秦朝元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秦 朝元(はた の あさもと、生没年不詳)は、奈良時代官人は忌寸。遣唐留学僧・弁正の子。兄に秦朝慶がいる。官位従五位上主計頭

経歴[編集]

の地にて生まれ、養老2年(718年)の第9次遣唐使の帰国とともに訪日したと考えられている。翌養老3年(719年)に忌寸姓を賜与される。養老5年(721年)官人の中から学業に優れ模範とすべき者に対して褒賞が行われた際、医術に優れるとして吉宜らとともに朝元の名が挙げられている(この時の位階従六位下[1]

天平2年(730年訳語の弟子二人に唐語を教えるよう命じられ[2]、翌天平3年(731年従五位下に昇叙している。天平4年(732年多治比広成を大使とする第10次遣唐使節に入唐判官として加えられている。唐では父・弁正の縁故により、玄宗によって厚く賞賜を与えられる[3]

天平6年(734年)帰国し、翌天平7年(735年)入京して外従五位上に叙されている。天平9年(737年図書頭。天平18年(746年元正天皇の御所に左大臣橘諸兄らとともに参上し、雪景色を和歌に詠むように、との詔があった。他の出席者は和歌で応えたが、秦朝元だけは詠まなかったため、橘諸兄に「麝香をもって贖え」と言われ、黙り込んだと伝えられる[4]。同年3月に主計頭に任ぜられている。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』養老5年正月27日条
  2. ^ 『続日本紀』天平2年3月27日条
  3. ^ 入唐の際、弁正や秦朝慶が存命であったについては不明。
  4. ^ 『万葉集』巻17
  5. ^ a b 鈴木真年『百家系図』巻50,朝原忌寸,時原宿禰
  6. ^ 『公卿補任』
  7. ^ 『尊卑分脈』

参考文献[編集]