年(761年)に出家して東大寺羂索院や大安寺東院に住み、親王禅師と呼ばれていた。天応元年(781年)、兄・桓武天皇の即位と同時に光仁天皇の勧めによって還俗し、立太子された。当時、桓武天皇の第1皇子である安殿親王(後の平城天皇)が生まれていたもののまだ幼少であり、成人前に即位当時に既に45歳を迎えていた桓武天皇が崩御して幼帝が立つ事態を回避するために早良が立てられたとみられる。また、皇太子にも関わらず早良親王が妃を迎えたり子を為したとする記録が存在せず、桓武天皇の要求か早良親王の意思かは不明であるものの不婚で子孫が存在しなかった(早良の没後に安殿が皇位を継げる)ことも立太子された要因と考えられている(長谷部将司説)。

だが延暦4年(785年)、造長岡宮使・藤原種継暗殺事件に連座して廃され、乙訓寺に幽閉された。無実を訴えるため絶食し、淡路国に配流される途中に河内国高瀬橋付近(現・大阪府守口市高瀬神社付近)で憤死した[1]

種継暗殺に早良親王が関与していたかどうかは不明である。だが、東大寺の開山である良弁が死の間際に、当時僧侶として東大寺にいた親王禅師(早良親王)に後事を託したとされること(『東大寺華厳別供縁起』)、また東大寺が親王の還俗後も寺の大事に関しては必ず親王に相談してから行っていたこと(実忠『東大寺権別当実忠二十九ヶ条』)などが伝えられている。種継が中心として行っていた長岡京造営の目的の1つには、東大寺や大安寺などの南都寺院の影響力排除があったために、南都寺院とつながりが深い早良親王が遷都の阻止を目的として種継暗殺を企てたという疑いをかけられたとする見方もある。

その後、皇太子に立てられた安殿親王の発病や、桓武天皇妃藤原旅子藤原乙牟漏坂上又子の病死、桓武天皇・早良親王生母の高野新笠の病死、疫病の流行、洪水などが相次ぎ、それらは早良親王の祟りであるとして幾度か鎮魂の儀式が執り行われた。延暦19年(800年)、崇道天皇と追称され、大和国に移葬された。その場所は奈良市八嶋町の崇道天皇陵に比定されている。またこの近くには親王を祀る社である八嶋神社があり、さらに北に数キロ離れた奈良町にある崇道天皇社御霊神社などでも親王は祭神として祀られている。近辺にも親王を祀る寺社が点在しているほか、京の鬼門に位置する高野村(現:左京区上高野)には、京都で唯一早良親王のみを祭神とする崇道神社がある。

参考文献[編集]

  • 『【新制版】日本史事典』(数研出版
  • 『旺文社日本史事典』(旺文社
  • 永村眞 『中世東大寺の組織と経営』(塙書房
  • 高田淳「早良親王と長岡遷都-遷都事情の再検討」『日本古代の政治と制度』(続群書類従完成会、1985)
  • 長谷部将司「〈崇道天皇〉の成立とその展開―九世紀における〈天皇〉の位相―」根本誠二 他編『奈良平安時代の〈知〉の相関』(岩田書院、2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 北山茂夫(「藤原種継暗殺事件の前提」)は親王は抗議の絶食による死とする説を唱えたが、西本昌弘(「早良親王薨去の周辺」)や長谷部将司は朝廷(桓武天皇)が意図的に飲食物を与えないで餓死させることで直接手を下さずに処刑したとする。

関連項目[編集]