大乗院寺社雑事記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大乗院寺社雑事記(だいじょういんじしゃぞうじき)は、興福寺大乗院室町時代門跡を務めた、尋尊政覚経尋が三代に渡って記した日記。約190冊。原本は1450年(宝徳2年)から1527年(大永7年)までが現存しており、国立公文書館が所蔵し、重要文化財に指定されている。尋尊の書いた部分は特に「尋尊大僧正記」「尋尊大僧正記補遺」などとも呼ばれ、応仁の乱前後の根本史料とされている[1]。またほとんどの項に紙背文書があり、あわせて貴重な資料となっている。

刊行書籍[編集]

  • 竹内理三編『続史料大成』37巻 大乗院寺社雑事記所収 (臨川書店、1978年)
  • 『大乗院寺社雑事記研究論集』全三巻、大乗院寺社雑事記研究会編(和泉書院、2001.2-)

脚注[編集]

  1. ^ 竹内理三高柳光壽偏『日本史辞典』第二版(角川書店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]