御霊神社 (奈良市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御霊神社
20160801 Goryo-jinja.jpg
拝殿
所在地 奈良県奈良市薬師堂町24
位置 北緯34度40分34.41秒
東経135度49分51.17秒
座標: 北緯34度40分34.41秒 東経135度49分51.17秒
主祭神 井上皇后
他戸親王
事代主神
社格村社神饌幣帛料供進社
創建 延暦19年(800年
別名 御霊さん(ごりょうさん)
例祭 10月13日
地図
御霊神社の位置(奈良市内)
御霊神社
御霊神社
テンプレートを表示

御霊神社(ごりょうじんじゃ)は、奈良県奈良市薬師堂町にある神社旧社格村社神饌幣帛料供進社[1]南都御霊神社木比御霊[2]とも呼ばれる。

元興寺五重塔跡の南西に鎮座し、井上皇后他戸親王八所大神を祀っている。西紀寺町の崇道天皇社とともに南都二大御霊社とされる。

歴史[編集]

新都である平安京で疫病が流行し、その原因は怨霊であるとした桓武天皇は、旧都である平城京の3つの入り口にそれぞれ、上つ道には早良親王を祀る崇道天皇社、下つ道には他戸親王を祀る他戸御霊社、そして中つ道には井上皇后を祀る当社・井上御霊社を造営することとした。

延暦19年(800年)に創建されたばかりの大和国宇智郡(現・五條市霊安寺御霊神社から井上皇后の御霊を勧請し当社を創建すると、御霊会を行っている。かつては元興寺南大門前にあり、その門前は井上町と呼ばれる。元興寺古図には南大門脇に神輿舎が描かれている。

治安2年(1022年)の吉備御霊祠奉加帳[3]には、

延暦年中ニ井上内親王に皇后ノ位、他人王[4]ニ皇太子ノ位ヲ追復シ、早良親王ニハ崇道天皇ト追称シ、州租税ヲ分テ元興寺ニ納メ、諸寺ニ送テ皇后井上内親王、皇太子他人王ノ霊ヲ弔ヒ給ヒシトカモ、世間ヲモ騒ナラス疫病モ未タ息サレハ、百姓等畏レ憂ヒテ毎年ニ国々処々ニ御霊会ヲ行フ、夏ハ崇直天皇ヲ祭リ、秋ハ井上内親王ヲ祭リ奉ル

と記されている。

宝徳3年(1451年)10月20日の土一揆による元興寺焼き討ちの火災のため当社も消失し、後に現在の地に遷宮された。以後は元興寺の鎮守社としての役割も強くなり、『大乗院寺社雑事記』では元興寺御霊社と記され、文明15年(1483年)9月13日の条には、『今日元興寺御霊祭也、頭人高畠郷ニ在之云々、此社ハ御霊八所之内、藤原之左上臣時平公云々』とみえる。祭神もこの頃には『南都名所集』にると吉備真備以下の八所御霊を祀ると記されている。『八重桜』にも元興寺鎮守として吉備大臣を祀ったとある。

祭祀[編集]

鳥居

疫病流行の際には、中街道に井上皇后、上街道に早良親王、下街道に他戸親王の神輿を据え、疫魔の侵入を防ぐという信仰があった。現在も70ヶ町5000余軒の広範な氏子層を持つ。健康長寿、家運繁盛、平和の神として広く信仰を集め、例祭では神輿が2年かけて70ヶ町全てを巡る行事が今にまで伝わる。

奈良坊目拙解』によると、氏子圏は北は餅飯殿町の南の辻、南は京終村、東は鵲町鶴福院町、西は大森村杉ヶ町を限りとして64町に及び、例祭の神輿渡御の行列も華美であった。

古くは例祭は9月13日で、神主興福寺の工匠座である寺座大工が勤めた[5]

祭神[編集]

本殿[編集]

本殿

西神殿[編集]

東神殿[編集]

境内[編集]

  • 本殿
  • 西神殿
  • 東神殿
  • 拝殿
祓戸社
出世稲荷社

境外兼務社[編集]

宝物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 奈良県史 5 神社, p. 22.
  2. ^ 奈良坊目拙解』より
  3. ^ 奈良坊目拙解』所収
  4. ^ 他戸王
  5. ^ 大乗院寺社雑事記

参考文献[編集]

  • 『奈良県史 5 神社』池田源太宮坂敏和、奈良県史編集委員会、名著出版、1989年、265頁。ISBN 462601335X
  • 『奈良市史 社寺編』奈良市史編集審議会、吉川弘文館、1985年、83頁。
  • 『日本歴史地名大系. 第30巻 (奈良県の地名)』平凡社、1981年、518頁。
  • 『ドラマチック 奈良』小倉つき子、京阪奈情報教育出版、2010年、136頁。ISBN 978-4-87806-601-6