坂上苅田麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂上苅田麻呂(菊池容斎『前賢故実』)

坂上 苅田麻呂(さかのうえ の かりたまろ、神亀4年(727年)- 延暦5年1月7日786年2月14日))は、奈良時代公卿・武人。忌寸のち大忌寸、大宿禰。大和守坂上犬養の子。官位従三位左京大夫勲等は勲二等。

経歴[編集]

坂上氏は、代々弓馬の道を世職とし馳射(走る馬からの弓を射ること)を得意とする武門の一族として、数朝にわたり宮廷に宿営してこれを守護した。

天平宝字元年(757年)の橘奈良麻呂の乱において、反乱実行時に敵方に加勢するのを防ぐことを目的に、首謀者の一人である賀茂角足が事前に武勇に優れた人を集めて酒宴を開いた際、苅田麻呂も招待者の一人として名が挙げられている[1]天平宝字年中に授刀衛少尉に任官。

天平宝字8年(764年藤原仲麻呂の乱が発生する。太師(太政大臣)・藤原仲麻呂(恵美押勝)が謀反との連絡を受けた孝謙上皇は、仲麻呂に擁立されていた淳仁天皇の中宮院(御所)に少納言山村王を遣わし、皇権の発動に必要な玉璽駅鈴を回収させた。しかし、仲麻呂の命を受けた訓儒麻呂に玉璽と駅鈴を奪い返されたことから、勅命を受けた坂上苅田麻呂は授刀将曹・牡鹿嶋足とともに訓儒麻呂を襲い射殺した[2]。この功により苅田麻呂は即日正六位上から従四位下と5階級昇叙の上、大忌寸の姓を賜与され、同年中に中衛少将甲斐守に任ぜられた。さらに、翌天平神護元年(765年)正月には勳二等の叙勲を受けた。神護景雲2年(768年)従四位上に叙せられる。

宝亀元年(770年称徳天皇崩御光仁天皇即位すると、道鏡の姦計を告げて、その排斥の功績により、正四位下陸奥鎮守将軍に叙任される。光仁朝では中衛中将を務める傍ら、安芸守丹波守と地方官も兼ねた。なお、宝亀3年(772年)には大和国高市郡郡司職に関して、代々郡司職にあった檜前氏(檜前忌寸)[3]ではなく、ここ数代は別の氏(蔵垣忌寸・蚊帳忌寸・文山口忌寸)[3]が郡司職に任ぜられていることを奏上し、今後は檜前氏を郡司職に任じる旨の勅を得ている[4]

天応元年(781年桓武天皇の即位後まもなく、正四位上・右衛士督に叙任。延暦元年(782年)正月氷上川継の乱連座して解官されるが、同年5月には再び右衛士督に復職している。のち、伊予守備前守下総守越前守と地方官も兼ねる。延暦4年(785年)2月に従三位に叙せられ公卿に列す。同年6月に一族は後漢霊帝の子孫であるにもかかわらず卑姓を帯びていることを理由に改姓を上表し許され、一族の11姓16名が忌寸姓から宿禰姓へ改姓する(嫡流の坂上氏は大宿禰)。同年7月左京大夫に任じられた。

延暦5年(786年)1月7日薨去享年59。最終官位は左京大夫従三位兼右衛士督下総守。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』天平宝字元年7月4日条
  2. ^ 『続日本紀』天平宝字8年9月11日条
  3. ^ a b いずれも、坂上氏と同じく阿智使主を祖とする渡来氏族(東漢氏)の一族。
  4. ^ 『続日本紀』宝亀3年4月20日条
  5. ^ 『続日本紀』延暦5年正月7日条
  6. ^ a b c d e f g h 「坂上系図」『続群書類従』巻第185所収