藤原旅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原旅子(ふじわら の たびこ、天平宝字3年(759年) - 延暦7年5月4日788年6月12日))は、平安時代貴族桓武天皇夫人淳和天皇の母。藤原百川の長女で、母は従三位尚膳藤原諸姉藤原良継の娘)。

生涯[編集]

桓武天皇擁立の功労者である藤原百川の長女として生まれる。母の父藤原良継もまた桓武天皇擁立の功労者である。延暦4年(785年)、桓武天皇の後宮に入り、同年11月24日従三位となる。延暦5年(786年)1月17日夫人に叙され、同年大伴親王(のちの淳和天皇)を産むが、2年後の延暦7年(788年)5月4日、30歳で薨去。同月13日、正一位および妃を追贈。さらに弘仁14年(823年)に大伴親王が淳和天皇として即位し、同年5月皇太后を追贈された。

参考文献[編集]

  • 『日本女性人名辞典』日本図書センター、1998年